鼻ニキビの憂鬱、赤鼻の恐怖。

公開日: : 最終更新日:2018/10/12 健康と美容

stand_m

数ヶ月前から、鼻にニキビのようなものが多数常駐するようになりました。

厳密にはニキビなのかはわかりません。吹き出物なのかそれ以外の特殊な症状なのかは不明ですが、とにかく鼻にできものがたくさんできている。

今数えてみたところ、その数なんと8個。その全てが、鼻にある。

これ、ちょっと尋常ではない数ではないでしょうか。

鼻ニキビの憂鬱

正確な時期は忘れてしまいましたが、数ヶ月前からなんだか最近鼻がね、とは思っていました。常に何かあるような気がするね、と。

ニキビといえば青春、青春といえばニキビ。よって、とっくに40を過ぎた中年の顔面にできたそれをニキビと呼んでいいのかどうか定かではありませんが、とにかく私は戸惑っている。

なぜなら私の青春にニキビはなかったから。

ニキビの悩みは甘酸っぱいティーンエイジャーの象徴。ほとばしる若さと共に溢れ出るフレッシュな皮脂が要因となって顔にポツポツとできるのはそう珍しいことではありませんが、幼少の砌から万年乾燥肌で生きてきた私はニキビとは全く無縁の少女時代を送りました。

トラブル肌のシンプルケア、例の不正入手問題で考えた。

まあニキビなんてものはできないならできないほうがいいのだし、なんなら私は青春ニキビより厄介なアトピーに長年悩んできたのでドローどころか完全敗北なのですが、なぜ今。50の声も聞こえる立派な中年となった今。なぜニキビ顔に。

経験に乏しい私は正しい対処法もちょうどよいニキビとの距離の取り方も知らず、ただただ放置。鼻がね、と思いながらも放置。

放置していれば、数日間でニキビは姿を消すのです。しかしこっちが引っ込めばあっちが出る、あっちが治ればまた別の場所から別の何かがこんにちわするワニワニパニック状態が続くことかれこれ数ヶ月。さすがにこれはどこかおかしいのではないか、と手始めに数を数えてみたのでした。

まさか8個って、ねえ。

赤鼻の恐怖

spainfood26
この厄介な鼻ニキビ。しかし日常生活に支障は出ておりません。驚きのビッグサイズというわけでもないし、粉をパタパタと強めにはたいておけば隠れる程度の代物だし。

ポツポツ自体の存在感はさほど大きくはなく、どちらかといえば気になるのは色。化粧すれば気にならない程度だけれど、ノーメイク状態になると常に鼻が赤いのがなんだか滑稽だなあと思うのです。

しかしこの手のネタをみんな大好きインターネットで検索しちゃうと、いろんな方向からありとあらゆる情報が際限なく出てきてしまうので、わけがわかりません。

よって薄目を開けてざっとそれらしい情報を集めてみたところ、40代、50代で女性ホルモンが低下することからニキビが発生するのはそう珍しい事ではない、らしい。が、その場合、ニキビ出現箇所は主にフェイスラインやあご周りであるそうな。あれ、なんか私のケースとちょっと違うね。

鼻が赤くなる症状は「酒さ」というものもあるのだけど、どうだろう。

「酒さ」の意外な治療法=口腔ケアで症状を緩和(時事メディカル)

顔面に赤みが出る「酒(しゅ)さ」。中高年に多く見られ、症状が進行すると、両頬が赤くなったり、鼻が赤くでこぼこになる鼻瘤(びりゅう)が表れたりする。

特に重篤な症状ではなく、見た目が気になる程度のものらしいけれど、うーん。症状の写真などを見てみると、ここまで赤いわけじゃないしなあ。が、気になるのは引用記事タイトルにもある口腔ケアとの関係。

「口腔(こうくう)内の細菌が多くなると、体の免疫系が過剰に反応し、その結果、白血球が過剰に活性化して炎症を引き起こすと考えられます。口腔ケアを徹底すると皮膚や粘膜などの全身症状が沈静化することを、過去20年ほどの臨床経験で実感してきました」

なんと、歯周病は肌にも影響すると。まあ人体のどこかが悪けりゃどこかも影響するなんて特段不思議なことではないかもしれないけれど、肌とはなあ。

そしてもう1つ気になったのは赤鼻と白ワインとの関係について触れているこちらの記事。

ワインが「酒さ=赤鼻」を引き起こす?赤より白のほうが肌に悪い?(Business Journal)

具体的には、まったく飲酒しない人に比べて、白ワインを月1~3杯程度飲む人は酒さリスクが「14%上昇」し、週5杯以上嗜む人の場合は実に「49%上昇」との高リスクが認められた。

私、毎晩飲んでる。白ワイン。よって、週5杯じゃききません。赤も好きだけど、どちらかといえば白が好き。好きなのに。

この症状の正確な名称も原因もわかりませんが、ニキビ8個&赤鼻はできることなら改善したい。どうしたものか。しばらく夜ワインを自粛するか。いや、飲酒習慣自体を立て直すべきなのか。

私の鼻が赤かろうが青かろうが、生活はそう大きくは変わらないけれど、これ以上ひどくなる前に、一応鼻ニキビ及び赤鼻改善に乗り出したいと思います。

 




関連記事

カリッとした毎日。白湯。

休肝日、胃をカラにして考えた。

先日の休肝日は、久しぶりに食事も抜きました。 休肝日設定開始当初はずっと休肝及び休胃日

記事を読む

リライズ

暫定首位を獲得した白髪対策と次の一手。

夏の終わり頃に使い始めたヘアマニキュア、「カラーアゲインプラス」を1本使い終わりました。

記事を読む

カオカオヘラヘラ 踊る女。

スポーツとか筋トレ的なことがとにかく苦手なので、体を動かすのならば踊りがいいのではないか。そ

記事を読む

シンプルケアにアルガンオイルをプラスした。

スキンケアはこれ!という方法になかなか巡り会えず、落ち着くことができなかった私。あちこちに手

記事を読む

一人暮らしの家飲みメニュー 時代は家吞みダイエット。

なんだか最近外食減ったなあ。 去年の今頃はほぼ毎日外食の日々でした。何故なら、キッチン

記事を読む

本気の冷え性改善記録 8日目 20度あれば。

極度の寒がりで毎冬末端冷え性に怯えていた私。 今年こそは内側から冷え性を改善したい!と

記事を読む

サンホワイト ワセリン

手湿疹治療・最強クラスのステロイド薬を1週間使用した結果。

痛恨のstrongestステロイド処方から早1週間が経過。サプリ飲み始め、初日の効果に驚く

記事を読む

白髪用カラートリートメントジプシー卒業、もうロングにはできない。

約5年に渡ってねちねちと書き続けてきた白髪ケア記録。今回でひとまず 「カラートリートメ

記事を読む

乾いた人生、シンプル・やめるが正解ではない。

By: Stein Magne Bjørklund[/caption] 思い返せばいつも乾燥

記事を読む

夕食抜きの理由と効果。1日3度食べなきゃダメ?

うーん、東京はいい天気でしたね。 今日は昼間に少々重い食事をしてしまったもので、夜は抜

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ぶりと青菜の酒蒸し献立
たくさんあるよろこびと、持つことへの恐れ

実はこの日、売り場にはぶりカマもあったのです。 しかも

プロになれなかった私のプロフェッショナル。

学生時代のアルバイトを含めれば、すでに30年以上も働いている

オムレツ
ボロボロ加減に感じる郷愁。

ずいぶん大人になってから、わかるようになったことがあります。

チェンマイ 2015
金塊を背負って生まれてきた人間。

先日友人に 「あなたは金塊を背負って生まれてきた人間だ

おろし納豆スパゲティ
シンプルを極めるか、落とし所を探る旅。

今週はTHE・休肝日という趣のメニューが続きます。 ハ

→もっと見る

PAGE TOP ↑