里芋の味噌グラタン、小松菜のおひたし献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

里芋の味噌グラタン

グラタンで日本酒を飲む。

そう考えた時にいいつなぎとなるのが味噌ですね。そして味噌とチーズをつなぐのはねぎですね。

関連 油揚げの蕗味噌チーズ焼き、豆腐と小松菜のすまし汁。

肉っ気はナシで、里芋メインでいってみました。




里芋の味噌グラタン、小松菜のおひたし献立

里芋の味噌グラタン、小松菜のおひたし献立。

  • ぬか漬け
  • 鶏豆腐
  • 小松菜のおひたし
  • 里芋の味噌グラタン

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじんと蕪。

鶏豆腐

鶏豆腐

こちらは先日の残りもの。今日は春菊アウトの白ねぎイン、汁たっぷりにていただきました。

小松菜のおひたし

小松菜のおひたし

茹でた小松菜に鰹節とポン酢をかけるだけの簡易版おひたし。

里芋の味噌グラタン

里芋の味噌グラタン

味噌と小口に切った白ネギ、砕いたくるみを混ぜて豆乳でのばし、皮ごと焼いてから皮をむき、輪切りにした里芋を和えてうつわに入れます。あとはチーズを乗せて焦げ目が着くまで焼いたら完成。

里芋は切っただけ状態で味噌と合わせちゃったけど、ちょっと崩してもよかったか。くるみは何か歯応えを感じるものが欲しくて入れただけなので、肉っ気が入るならなくてもいいかも。肉ならなんでしょうね、豚ひき肉とかがいいのかな、肉味噌っぽく。

と、改良点はありそうな気はするものの、味噌とチーズと日本酒は間違いない。間違うはずがない。

家飲みおつまみ

グラタン系には赤ワインを持ってきたくなるがしかし、味噌が入ればやっぱり日本酒に引っ張られ、副菜も和に寄る。そして同じ芋類でも里芋ってのがしっくりくるね。じゃがいもでもいいのか、でもさつまいもはちょっと違う。

などと考えるフリをして、本当に食に関しては保守的な私。チャレンジ精神に欠けるなあと心底感じつつも1年中似たようなつまみで飲んでいる。献立の構成もほぼ固定。

これ、5年くらい書き続けてたら偶然全く同じ献立の日が出てくるんじゃないだろうか。1品2品の日ならともかく、5品あって偶然全く同じってそうそう起こらない気がするけれど、どうだろう。ピタリ賞で何かもらえるんじゃないだろうか。

 






関連記事

たべくら農園

信州四賀 たべくら農園の無農薬夏野菜で贅沢晩酌。

うふふふ、届きましたよ。 旬の食材を生産者に直接注文できるオンラインマルシェ「ポケット

記事を読む

鶏肝煮献立

鶏肝煮、おつまみ奴献立。

気持ち悪い。 自分で画像を加工しながら、ちょっとグロいなと思ってしまいました。

記事を読む

さんま水煮缶のサラダ

秋刀魚と玉ねぎのサラダ、切昆布の煮物でひとり晩酌。

さてと、今日は魚にしようかなあ。 そう考えて駅前のスーパーへ。 が、残念ながらお

記事を読む

水菜とエリンギの塩ポン酢和え

晩酌献立 9/15 塩豚と大根のしょうが蒸し、水菜とエリンギの塩ポン酢和え。

驚きの品薄。 そして、野菜がちょっと怯むくらいに高い。 台風の影響もあるのでしょ

記事を読む

蒸し鶏献立

蒸し鶏とあわび茸のしょうが味噌、ピーマンの丸煮献立。

蒸し鶏最終日です。 鍋に山盛り作って毎日食べ続けるのが苦手、と散々言っている割にはこう

記事を読む

ワインに合う秋刀魚レシピ

ワインのおつまみ 秋刀魚のワイン蒸し、アボカドとチーズの塩昆布和え。

バケットがちょっと余っていたので、ワイン連打。 昨日は野菜ばっかりだったから今日は肉で

記事を読む

愛知の酒 奥

愛知の酒 夢山水十割 奥 旬 季節限定 純米吟醸原酒で晩酌 まぐろ納豆。

来た、来ましたよ。 ぽっかりと穴が空いたままで後ろ髪を引かれていた日本酒全国ツアー、愛知県

記事を読む

野菜の黒酢炒め

野菜の黒酢炒め、オクラ納豆で晩酌。

この手の野菜炒めを作るのは珍しいかも。 野菜炒めは野菜がちょこちょこあまりがちな一人暮

記事を読む

糠漬け

野菜のおつまみ 新じゃがの煮ころがし、糠漬け。

何年ぶりでしょうか。 ついに大好物である糠漬け体制を構築しました。 夏の晩酌には

記事を読む

レタスしゃぶしゃぶ献立

レタスしゃぶしゃぶ、トマトと卵のスープ献立。

レタスの鍋が好きです。 土鍋にたっぷりの酒と水、出汁昆布を入れたものをグツグツしながら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

tokyotower36
続けた先に、何かいいことあるかもしれない。

そんなにずっと続けてるんだったら、もっと何か別のことを考えれば

アッシパルマンティエ
アッシパルマンティエ、くるみ入りキャロットラペで赤ワイン。

冬のごちそう、グラタンでワインを飲みたいシリーズです。

今日捨てたもの
制服状態のリブタートルネックはどこへ消えたのか。

冬服をどうこうしていて、そういやここのところめっきりタートルネ

大根とぶりあら炊き
大根とぶりのあら炊き、おつまみ奴献立。

魚のあらに目がありません。 あ、目って魚の目じゃなくて、

sachico
積み重ねてきた実績を、全て捨て去る。

おそるおそる触ってから10日ほどが経過しました。 関連

→もっと見る

PAGE TOP ↑