抜歯で休肝日ご飯 トマト卵とじうどん。

公開日: : 最終更新日:2018/12/09 家飯, 親知らず抜歯, 食べること

トマト卵とじうどん

書く順番がやや前後しておりますが、休肝日献立シリーズです。

関連 食べない生活 お腹ぶよぶよ大作戦。

食べない生活、といいつつパスタに餃子とまさかの小麦連打。

最終的にうどんまでたどり着きましたよ、という心温まるお話です。

トマト卵とじうどんで晩ご飯

トマト卵とじうどん

  • ぬか漬け
  • トマト卵とじうどん

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはキャベツ、にんじん、オクラの3種。ぬか床さえあれば野菜は手軽にバッチリとれるので本当に頼もしいですね。

トマト卵とじうどん

トマト卵とじうどん

鶏ガラスープでくし形に切ったトマトを煮て、さっと洗ってぬめりを取った茹でうどんを加え温めます。うどんを丼に移したらスープに水溶き片栗粉でとろみをつけ、溶き卵を加えて卵とじに。スープを丼に注いでネギをあしらい、風味付けに葱油をちょびっと入れました。

目先の変わったものを作っているように見せかけて、何のことはない、いつもの卵スープのうどん入りバージョンです。

関連 ゴーヤと油揚げの炒め物、トマトと卵のスープ。

抜歯後の食事といえば、ヨーグルト、バナナに続いてうどんは外せませんね。

いや、外してもよかったんだけど、その昔うどんをすすって泣いていた友人に捧げるオマージュというかなんというか、まあこういうのは縁起物ですから(適当)。抜歯後にはしっかりとコシのあるものではなく、やわやわへなへなの麺が適しているでしょう。

うどん、美味いようどん。

美味いんだけど、このメニューじゃ夜ご飯という感じはしませんね。ランチですね。ここにあと数品小鉢的なものがあって、〆として麺半分なら立派な晩ご飯になりますけどね。盛り上がりに欠けるわ。

しかしながら、悔しいけれど、酒を飲まないメリットの大きさに気付いてしまったこの1週間。悔しいけれどお前に夢中、とまではいかずとも、こんなの初めてと目をキラキラさせずにはおられないのもまた事実。

なんでしょうねえ。私今まで、酒に振り回され過ぎていたのかねえ。しみじみ。

 




関連記事

豚かたまり肉をしっとり茹でる方法。

誰にも会わないシェアハウスの夜。 お盆だなあ、としみじみ。 私といえば、何ら特別

記事を読む

家飲み献立 鶏豆腐でぬる燗を。

雨の土曜日。 部屋でじっとしていると昼間でも寒いので、2駅隣まで歩いて駅前のコーヒーシ

記事を読む

鰤の柚子胡椒焼き

ぬか床を1ヶ月間放置した結果。

ぬか床を長期間放置していました。期間は約1ヶ月。 もともと冷蔵庫で漬けるタイプのぬか床

記事を読む

手羽先のローズマリー焼き

ワンプレートに白ワイン 手羽先と野菜のローズマリー焼きで昼酒。

先日ワインを飲んだ時に、つまみを一皿に盛ればよかったな、と思ったものですから。 関連

記事を読む

家飲み献立 9/17 三つ葉と豆腐のサラダ、わかめ炒め他全5品。 

今日は午後4時くらいから猛烈にお腹が減ってそわそわしました。 あまりの空腹に何かおやつ

記事を読む

砂肝ポン酢漬け

セロリと卵の炒めもの、砂肝のポン酢漬け献立。

なんらかの野菜ひとつと卵を炒める。お手軽かついいつまみになるのでこの手口はさんざん使い倒して

記事を読む

親子煮献立

親子煮、ゴーヤとツナのサラダ献立。

卵と鶏もも肉だけではさほど心は動かないが、そこに三つ葉が登場すれば話は変わってくる。

記事を読む

塩手羽とキャベツのスープ煮

塩手羽とキャベツのスープ煮、なすの黒酢炒め献立。

塩漬け肉の結果が、こちらです。 手羽先のナンプラー漬け焼き、えのき梅おろし献立。

記事を読む

手羽元のレモン煮献立

手羽元のレモン煮、水菜とにんじんのサラダで白ワイン。

近頃、ワインを飲む日のメインはめっきりサラダです。 生ハムとマッシュルームのバケットグ

記事を読む

鶏出汁春雨

一人暮らしの夜ご飯 2/22 鶏出汁春雨、キャベツと海苔のサラダ。

なんと! 昨夜はものすごーく久しぶりに酒を抜きました。 前回酒を1滴も呑まなかったの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑