複数のコミュニティに参加することの重要性。

公開日: : 生き方と考え方

spainfood41

コミュニティ。

そう表現するのはいささか大げさな気もしますが、全然違う生き方や考え方をする人とたち交流していると、いろいろ好都合だなあと改めて感じる今日この頃。

ラク、とか、楽しい、という意味では似た者同士、気の合うもの同士で身を寄せ合っているのがいちばん面倒がないし、いざこざも起きにくい。

でも、それに慣れてしまうと自分、もしくは属するコミュニティの平均的な生き方や考え方こそが世の中のスタンダードであると思い込んでしまう危険性もありまして。

複数のコミュニティに参加することの重要性

ごくわずかなコミュニティの中でのみ活動、存在することの危うさは、子供社会で顕著に見られる。

学校でいじめられたら、家庭で蔑ろにされたら、もう世の中全部がこうなんだと思っちゃうよね。というか、自分の足で世界へ出て行けない子供にとっては今見えている場所が全て。だからこそ、悲しい判断をしてしまうこともある。

未熟さゆえに視野を広く持てない子供と、いっぱしの社会経験を積んでもなお偏った考え方をしてしまう大人とを同列には語れないけれど、歳を取りさえずれば賢くなれるわけでもないのがもどかしいところ。

老後貧困の不安と「持てない」暮らし。

だからこそ、いくつになってもいろんな視点が持てること、世界は案外広いことを意識して生活したほうがいい。いい歳した大人でも、それなりに社会経験を積んでいても、なぜか視野が狭まってうっかり判断ミスしてしまう危険性は誰にだってあるからね。

そういうのもあるのか、と唸る

nakano21

コミュニティ、というほどのものは持っていないし、そもそも友人知人や日頃関わっている人の数も多くはないけれど、それでも似たようなジャンルの人ばかりとは付き合っていないなあと感じます。

フリーで独身一人暮らし、という似た属性の人もいるし、子供のいない専業主婦もいれば働くお母さん、お父さんもいて、シングルマザーもいる。新卒で入った会社でずっと頑張っている人もいれば、自分の意思で転職を繰り返した人、望まない転職を余儀なくされた人、生き方も家族構成も、そしてもちろん考え方も見事にバラけている。

40代、50代の望まない転職・再就職事情。

仕事に対する考え方は似てる、とか、もっとカジュアルな感覚で食の好みやファッションの傾向が似てる、などは多々あれど、何もかもが一緒で本当に気が合うの!みたいなことはまずない。ていうか、そんな人いるわけがない。私には到底理解できない意見が出てくることのほうが多いし、いやいやいや、そりゃ絶対ないわ、となることだって少なくない。

ヒントが思わぬ場所から投げ込まれてくる話。

でも、そういうことがあるからこそ、自分の考えは決して世の中のど真ん中でないし、自分と他人はまるで違う生き物なんだということが実感できてありがたい。

モノを溜め込む人とは友達になれない。

残念ながら一緒にいて苦痛を感じるほど嫌いな人(滅多にお目にかかれないけど)とまでニコニコお付き合いできるほどうつわの大きい人間にはなれなくても、全く違う考え方や生き方に対して、へえ、そういうのもあるのか、と単純に唸れる程度の柔軟さは持っていたほうが面白いなあとつくづく思うのです。

で、なんだっけ。

とにかく、普段接することのない人と話すのって、割と愉快なことかもね。と、落とし所を見失った最後は宣伝にてまとめてみましたよ。

人生100年時代、今から10年後の働き方を考えよう。

 




関連記事

大人のジュエリーは年齢を強調するアイテム論。

By: Roderick Eime[/caption] おしゃれな人の旅支度、という見出しが

記事を読む

履かない靴

履けない履かない靴のその後。

ずっと履いていなかったパンプス。 他に処分する服と一緒にファストファッションOKの買取サイ

記事を読む

過剰なおひとりさまアピールの寂しさ。

一人暮らしかつフリーランスなもので、一人行動にまつわる話をよく書いています。 一人で過ごす

記事を読む

おばさんホイホイは真実だった。

以前友人が突然アイドルグループにハマった話を書きましたが。 モノを持たない人間の好奇心

記事を読む

お金を貯めるのが趣味、数字が増えるのがただ面白い。

仕事の都合で久しぶりに女性誌を読みまくっているのですが、情報誌は当然のこととして、ファッション誌

記事を読む

鞄の中身は絶対に見せられない。

訳あって、友人宅の留守を預かることになりました。 「部屋にあるものなんでもテキトーに使

記事を読む

禿げる。

去年ふざけた話を書いた祟りでしょうか。 関連 外野が何を言っても響きはしない。

記事を読む

セブ島 物価 2015 マクドナルド

神戸の肉と、あの人と。

私が神戸出身だというと彼は 「神戸ってKOBE BEEFのKOBE?あの、コービー選手

記事を読む

犬のこと。

犬派か、猫派か? などという話題がたまに出ますが、私は犬も猫も好きです。でも、どちらか選ぶ

記事を読む

30代、40代 大人のシェアハウス生活は本当に「地獄」なのか。

中年世代のシェアハウス利用について。おそらくかなりの編集、という名の脚色がなされているのでし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑