複数のコミュニティに参加することの重要性。

公開日: : 生き方と考え方

spainfood41

コミュニティ。

そう表現するのはいささか大げさな気もしますが、全然違う生き方や考え方をする人とたち交流していると、いろいろ好都合だなあと改めて感じる今日この頃。

ラク、とか、楽しい、という意味では似た者同士、気の合うもの同士で身を寄せ合っているのがいちばん面倒がないし、いざこざも起きにくい。

でも、それに慣れてしまうと自分、もしくは属するコミュニティの平均的な生き方や考え方こそが世の中のスタンダードであると思い込んでしまう危険性もありまして。

複数のコミュニティに参加することの重要性

ごくわずかなコミュニティの中でのみ活動、存在することの危うさは、子供社会で顕著に見られる。

学校でいじめられたら、家庭で蔑ろにされたら、もう世の中全部がこうなんだと思っちゃうよね。というか、自分の足で世界へ出て行けない子供にとっては今見えている場所が全て。だからこそ、悲しい判断をしてしまうこともある。

未熟さゆえに視野を広く持てない子供と、いっぱしの社会経験を積んでもなお偏った考え方をしてしまう大人とを同列には語れないけれど、歳を取りさえずれば賢くなれるわけでもないのがもどかしいところ。

老後貧困の不安と「持てない」暮らし。

だからこそ、いくつになってもいろんな視点が持てること、世界は案外広いことを意識して生活したほうがいい。いい歳した大人でも、それなりに社会経験を積んでいても、なぜか視野が狭まってうっかり判断ミスしてしまう危険性は誰にだってあるからね。

そういうのもあるのか、と唸る

nakano21

コミュニティ、というほどのものは持っていないし、そもそも友人知人や日頃関わっている人の数も多くはないけれど、それでも似たようなジャンルの人ばかりとは付き合っていないなあと感じます。

フリーで独身一人暮らし、という似た属性の人もいるし、子供のいない専業主婦もいれば働くお母さん、お父さんもいて、シングルマザーもいる。新卒で入った会社でずっと頑張っている人もいれば、自分の意思で転職を繰り返した人、望まない転職を余儀なくされた人、生き方も家族構成も、そしてもちろん考え方も見事にバラけている。

40代、50代の望まない転職・再就職事情。

仕事に対する考え方は似てる、とか、もっとカジュアルな感覚で食の好みやファッションの傾向が似てる、などは多々あれど、何もかもが一緒で本当に気が合うの!みたいなことはまずない。ていうか、そんな人いるわけがない。私には到底理解できない意見が出てくることのほうが多いし、いやいやいや、そりゃ絶対ないわ、となることだって少なくない。

ヒントが思わぬ場所から投げ込まれてくる話。

でも、そういうことがあるからこそ、自分の考えは決して世の中のど真ん中でないし、自分と他人はまるで違う生き物なんだということが実感できてありがたい。

モノを溜め込む人とは友達になれない。

残念ながら一緒にいて苦痛を感じるほど嫌いな人(滅多にお目にかかれないけど)とまでニコニコお付き合いできるほどうつわの大きい人間にはなれなくても、全く違う考え方や生き方に対して、へえ、そういうのもあるのか、と単純に唸れる程度の柔軟さは持っていたほうが面白いなあとつくづく思うのです。

で、なんだっけ。

とにかく、普段接することのない人と話すのって、割と愉快なことかもね。と、落とし所を見失った最後は宣伝にてまとめてみましたよ。

人生100年時代、今から10年後の働き方を考えよう。

 




関連記事

ニラ納豆

食べて飲んで、人体実験。

なんだかんだで観終わった後にセンター街を抜けるのは気分的にしんどかった。 関連 見習う

記事を読む

NYの治安と物価

どんな状況であっても、味方になってくれる人はいるか。

「自分がどんな状況におかれようと味方になってくれる人はいるか」 珍しく遅い時間まで居座

記事を読む

禿げる。

去年ふざけた話を書いた祟りでしょうか。 関連 外野が何を言っても響きはしない。

記事を読む

日本の世帯構造は一人暮らしが主流。これからの公共住宅はコレクティブハウスに。

うん、どう考えたって、今後日本はこの流れにならないとおかしい。 参考 日本の世帯構造は一人暮ら

記事を読む

おばさん権を行使せよ。

「姫路方面」 そう書かれたプラカードを掲げ、大荷物を背負って楽しそうに笑う大学生2人組

記事を読む

なんにも持っていなくても、奪われるのはやりきれない。

はっきりはわからないけれど、おそらくモアルボアルの海のような。 ひとしきり遊んだのでそ

記事を読む

孤独力に再現性はあるのか。

しばらくは距離を取っていたのですが、最近になってまたTwitterをちょろちょろと触り始めま

記事を読む

人生のど真ん中を失うということ。

先日たまたま目に入った記事を読んでびっくり。 アニサキスにあたって、一生ほとんどの魚が

記事を読む

持たない暮らしともしもの備え。災害時の備蓄を考える。

By: Robert Benner[/caption] 台風が猛威を振るっています。

記事を読む

NY地下鉄の乗り方

キレイなおばあさんは好きですか。

長年第一線で活躍する現役モデルだから当然。といえば当然なんだけど、まあなんとキレイな人でしょ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

やりたいことをやる中年。

長年あたため続けてきた大イベントを、今月ようやく開催できまし

東京大仏
「過去は変えられない」の嘘。

他人と過去は変えられないけど、自分と未来は変えられる。とか、

トマトの卵炒めのっけ丼献立
お手本がある時代のありがたさ。

少し久しぶりに、献立の話でも。相変わらず平日の質素飯生活が続

浜松町駅から東京タワー
大事なものに躊躇なく投資するための、正しい節約のススメ。

10年ぶりにスマホに回帰したので、毎月携帯料金が発生すること

先月の携帯代は94円。

10年ぶりにスマホを契約してから、早1ヶ月が経過しました。約

→もっと見る

PAGE TOP ↑