焼き里芋、秋刀魚のしょうが味噌汁献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

焼き里芋献立

秋刀魚のアラで味噌汁の出汁をとっても良い。

それがわかったので、どうせなら身も入れてやれと思い切ったのでした。

埼玉の酒 帝松 社長の酒 吟醸酒で晩酌 秋刀魚の梅昆布蒸し。

こんな贅沢なことができるのも、偏に秋刀魚が安かったからなんですけどね。ありがとうございます。

焼き里芋、秋刀魚のしょうが味噌汁で晩酌

焼き里芋、秋刀魚のしょうが味噌汁で晩酌

  • 秋刀魚のしょうが味噌汁
  • ぬか漬け
  • 柿とほうれん草の白和え
  • 焼き里芋

秋刀魚のしょうが味噌汁

秋刀魚のしょうが味噌汁

頭とお腹を取って筒切りにした秋刀魚に塩を振りしばらくおき、水気を拭き取ってからさっと湯通ししておきます。昆布出汁に千切りしょうがと秋刀魚を入れ煮て、大きめに切った白ねぎを加え、最後に味噌を溶き入れます。出汁用に頭も入れました。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはキャベツ、きゅうり、にんじん。

柿とほうれん草の白和え

柿とほうれん草の白和え

水気を切った豆腐に味噌を加えて混ぜ、柿とゆでたほうれん草を和えます。

焼き里芋

焼き里芋

里芋は皮をむいて塩でこすってぬめりを取り、輪切りにしてオリーブオイルをまぶしてフライパンに並べて弱火で焼きます。両面こんがりと焼けたらうつわに盛り、粗塩、胡椒、パルメザンチーズ、パセリのみじん切りを振れば完成。

柿に里芋に秋刀魚。調理自体は簡素なれど、季節の食材が揃えば立派な秋満喫晩酌になりますね。冷やした吟醸酒と少し迷ったけれど、やや肌寒かったので結局は純米酒を燗で。

日本酒にあうおつまみレシピ

本当は秋刀魚を食べる予定じゃなかったのに、一尾56円の表示を見た次の瞬間無意識のうちにトングを握っておりました。大好きな秋刀魚、今季はこれにて7尾目となかなかのハイペースだからこそ、普段は定番ものしか作らない自分としてはかなりの冒険ともいえる味噌汁にチャレンジできたのですよ。

結果は、正解。骨を取りながら食べねばならないのは歯痒いけれど、しょうがのきいた秋刀魚の味噌汁に熱燗。こりゃ堪えられませんな。

そしてメインに据えるは毎度おなじみの野菜一品焼き。里芋の皮むきって手が痒くなりそうでちょっと苦手意識があるんだけど、独特のぬめりは焼きあがれば衣のような食感となって美味。幸い手も無事だったし、これもすっかり気に入りました。また焼こう。

 




関連記事

豚肉と青梗菜の炒めもの、なめこおろしでひとり晩酌。

いやー。 寒さより暑さに100倍強い私ですが、さすがにここまで来ると 「暑い..

記事を読む

新玉ねぎの卵炒め献立

フラれた日の晩酌。

会食の予定がキャンセルになり、あらどうしましょ、外で食べる気満々だったから、何にも考えてない

記事を読む

砂肝のにんにく炒め

砂肝の葱塩炒め、蕪の梅サラダ献立。

天気のせいでしょうか、スーパーの品揃えが不作です。 毎日お世話になっているのに不作など

記事を読む

塩豚と白菜のソテー献立

塩豚と白菜のソテー、ごぼうの黒七味醤油漬。

昨日は午後の時間が少々空いたので、キッチンで下ごしらえ作業をしていました。 基本的に毎

記事を読む

油揚げとねぎのしょうが味噌炒め

油揚げとねぎのしょうが味噌炒め、蒸しなすのわさび梅和え献立。

油揚げをメインにしがちです。 晩酌献立 焼き油揚げ、トマトと三つ葉のサラダ。 タ

記事を読む

妄想で作り上げる、大人の高度なお遊び。

文字からの情報しか得ていない食べもの。つまり、写真や映像では確認していない料理に対して、ひど

記事を読む

家飲み献立 12/16 豚肉とれんこんの塩焼き、白菜とトマトのスープ。

いやー、ナメてたわー。 日本の寒さ完全にナメてたわー。 と、思わずミサワ化してしまう

記事を読む

砂糖なし肉じゃが

砂糖なし肉じゃが、ほうれん草とトマトのからし和えで晩酌。

ガーッと煮てカジュアルに煮崩れた甘い肉じゃがは大好きです。 が、その昔とある和食の店で

記事を読む

里芋のねぎ塩炒め

里芋のねぎ塩炒め、キャベツのおかか和え献立。

小ぶりな里芋が手に入った時は絶対にこれ! そろそろ定番料理になりつつある、里芋のねぎ塩

記事を読む

粕汁献立

ぶりの粕汁献立。

粕汁献立。 桜満開の東京に遅れて冬のエース登場、といったところでしょうか。 それ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ラード使用チャーハン
背徳感が、脂の魅力。

休肝日メニューは、炒めごはん率が高いですね。 ハムライ

一人暮らしのしょうもない夏休み

そりゃそういう時期ですけど何も本気で毎日降らなくてもいいんじ

ぶりと青菜の酒蒸し献立
たくさんあるよろこびと、持つことへの恐れ

実はこの日、売り場にはぶりカマもあったのです。 しかも

プロになれなかった私のプロフェッショナル。

学生時代のアルバイトを含めれば、すでに30年以上も働いている

オムレツ
ボロボロ加減に感じる郷愁。

ずいぶん大人になってから、わかるようになったことがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑