山梨の酒 七賢 淡麗純米で晩酌 あさりともやしのスープ、焼き春キャベツ。

公開日: : 最終更新日:2020/05/20 家飯, 食べること ,

七賢淡麗純米

順調に関東地方を攻略中でございます。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

そろそろ次のエリアに着手できそうな状況になってまいりました。

味の好みよりも産地を重視するという少々邪道な選び方ではありますが、こういう縛りのあるお遊びって楽しい。

山梨の酒 七賢 淡麗純米

七賢淡麗純米

蔵元は名水百選でおなじみ山梨・白州の山梨銘醸株式会社。

参考 七賢の酒造り(山梨銘醸株式会社)

山梨銘醸を創業した初代中屋伊兵衛*は、白州の水の良さに惚れ込んで、この地に酒蔵を起こすことを決意しました。標高2900mにも及ぶ甲斐駒の峰。その頂に降る雪はやがて、木々の緑をすすぎ、岩に磨かれながら、恵みを帯びて流れ落ちてきます。

やっぱり酒造りってのは水が命、なのでしょう。灘五郷の宮水なんかもそうだけど、この水で酒を作りたい!と惚れ込んでその土地で開業、という流れはとても自然なことなんでしょうね。

まずは常温で一口。あらキレイ。
オススメはひやとラベルにあったので今回は燗にはせず、常温と軽く冷やした状態で呑んでみましたが、ああ、確かにこの澄んだ味わいなら冷たい状態がベストなのかも。こういう表現は好きじゃないけれど敢えて言うなれば呑みやすい酒。日本酒に興味があるけどどうも癖の強い酒は苦手で、という人が美味しく楽しめる1本ではないかな。

スーパーで気軽に買えるこの七賢淡麗純米。オフィシャルサイトに掲載されていないのは廉価版ってことなのでしょうか、価格もかなりお手頃だったし。
スーパーで普通に買えるような大手酒造の銘柄とか廉価版商品についてはあれこれ意見の割れるところだとは思いますが、日常に普通にある酒っていうのもまた大切なのだと思うのですよ。誰もかれもがマニアじゃないんだし、スーパーで手に入れた1本から日本酒好きになることだってあるだろうしね。

七賢 淡麗純米データ

蔵元 山梨銘醸株式会社(山梨県・北杜市)
種類 純米
精米歩合 60%
日本酒度  +6
酸度  1.6
アルコール度  16度

 

あさりともやしのスープ、焼き春キャベツで晩酌献立

あさり献立

  • 白菜漬け
  • あさりともやしのスープ
  • 春菊納豆
  • あさりぬた
  • 焼き春キャベツ

あさりともやしのスープ

あさりともやしのスープ

もやしと千切り生姜をごま油で炒めあさりの茹で汁を注ぎ軽く煮ます。あさりを入れて口が開いたら塩胡椒で調味して彩りのネギを散らして完成。今回はぬたに使ったあさりの茹で汁を使いました。

春菊納豆

春菊納豆

茹でた春菊と納豆を和えたもの。

あさりぬた

あさりとわけぎのぬた

味噌、みりん、酢を合わせた酢味噌でふっくらと酒蒸しにしたあさりと色よく茹でた分葱を和えます。あさりからでた出汁はスープに流用。

焼き春キャベツ

焼き春キャベツ

櫛形に切ったキャベツをフライパンで両面こんがり焼いたもの。味付けは焼く時のオリーブオイルに粗塩、胡椒のみ。

なんか緑満載の献立ですが、ひや酒にあさり汁にあさりぬた。あれこれ野菜。最高じゃないでしょうか。

日本酒にあうおつまみ献立

残り物のあさりともやしをなんとなく合わせてみたけれど、意外に合う組み合わせだなあ。後から調べてみたら韓国料理のレシピがヒットしました。唐辛子とニンニクで作ったら確かに韓国料理っぽいね。

そして毎度お馴染み野菜焼いただけシリーズで焼きキャベツ、味付けにはゲランドを使用。こういうシンプル過ぎる料理には存在感のある塩がよく合いますな。

 




関連記事

黒はんぺん汁

黒はんぺん汁、玉ねぎの卵炒め献立。

いただきものの黒はんぺんを食べましょう第二弾です。 初回はお手並み拝見ということで、シ

記事を読む

玉乃光 28pf 2019

京都の酒 玉乃光 純米吟醸 28Pf Summerで晩酌塩鶏と大根のスープ煮

お久しぶりです。京都です。 勝手に日本酒全国ツアー 相変わらず晩酌はちびちびとや

記事を読む

油揚げと豆苗の卵とじ

油揚げと豆苗の卵とじ、えのきとしょうがのスープ献立。

子供の頃、たまご丼が大好きでした。 親子丼でも他人丼でもなく、たまご丼。といってもはた

記事を読む

青菜炒め献立

青菜炒め、トマトのナムルで晩酌。

青菜の中で最も摂取量が多いのは絶対に小松菜、だと思う。 旧住まい近くのスーパーではタア

記事を読む

塩辛じゃがバター

塩辛じゃがバター、小松菜と豚肉のからし和え献立。

じゃがバターですよ、奥さん。長年晩酌記録を続けていますが、じゃがバターは初登場ではないでし

記事を読む

玉ねぎの卵焼き、キャベツと海苔の白和え。

3連休ですか。 暦とは全く連動しない日々を送っている私は休日に特別な感情はないのでいつ

記事を読む

ボイルドレバー

ワインで家飲み トマトとヨーグルトのサラダ、ボイルドレバー。

久しぶりにワインを仕入れました。 おかげで朝から今夜はワイン、ワイン、と、周りから見る

記事を読む

茄子の蒸し煮

ごま鯖の酒蒸し、茄子の蒸し煮。

鮮魚売り場をウィンドウショッピング(by 湘南いそいそ家飲み日記。)していたら、思わぬ出会い

記事を読む

生ひじきの卵焼き

生ひじきの卵焼き、肉団子と大根の味噌汁献立。

初めに謝罪をします、すみません。 残っていた生ひじきと卵を混ぜて磯の香りの卵焼きに仕立

記事を読む

秋刀魚のしょうが味噌汁

焼き里芋、秋刀魚のしょうが味噌汁献立。

秋刀魚のアラで味噌汁の出汁をとっても良い。 それがわかったので、どうせなら身も入れてや

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑