山梨の酒 七賢 淡麗純米で晩酌 あさりともやしのスープ、焼き春キャベツ。

公開日: : 最終更新日:2020/05/20 家飯, 食べること ,

七賢淡麗純米

順調に関東地方を攻略中でございます。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

そろそろ次のエリアに着手できそうな状況になってまいりました。

味の好みよりも産地を重視するという少々邪道な選び方ではありますが、こういう縛りのあるお遊びって楽しい。

山梨の酒 七賢 淡麗純米

七賢淡麗純米

蔵元は名水百選でおなじみ山梨・白州の山梨銘醸株式会社。

参考 七賢の酒造り(山梨銘醸株式会社)

山梨銘醸を創業した初代中屋伊兵衛*は、白州の水の良さに惚れ込んで、この地に酒蔵を起こすことを決意しました。標高2900mにも及ぶ甲斐駒の峰。その頂に降る雪はやがて、木々の緑をすすぎ、岩に磨かれながら、恵みを帯びて流れ落ちてきます。

やっぱり酒造りってのは水が命、なのでしょう。灘五郷の宮水なんかもそうだけど、この水で酒を作りたい!と惚れ込んでその土地で開業、という流れはとても自然なことなんでしょうね。

まずは常温で一口。あらキレイ。
オススメはひやとラベルにあったので今回は燗にはせず、常温と軽く冷やした状態で呑んでみましたが、ああ、確かにこの澄んだ味わいなら冷たい状態がベストなのかも。こういう表現は好きじゃないけれど敢えて言うなれば呑みやすい酒。日本酒に興味があるけどどうも癖の強い酒は苦手で、という人が美味しく楽しめる1本ではないかな。

スーパーで気軽に買えるこの七賢淡麗純米。オフィシャルサイトに掲載されていないのは廉価版ってことなのでしょうか、価格もかなりお手頃だったし。
スーパーで普通に買えるような大手酒造の銘柄とか廉価版商品についてはあれこれ意見の割れるところだとは思いますが、日常に普通にある酒っていうのもまた大切なのだと思うのですよ。誰もかれもがマニアじゃないんだし、スーパーで手に入れた1本から日本酒好きになることだってあるだろうしね。

七賢 淡麗純米データ

蔵元 山梨銘醸株式会社(山梨県・北杜市)
種類 純米
精米歩合 60%
日本酒度  +6
酸度  1.6
アルコール度  16度

 

あさりともやしのスープ、焼き春キャベツで晩酌献立

あさり献立

  • 白菜漬け
  • あさりともやしのスープ
  • 春菊納豆
  • あさりぬた
  • 焼き春キャベツ

あさりともやしのスープ

あさりともやしのスープ

もやしと千切り生姜をごま油で炒めあさりの茹で汁を注ぎ軽く煮ます。あさりを入れて口が開いたら塩胡椒で調味して彩りのネギを散らして完成。今回はぬたに使ったあさりの茹で汁を使いました。

春菊納豆

春菊納豆

茹でた春菊と納豆を和えたもの。

あさりぬた

あさりとわけぎのぬた

味噌、みりん、酢を合わせた酢味噌でふっくらと酒蒸しにしたあさりと色よく茹でた分葱を和えます。あさりからでた出汁はスープに流用。

焼き春キャベツ

焼き春キャベツ

櫛形に切ったキャベツをフライパンで両面こんがり焼いたもの。味付けは焼く時のオリーブオイルに粗塩、胡椒のみ。

なんか緑満載の献立ですが、ひや酒にあさり汁にあさりぬた。あれこれ野菜。最高じゃないでしょうか。

日本酒にあうおつまみ献立

残り物のあさりともやしをなんとなく合わせてみたけれど、意外に合う組み合わせだなあ。後から調べてみたら韓国料理のレシピがヒットしました。唐辛子とニンニクで作ったら確かに韓国料理っぽいね。

そして毎度お馴染み野菜焼いただけシリーズで焼きキャベツ、味付けにはゲランドを使用。こういうシンプル過ぎる料理には存在感のある塩がよく合いますな。

 




関連記事

晩酌献立5品

わさび菜とツナの和え物、かぼちゃの塩煮。

休肝+休胃明けの夜。 休肝日って週に2日くらい設定したほうがいいらしいので、さてこれからど

記事を読む

過剰なおひとりさまアピールの寂しさ。

一人暮らしかつフリーランスなもので、一人行動にまつわる話をよく書いています。 一人で過ごす

記事を読む

きつね納豆

きつね納豆、みつばときのこのおひたし献立。

ねえねえ、買って!これ買って! 頬が赤い愛くるしい女児(推定4歳)が母親のコートの袖口

記事を読む

家飲み献立 鶏豆腐でぬる燗を。

雨の土曜日。 部屋でじっとしていると昼間でも寒いので、2駅隣まで歩いて駅前のコーヒーシ

記事を読む

家飲みの献立

家飲み献立 白菜と豚肉の重ね蒸し、焼き野菜サラダ。

家飲みについて言及し始めたということは2016年も通常営業が始まった、ということです。

記事を読む

家飲み一人鍋 1/13 白菜と春雨のうま煮鍋、温奴。

最近、以前にも増して「早寝早起き」を心がけています。 できれば22:00までに就寝するスタ

記事を読む

一人暮らしの家飲みメニュー 時代は家吞みダイエット。

なんだか最近外食減ったなあ。 去年の今頃はほぼ毎日外食の日々でした。何故なら、キッチン

記事を読む

旅に出ると必ず太り毎回あっさり戻す件。

毎度のことですが見事に増量しました。重量にして約2kg増えました。 おいおいフィリピン

記事を読む

他人とじ献立

他人とじ、レタスとわかめのサラダ献立。

鶏肉を甘辛く煮て卵でとじる親子煮は、日本酒好き蕎麦屋飲み好きな私の定番つまみです。といって

記事を読む

れんこんと塩昆布の混ぜごはん

休肝日ごはん れんこんと塩昆布の混ぜごはん、にら玉。

食のシンプル化、といえば聞こえはいいが、単なる粗食化は進行する一方です。 シンプルライ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑