「 家飯 」 一覧

ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

2022/01/15 | 家飯

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作りました。寒空に野菜を干す。干したキャベツはしなっとやわらかくなっているので、生キャベツとは違ってゆでずにそのまま肉だねを包むことが

続きを見る

寒空に野菜を干す。

2022/01/12 | 家飯

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょくいろんな野菜を干して、生とはまた違った食感や味わいを楽しんでいたのだけれど、最近ちょっとご無沙汰でしたね。油揚げの葱味噌焼き、干

続きを見る

一人暮らしの密かな楽しみ、残り汁。

2022/01/08 | 家飯

白菜頼みここに極まれり、といった趣の晩酌献立です。寒い時期の白菜摂取率はかなり高めの我が家です。毎日が同じものばかりの一人暮らし。が、今年はその割合がすごい。買っては食べ、食べては買いを繰り

続きを見る

新しくてめずらしいものと、いつもの。

2022/01/04 | 家飯

新年らしい華やかさとは無縁の画像にてあいすみません。 いやね、ご馳走三昧だった三が日も終わって、みなさんそろそろ普段の食卓が恋しくなってくる頃だろうと思いましてね。 それに、目玉

続きを見る

一人暮らしの年の瀬、瓶に目覚める。

2021/12/28 | 家飯

1年のうち8割は和食献立に日本酒を合わせる晩酌スタイルとなっていますが、2021年を締めくくるラストメニューは、グラタンです。ワインです。 寒くなってからというもの、ずっとさつまいもの

続きを見る

やめない、捨てない、余らせない。

2021/12/25 | 家飯

先日は焼きいもで飲み、本日は焼き大根で飲む。いつ何時も、焼き野菜は優秀なつまみですね。焼きカラーにんじん、あやめ雪のツナサラダ献立。 冬は特に、焼き大根が旨い時期。通常は厚めの輪切りに

続きを見る

いもはメインになりえるか。

2021/12/21 | 家飯

焼きいもで、酒を飲む。 おいおい、そこまでして飲みたいか!と叱られそうな組み合わせですが、これが案外好きなんです。焼ききたあかり、ほうれん草と豚肉のからし和え献立。 普段はじゃが

続きを見る

持たない暮らし、最新の「最低限調味料」事情。

2021/12/18 | 家飯

あら大変。もう冬だというのに、まださつまいもを堪能しておりませんでした。大好物!というわけではないけれど、秋になると食べたくなる野菜、それがさつまいも。なんだかんだで毎年必ず食卓に上っている

続きを見る

毎日が同じものばかりの一人暮らし。

2021/12/14 | 家飯

天気予報で度々遭遇する「明日は真冬並みの寒さです」という解説を聞くたびに、もう12月なんだからじゅうぶん真冬でしょ?それともアナタ、この先にもっと寒い時期がくるとでもおっしゃる?と問いただし

続きを見る

色のない生活に、彩りを添えてくれる存在。

2021/12/11 | 家飯

定番おかず、豚のしょうが焼きで晩酌です。 お手頃価格で使い勝手のいい豚肉は、晩酌献立頻出食材であります。豚肉を使ったレシピと献立しかも、ほとんどが豚こま肉。つまりは、切れっ端。

続きを見る

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑