「 家飯 」 一覧

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

2021/06/12 | 家飯

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒めるところから始まる。と、確か椎名誠氏がコラムに記していた記憶があります。確かに、玉ねぎは家庭料理におけるスターティングメンバーであり

続きを見る

豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

2021/06/08 | 家飯

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例えば、牛肉の出汁で煮る、など。にんじんと牛肉の塩煮献立。そしてシンプルに切って焼くだけの「焼きにんじん」もこれまた頻出つまみのひとつ

続きを見る

さばの味噌汁、ピーマンと卵の炒めもの献立

2021/06/05 | 家飯

残りもののあいこちゃんを、味噌汁にしていただきます。味噌汁に鯖...。うへぇ、と一瞬怯みそうになりますが、よくよく考えれば魚類入りの汁ものなんて特に珍しくはありません。粕汁とかね。鮭の粕汁、

続きを見る

さば納豆、トマトのナムル献立。

2021/06/02 | 家飯

春のそよ風を感じる、大草原のようなつまみです。見た目が。納豆に合わせる薬味といえば、やはり王道はねぎ。なのですが、今回は手元にねぎはなく、代わりに大量の大葉があったので、大量に千切りにして、

続きを見る

レッドキャベツのあえるだけパスタ、小松菜のチキンスープ献立。

2021/05/29 | 家飯

ここのところ連続登場しているレッドキャベツ。レッドキャベツの甘酢漬け煮たり焼いたりゆでたりと汎用性の高いノーマルキャベツと違って、基本生食しか叶わないレッドキャベツ。よって、一人暮らしは食べ

続きを見る

新玉ねぎのフライパングリル、蒸し鶏とほうれん草のわさび和え献立。

2021/05/25 | 家飯

大好きな新玉ねぎを、今季はあまり食べていなかったと気づき、駆け込み消費です。新玉ねぎ、旨いですよね。薄くスライスするだけで立派な一品になるんだから、旬の力ってすごい。さば水煮缶と新玉ねぎのサ

続きを見る

すき煮、きのことほうれん草のおひたし献立。

2021/05/22 | 家飯

牛肉とねぎを使ってさあどうしましょうと考える。肉豆腐はどうだ。最近豚肉を使うことが多かったから、たまには西側の人間らしく牛でバシッと決めてはどうだ。いや、もっとシンプルに塩味で炒めるのもいいかもしれ

続きを見る

にらの落とし焼き、きのこのおろし和え献立。

2021/05/19 | 家飯

少々残っているにらをどう食べるかと考えていて、ふと思い出しました。以前持ち寄り家飲み会的な集いで友人にご馳走になった、にらのつまみ。あれ、旨かったなあ。いきなり蘇った味の思い出。これも何かの

続きを見る

豚と水菜のはりはり煮、きんぴらごぼう献立。

2021/05/15 | 家飯

本日は「はりはり」ではないかもしれませんね。通常は水菜にあまり火を通さず、鮮やかな緑を保つ程度の「はりはり」加減に仕上げて食すことが多いこのメニュー。豚肉と水菜のはりはり煮、れんこんの黒酢炒

続きを見る

蒸し鶏のねぎソース、豆腐とごぼうの煮もの献立。

2021/05/12 | 家飯

おなじみ、蒸し鶏です。あたたかくなってくると、この手の冷菜メインの晩酌もアリですね。いつも「蒸し鶏」と記しているものの、その作り方は「ゆで鶏」です。蒸し鶏の香味黒酢ソース、かぶの和サラダ献立

続きを見る

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑