新玉ねぎのグリル、砂肝ポン酢献立。

公開日: : 最終更新日:2017/06/11 家飯, 食べること

新玉ねぎのグリル

新玉ねぎとくれば、その柔らかさを活かす生食が基本ですね。

オニオンスライス、大好きです。鰹節としょうゆがあればオニスラだけで全然飲める。

が、小ぶりの新玉ねぎを入手した本日は、玉ねぎメインで飲むために焼きを入れます。

それらしくオーブンなど使ってみましたが、いつものようにフライパンで作ってもよかったかな。

新玉ねぎのグリル、砂肝ポン酢で家飲み

玉ねぎのグリル、砂肝ポン酢で家飲み

  • 大根皮のしょうゆ漬
  • トマトと卵のスープ
  • 春菊のごま和え
  • 砂肝ポン酢
  • 新玉ねぎのグリル

トマトと卵のスープ

トマトと卵のスープ

鶏がらスープで角切りにしたトマトを軽く煮ます。水溶き片栗粉でとろみをつけて溶き卵を流し入れふんわりと固めたら完成。

春菊のごま和え

春菊の胡麻和え

塩を加えた湯でさっと茹でて絞り、切りそろえた春菊をすりごま、しょうゆ、マヨネーズで和えたもの。春菊は茹でた後に放置するなどしてうっかり黒っぽくしてしまうことも多いのだけれど、今回は色を飛ばさずキレイな緑色を保てました。

砂肝ポン酢

砂肝ポン酢

こちらは先日の残りもの。冷蔵庫で3~4日は保存可能です。

新玉ねぎのグリル

新玉ねぎのグリル

半割りにした玉ねぎの切り口にオリーブオイルを塗ってオーブンで焼き、うつわに盛って粗塩、胡椒を振ります。フライパンに切り口を下に置いて蓋をして蒸し焼きにしてもいいかも。

玉ねぎが小さいサイズだったので2つ焼きましたが、おいしくてぺろっといってしまってちょっと物足りないくらいでした。3つ4つ焼いてしまえばよかった。

普通の玉ねぎもいいけれど、新玉ねぎの瑞々しい甘さはまた別格ですね。なんだか気分は春満載ってことで、酒もひやで。

日本酒にあうおつまみレシピ

野菜ひとつをそのまま焼いて塩で食す、というつまみが好きすぎて、頻繁に登場させています。野菜はなんでもアリだけど、大根にんじんキャベツししとうれんこんあたりが多いでしょうか。

焼きネギは素焼きにすることが多いけれど、それ以外の野菜は基本的にオリーブオイルをまとわせてから焼きます。これは信頼している焼き鳥店の店主に

「野菜を焼く時はなんらかの油を塗ってからのほうが旨味が増していいですよ」

とアドバイスをもらったから。

自宅でお店と同じ味は再現できないけれど、こんなちょっとしたコツを真似する程度ならできる。と、以降教えを守っているのでした。

野菜ひとつレシピは野菜好き、一人暮らしの強い味方。今後も飽きずにせっせと焼き続けようと思います。

 




関連記事

材料2つの鍋料理 11/6 キャベツと豚肉の鍋。

スーパーの品揃えもすっかり衣替え。そろそろ葉物が充実してきましたね。 寒いのはめっぽう

記事を読む

原了郭 黒七味 詰め替え

原了郭の黒七味を銀座で調達。

先日銀座でふと思い出し、いそいそとデパ地下へ。 私の数少ない愛用調味料である黒七味が切

記事を読む

潮汁

潮汁、えのきあんかけ豆腐献立。

ここのところ真っ当な和献立が続いていて、それなりに満足度が高かったのですが久々にやってしまい

記事を読む

長崎の酒 福鶴カップで晩酌 鶏ごぼう、黒枝豆の白和え献立。

九州方面は日本酒より焼酎が多いからなかなか見つからなくて、てなことをうっかり酒屋で言ってしま

記事を読む

一人暮らしの家飲みメニュー 7/31 暑い日。辛いヤムウンセンとビール。

今って真夏?真夏なの?   久しぶりに迎える日本の夏。 東南アジア各国のほうが過ご

記事を読む

キャベツの塩昆布炒め

肉団子とかぶの味噌汁、キャベツ塩昆布炒め献立。

野菜を塩昆布で和える。いまや定番の酒のつまみですね。 手羽元黒酢煮、ピーマンの塩昆布和

記事を読む

ピーマンの塩きんぴら

ピーマンの塩きんぴら、空芯菜納豆で家飲み。

なんということでしょう。 本日はカレイの煮付けを中心に残り物ばかりで構築した食卓。ゆえ

記事を読む

人目を気にせず、一人で食べたい。

どこか秘密基地っぽさのあるテーブルは、子供がよろこびそうなつくりではありませんか。 フ

記事を読む

家飲み献立 鶏豆腐でぬる燗を。

雨の土曜日。 部屋でじっとしていると昼間でも寒いので、2駅隣まで歩いて駅前のコーヒーシ

記事を読む

塩豚と大根のスープ

塩豚と大根のスープ、わかめと卵の炒めもの献立。

あれ、今週で2月終わるのか。そうかそうか。 暦の上ではすっかり春、とはいえまだまだ温か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

本気の冷え性改善計画2021、開幕。

突然やってきた寒気に、戸惑いを隠せません。 いや、わか

豆腐と小松菜の塩炒め献立
自分の気性に合うカタさ。

もう何年もの間、豆腐といえば木綿に落ち着いています。

50目前、3年以内の目標。

妄想癖が強いからでしょうか。 とにかくあれこれ計画した

あんかけ焼きそば
いつだって「カリッと」が、信条。

駅前のざっかけない店でさえ、レベルが異常に高い。そんな中華料

炎症後色素沈着ケア大作戦、2ヶ月報告。Lシステインの効果は?

アトピー症状悪化による色素沈着改善作戦をぶち上げてから、2ヶ

→もっと見る

PAGE TOP ↑