鶏と水菜の酒蒸し、トマト納豆。

公開日: : 最終更新日:2016/09/19 シェアハウスで料理, 家飯, 食べること

鶏もも肉と水菜の酒蒸し

今日は珍しく遅いランチで、おまけにデザートまでしっかり食べちゃったものだからお腹が減らず。

もう夜ご飯抜きでいいかな、と思ったものの、やっぱりちょっと呑みたいし、となれば何かつまみたいし…なんて考えていたら結局小腹が減ってきました。

困ったもんです。

というわけで、気持ち軽めに3品で晩酌。10分で準備完了の時短メニューを。

 

今夜の家飲みおつまみメニュー

鶏と水菜の酒蒸し 献立

  • わかめのナムル
  • トマト納豆
  • 鶏と水菜の酒蒸し

わかめのナムル

わかめのナムル レシピ

しょうゆとごま油で和えたわかめにゴマを振って。

トマト納豆

トマト納豆 レシピ

みじん切りのトマトと葱を混ぜた納豆。味付けはしょうゆ、オリーブオイル、黒胡椒。

鶏と水菜の酒蒸し

鶏もも肉と水菜の酒蒸し レシピ

小さく切って塩で下味をつけた鶏もも肉を昆布と一緒に鍋に入れ、酒と水を振って火にかけます。鶏肉に火が通ったたところで水菜を加えてさっと煮て出来上がり。ポン酢と黒七味でいただきます。

今日は久しぶりに暖かかったので汁物は省いてつまみ程度に、と思っていたのに呑みたいがために結局わりとしっかり食べちゃってる。まったく、食い意地がはってますね。

トマト納豆はごま油で味付けしようと思っていたのですが、作っている途中でわかめと味付けが丸かぶりということに気付き変更。オリーブオイルと黒胡椒で方向性を変えてみました。普段はあまりやらない組み合わせだけど、これ、意外といけるなあ。黒胡椒が葱の辛味を引き立ててなかなか旨いです。

本日の酒蒸し、本当はホイル蒸しにしたかったのだけど、確認してみるとホイルの残量がわずかで全量包めるサイズには至りませんでした。よって、急遽鍋で作った次第。

これ、大好きな焼き鳥屋さんで出てくるメニューなんですよね。
水菜のしゃきしゃき感と鶏の旨みの絶妙なバランスをポン酢の酸味が引き締める。もちろん、お店ほど上等な鶏じゃないので同じ味という訳にはいかないけれど、雰囲気は楽しめたかな。水菜って火を通しすぎるとせっかくの食感が台無しだし、色も悪くなるのでさっと調理しなきゃならない野菜。となると自動的に時短料理になるんですよね。鶏肉も細かく切れば早く火が通るので、すぐに食べたい、時間がない時におすすめのメニューです。

 

ところで今日みたいに昼をしっかり食べて夜を軽めにすれば就寝時の胃に負担がかからないし、呑みすぎも防げる(かもしれない)し、案外悪くないかも知れない。いや、結局つまみがあれば呑んじゃうんだから、その分しっかり食べたほうがいいのか…?などと、ちょっと珍しい食事のパターンだったのであれこれ考えました。

いずれにしても、「呑まない」という選択肢は出てこないんだもんなあ。
我ながらどうかと思います。

 




関連記事

カシラの塩焼きねぎダレ

カシラの塩焼きねぎダレ、紫大根のサラダ献立。

紫大根ってすごい色ですね。なんという鮮やかさ。 めったにお目にかかることはないこの大根

記事を読む

さばの梅蒸し献立

鯖の梅蒸し、ほうれん草としいたけの吸い物。

鮮魚売り場で鯖と目が合う。 一人暮らしの身としては半身で売られているのがベストなんだけ

記事を読む

家飲み献立 10/20 蒸し野菜のごま塩だれ、豆腐の生姜あんなど。

今朝の天気予報では夕方曇るものの雨は降らない様子だったので安心して出かけたらどんどん雲行きが

記事を読む

人生のど真ん中を失うということ。

先日たまたま目に入った記事を読んでびっくり。 アニサキスにあたって、一生ほとんどの魚が

記事を読む

蒸し鶏ネギソース

家飲み献立 蒸し鶏ネギソース、白菜とベーコンのスープ。

安くなってきたのではしゃいで購入した白ネギが大量にあります。 「大量」といっても普通に

記事を読む

塩手羽とキャベツのスープ煮

塩手羽とキャベツのスープ煮、なすの黒酢炒め献立。

塩漬け肉の結果が、こちらです。 手羽先のナンプラー漬け焼き、えのき梅おろし献立。

記事を読む

イカとセロリの和え物

イカとセロリの中華和え、梅紫蘇奴。

毎日のメニューを予めしっかり決めて、材料もきちんと揃えて日々調理する。 これはなかなか難し

記事を読む

川鶴純米吟醸wisdom

香川の酒 川鶴 純米吟醸 wisdomで晩酌 牛肉と大根の塩煮、わかめと揚げのぬた。

進んでいます、進んでいます。とうとう香川県までやってまいりました。 関連 勝手に日本酒

記事を読む

サグラダファミリア

シンプルな人はシンプルなものを作る論からの考察。

By: Steve Larkin[/caption] 小林カツ代著「食の思想」に、 「

記事を読む

にじますのハーブ焼き

にじますハーブ焼き、小松菜としめじのスープで白ワイン。

釣り人から下処理済みのにじますをせしめました。 馴染みのない魚の調理、臭かったらいやだ

記事を読む

Comment

  1. 酔子 より:

    こんばんは、crispy-lifeさん!

    時短メニュー、10分とは驚きです☆
    おいしそうなだけじゃなくバランスよくヘルシー
    トマトと納豆の組み合わせは斬新だなぁって思いました
    どんな味なんだろう…?
    一食の価値アリ、ですね♪

    〉いずれにしても、「呑まない」という選択肢は出てこないんだもんなあ。
    右に同じく。。でございます。。。。

    • crispy-life より:

      酔子さん

      こんばんは。

      一人だからこそできる手抜き晩御飯です…。

      トマト納豆、なかなか悪くないですよ。和のおかずの副菜にするならばごま油のほうが合いそうです。

      休肝日…必要ですかね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ぬか漬け
夏のお約束、今年もはじめました。

いきなり夏になりましたね。寒いより暑い方が断然好きなので、何

やりたいことをやる中年。

長年あたため続けてきた大イベントを、今月ようやく開催できまし

東京大仏
「過去は変えられない」の嘘。

他人と過去は変えられないけど、自分と未来は変えられる。とか、

トマトの卵炒めのっけ丼献立
お手本がある時代のありがたさ。

少し久しぶりに、献立の話でも。相変わらず平日の質素飯生活が続

浜松町駅から東京タワー
大事なものに躊躇なく投資するための、正しい節約のススメ。

10年ぶりにスマホに回帰したので、毎月携帯料金が発生すること

→もっと見る

PAGE TOP ↑