「 日本酒 」 一覧

ぶりあらと青菜のしょうが蒸し、トマト塩昆布奴献立。

近所の八百屋でやや小ぶりのトマトが目に入り、手に取る。赤々としていて見るからに旨そうだったからでもあるけれど、おじさんお手製POPに記された 「完熟トマト」 の引きの強さにやられた

続きを見る

かつおの竜田揚げ、えのきの梅おろし献立。

久しぶりに食べたたたきは旨かったけれど、さすがに1食で消費できる量ではありませんでした。 かつおのたたき、白菜の塩昆布蒸し献立。 余った分は翌日、火を通して食べることに。 か

続きを見る

かつおのたたき、白菜の塩昆布蒸し献立。

これくらいのサイズなら、どうにか戦えそうではある。そう判断して、かつおを柵で入手しました。 刺身もたたきも切ったものが売られているけれど、こうね、ガツンと分厚く切ってドカンと盛る豪快さも

続きを見る

手羽焼き、おつまみ奴献立。

鶏肉を焼く。だから、焼き鳥。 焼き鳥は、焼いて塩を振るだけで出来上がるありがたいつまみゆえ、定期的に食卓に上がっております。 焼き鳥、白菜としめじの酒粕煮献立。 焼き鳥にする

続きを見る

ピーマンの塩炒め、牛肉とごぼうのしぐれ煮献立。

副菜に肉が入ってるし、冷奴の大豆たんぱくもあるし、こりゃ今日のメインは野菜だなー。ピーマン焼くかー。 と、いつもの焼きピーマンを想定しておったのですが。 キャベツと鶏団子の煮込み、

続きを見る

牛肉の柳川煮、キャベツのねぎ塩和え献立。

柳川といえば泥鰌ですね。そう頻繁に食べる機会はないですが、実は嫌いじゃありません。 魚屋で生きた泥鰌が売られているのを見かけては、へえ、泥鰌ってこんなにカジュアルに買えるのか、ならば家で

続きを見る

ぬか漬けの卵炒め、ピーマンとツナの和えもの献立。

今年もぬか漬けの季節がやってまいりました。 毎年5月6月あたりにシーズン開幕となるのですが、去年はいつだったかしらと過去記事を確認してみるとなんと6月の末。 まぐろ納豆、ぬか漬け

続きを見る

鯛のかぶと煮、きのこと梅のすまし汁献立。

習慣で日々の晩酌献立を撮影し、ちまちまと記録し続けております。 暮らしの定点観測のすすめ。 食べものの写真を撮り、加工するという工程がなぜか昔から好きでして、だからこそこんなことを

続きを見る

焼き春キャベツ、ツナと小松菜のおろし和え献立。

ここのところ、キャベツネタが多いですね。 春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめのごま酢和え献立。 キャベツをくし形に大きく切って、ワシワシと頬張る、というのは結構好きなやり

続きを見る

春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめのごま酢和え献立。

人間は、長くて短い生涯でいくつの団子を練るのでしょうか。 人間は、などと無駄に主語を大きくしてしまいましたが、私個人の話をすれば、2018年上半期の団子製造数は通年ベーズを遥かに上回って

続きを見る

Taichung-hotel-10
モノがなく、愛もない部屋で。

親密な付き合いにある友人はさほど多くないので、頻繁に人の家に出

福島の酒 大七 純米生酛 爽快冷酒
福島の酒 大七 純米生酛 爽快冷酒で晩酌 牛肉とにんじんの塩煮献立。

前回の福島の酒ってなんだったっけ。 福島の酒 末廣 山廃

NY_upsndmid_2
人間は、そういうふうにできている。

先日うっかり通しで聴きましょうキャンペーンの開催を決定してしま

新ごぼうとベーコンの炒めもの
新ごぼうとベーコンの炒めもの、トマトと卵のスープで金魚。 

金魚です。 今日はベーコンを使った炒めもの。じゃあ日本酒

140802lg
方向性の違いによる別れ、最後まで思い続ける尊さについて。

平日の昼下がり。待ち合わせた銀座のカフェに現れるなり 「

→もっと見る

PAGE TOP ↑