「 日本酒 」 一覧

ほたるいかと菜の花の酢味噌和え、金時にんじんとねぎの炒めもの献立。

育ち盛りの男子学生には茶色いおかずや弁当が好まれると聞きますが、葉野菜至上主義おばさんの食卓は、気をぬくと真緑になりがちです。 それが今日は、どうしたことでしょう。ほたるいかに金時にんじん。赤みがふ

続きを見る

砂肝とわけぎの炒めもの、三つ葉ときのこのおひたし献立。

砂肝って、冷凍できるんですね。 まあ、普通に考えたら肉だし、鶏だし、冷凍できるのも当然といえば当然なのですが、これまでの人生で肝類を冷凍するチャンスが巡ってこなかったもので、特段砂肝冷凍問題を考

続きを見る

ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入手しました。 私が見慣れぬ食材を調理するときは、決まって誰かからのいただきものです。もちろん、今回もそうです。 調理前に調べると

続きを見る

にじますホイル焼き、小松菜のもずく酢和え献立。

釣り人である友人から、にじますのおすそ分けをいただきました。曰く 「小さいのばっかりで悪いけど」 とのこと。そうか、にじますって本来はもっと大きいものなのか。 これまで自分で

続きを見る

わかめと卵の炒めもの、わけぎのナンプラー和え献立。

うつわは好きだし興味もあるけれど、コレクション癖がない上に一人暮らしなので、さほど多くは持ち合わせていません。 数少ないマイうつわの中でも、この季節大活躍の例の酒器については、もう何度も

続きを見る

たらとわかめのしょうが蒸し、オレンジ白菜の梅おかか煮献立。

毎度おなじみ、フライパン蒸し料理です。 そして食材余りの関係で、またまた気持ち悪い色合いのメイン料理となりました。 えのき卵焼き、湯豆腐献立。 常日頃、色味が乏しい献立が続い

続きを見る

えのき卵焼き、湯豆腐献立。

数年前、えのきブームが巻き起こりました。あくまでも私の中で、の話ですが。 手羽先とキャベツのにんにく蒸し焼き、蕪とツナのサラダ献立。 当時の熱は落ち着いたものの、安定していつでも手

続きを見る

たぬき豆腐、かぶの梅わさび和え献立。

あたたかい豆腐料理でいちばん手軽なのは、湯豆腐でしょうか。もしくは、温やっこ。 そのいずれかにしようかと考えてみたものの、私の心が、口が、甘辛系豆腐料理と熱燗の組み合わせを望んで吠えてい

続きを見る

さばと白菜のしょうが煮、ひらたけとちぢみほうれん草の和えもの献立。

年明け以降無駄に忙しぶっているので、ゆっくり晩酌する時間がなかなか取れませんでした。 外食でも、出来合いのものを買ってきても、それなりに美味しいものが食べられて、なによりラクでいいのだけ

続きを見る

玉ねぎの卵炒め、塩豚と大根のスープ献立。

これまた昨年の晩酌記録です。 仕事始めからこっち、なかなかまともな夕食にありつけていません。 私にとっての「まとも」とは、野菜がたっぷりあって、肉などのたんぱく質がとれて、そこに汁

続きを見る

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

「あなたみたい」と、言われても。

最近、またまたFacebookのアカウント乗っ取りが流行って

→もっと見る

PAGE TOP ↑