じゃがいものカルボナーラ、ピミエント・デ・パドロンで白ワイン。

公開日: : 最終更新日:2017/04/13 家飯, 食べること ,

じゃがいもカルボナーラ

一人暮らしで手軽に食事を済ませたい時の筆頭メニューはパスタ。
パスタ、なんですが。

多分このブログを書き始めてから一度も登場したことがありません。嫌いなわけじゃないんです、むしろ、好きです。

パスタは出来上がった瞬間に食べたい派なので皿に盛り付けて片付けをしてから食べる、という現在のスタイルに合わない、というだけの理由なのです。あ、キッチンでそのまま貪り食うという手ならありますね。

さて、パスタは伸びるがじゃがいもは伸びない。ということでじゃがいものカルボナーラをワインのお供にしました。

じゃがいものカルボナーラ、ピミエント・デ・パドロンで白ワイン

じゃがいものカルボナーラ

  • トマトとオリーブのサラダ
  • ピミエント・デ・パドロン
  • じゃがいものカルボナーラ

トマトとオリーブのサラダ

トマトとオリーブのサラダ

くし切りにしたトマトとアンチョビ詰めオリーブをレモン汁とオリーブオイルで和えただけのシンプルなサラダ。オリーブとアンチョビの塩気があるので塩は足さずに。

ピミエント・デ・パドロン

ピメント・デ・パドロン

ピミエント・デ・パドロンとかカタカナ並べてますが、平たく言えばししとうの素揚げです。オリーブオイルで揚げ炒めしたししとうに粗塩を振るだけというスペイン旅行でどハマりしたバル料理、塩はゲランドを使いました。超絶シンプル、ゆえに山盛り食べられてしまうお手軽つまみです。

じゃがいものカルボナーラ

じゃがいもカルボナーラ

オリーブオイルを入れたフライパンでベーコンをカリカリに炒めたら薄切りの玉ねぎ、潰したにんにくも一緒に炒め軽く塩を振り白ワインで香り付けします。溶き卵、パルメザンチーズを混ぜ合わせたソースをフライパンに投入したら火を止め余熱でとろりとなるまで火を通してから別に茹でておいたじゃがいもと合わせ器に盛り、黒胡椒をたっぷり振って完成。じゃがいもにソースを絡めながらいただきます。

ワインの日は必ず美味しいバケットを調達するのですが、本日はメインがじゃがいもなのでパン類はなし。カルボナーラスパゲティとは全く別物だけど、とろりと濃厚なソースの雰囲気はそれなりに楽しめました。赤、緑、黄色と信号機の如き色合いの食卓になってしまいましたが器が小さいからかなんかすごく小食な人の晩御飯みたいに見えますね。実は結構じゃがいもゴロッゴロに入ってるんですけどね。

ワインを飲む日のおつまみレシピ

頻繁にパスタを作る環境にあってもカルボナーラって実はそんなに作りません。が、なんか突然食べたくなってしまったのでした。全卵+チーズのみのレシピだと生クリームもいらないし卵白も余らないので気がラクでいいですね。

うん、家パスタはラクなレシピがいいですよ。あ、パスタじゃなかったわ。

 




関連記事

パセリ大量消費レシピ 7/26 パセリがたっぷり食べられるタブーリ。

えらく静かな土曜日だなあと思ったら、今日は隅田川花火ですか。 そういや、みんなで観に行

記事を読む

イカゲソ兄弟とおじさんと私。

ある週末の夕刻、近所の居酒屋のカウンターで飲んでいると、すぐ後ろのテーブル席にファミリーの姿

記事を読む

キャベツの塩昆布炒め献立

キャベツの塩昆布炒め、わさびオイル納豆献立。

しょっぱいものが好きです。 やたらと塩気がキツいものが好き、というよりも、輪郭のはっき

記事を読む

カレイの煮付け

カレイの煮付け、トマトのおろし和え献立。

大量に摂取している食材はといえばダントツで野菜なのですが、最近魚の割合も増えてきたような。

記事を読む

牡蠣豆腐

牡蠣豆腐、焼きれんこん献立。

初牡蠣です。 外ではすでに何度か口にしておりましたが、家飲みつまみとしては今シーズン初

記事を読む

家飲み献立 10/19 鶏とトマトのしょうが蒸し他全5品で晩酌。

部屋の向きのせいか、夕方以降はとても寒く感じます。が、今日はそんなに風は冷たくなかったのかな

記事を読む

埼玉の酒 帝松 社長の酒 吟醸酒で晩酌 秋刀魚の梅昆布蒸し。

先日埼玉・川越へ出かけておりまして、自分土産に日本酒を購入してまいりました。 蔵造りの

記事を読む

40代1人暮らしの晩ご飯 カラフルな食卓。

葉野菜が好きなもので、普段はどうしても緑の多い食卓になってしまいます。 が、今夜は違う

記事を読む

1人暮らしの晩ご飯 8/29 2色ピーマンの炒め物。

うーん…今日も肌寒い1日でしたねえ…。 ここ数年、日本の気候はあきらかにおかしくなっていると感

記事を読む

だし巻き染おろし、分葱と揚げのぬた 家飲みおつまみ。

キャベツがあるから今日は魚と一緒に蒸すか。 そう考えて魚に強い店に意気揚々と向かうも残

記事を読む

Comment

  1. 柴犬LOVE より:

    毎日楽しみに読み逃げしています(笑)
    私も独り身で晩酌派。
    これまでは週末にせっせと常備菜作りに励んでいたけれど、crispyさんみたいにお手軽で超美味しそうなおつまみをちょこちょこ作ればいいんだなぁと肩の荷が下りたような気分です。
    すぐ隣にスーパーがあるのになぜかまとめ買いしていた私ですが、crispyさんのまねっこしてやってみまーす。どんどんレシピ、教えてください。

    • crispy-life より:

      柴犬LOVEさん

      コメントありがとうございます、読み逃げ大歓迎です!

      大量のカレーにカビ生やしたり自作玉ねぎドレッシングを食べきる前に飽きてダメにしたりというさまざまな失敗を経て現在のスタイルにたどり着きました。やってみるとこれが意外に一番ラクだったり。
      実は一番好きなのは飲みながらちょこちょこ作る、なんですけどね。まあそれやりだすとエンドレスで飲み食べ続ける恐れがあるのであんまりおすすめはできませんが。

      レシピというほどの凝った料理はありませんが、参考にしていただけると嬉しいです。そして私も柴犬大好きです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑