家飲みおつまみ 焼き大根、分葱の梅しらす和え。

公開日: : 最終更新日:2016/12/06 家飯, 食べること ,

焼き大根

野菜を焼くだけ。

そういう料理とも言えない料理が好きです。

作るのが楽だから、というのもありますが、少ない材料と調味料でできるし何よりシンプルだけれどしみじみとした美味さが好みなのです。

さらには酒のつまみとしても飽きがこなくてなかなかに優秀ときたらもう。

焼き大根で晩酌

焼き大根の献立

  • 奈良漬
  • 豚汁
  • 塩昆布奴
  • 分葱の梅しらす和え
  • 焼き大根

奈良漬

甲南漬

一度に大量に食べるものではない、と悟った刻み漬け。ほんの少しだけを猪口に盛りました。

豚汁

豚汁

こちらは昨日の残り物

塩昆布奴

塩昆布奴

軽く温めた豆腐に塩昆布を乗せてごま油をたらします。あまりに寒かったので冷奴は気が引けて温奴に。

分葱の梅しらす和え

分葱の梅しらす和え

鍋に分葱と少量の水を入れて蒸し、柔らかくなったところでしらすを加え酒を振りざっと絡めます。あたたかいうちに梅干しを叩いて太白ごま油で伸ばしたもので和えたら完成。

焼き大根

焼き大根

フライパンにオリーブオイルをまぶした大根をのせ塩、胡椒を振り蓋をして弱火でじっくり蒸し焼きにします。両面こんがり、芯まで柔らかくなったらOK。このままでも、醤油やポン酢をかけても。

いやー、地味ですね。田舎のおばあちゃん家の食卓ですね。でもおばあちゃんはこれで酒は呑みませんかね。いや、うちの祖母は結構な年齢までガンガン呑んでましたから決め付けはいけませんね。

日本酒にあうおつまみレシピ

何か青みになる葉野菜を、と野菜売り場を見渡してみるもピンとくる食材がなく消去法で入手してありものを合わせただけ。そんな消極的な状況で食卓に並んだ和え物なのになんて酒に合うんでしょうか。こんな上品な量じゃなくてもっと山盛り作ればよかったなあと反省。ぬたもいいけど、梅肉和えも侮れないね、分葱。

そして本当はメインをだし巻きにするつもりだったのですが、豆腐もあるし、申し訳程度の豚肉も豚汁に入ってるし、たんぱく質過多かしら、などと考えて焼き大根に変更。時間はかかるけど焼き大根のほうが大根おろしよりもラクだしね。

時間がない場合はもっと薄切りにして焼いてもそれなりに美味いのですが、やっぱり厚切りでドカンと焼いたほうが大根のジューシーさが感じられていい。別に出汁もなんにも吸っていない単体の状態であっても大根ってかようにみずみずしいのね、と感心しながらぬる燗をちびちびとやる夜なのでした。

ありがとう、大根、好きだよ、野菜。

 




関連記事

一人暮らしの家飲みメニュー 7/31 暑い日。辛いヤムウンセンとビール。

今って真夏?真夏なの?   久しぶりに迎える日本の夏。 東南アジア各国のほうが過ご

記事を読む

塩豚と白菜のソテー献立

塩豚と白菜のソテー、ごぼうの黒七味醤油漬。

昨日は午後の時間が少々空いたので、キッチンで下ごしらえ作業をしていました。 基本的に毎

記事を読む

だし巻き染おろし、分葱と揚げのぬた 家飲みおつまみ。

キャベツがあるから今日は魚と一緒に蒸すか。 そう考えて魚に強い店に意気揚々と向かうも残

記事を読む

青梗菜塩炒め

青梗菜の塩炒め、にら納豆献立。

ずいぶん昔に、青梗菜に凝ったことがありました。 おそらく中華料理店で食べた青梗菜炒めが

記事を読む

鍋出汁味噌汁

白菜とベーコンの酢炒め、さつまいものレモン煮献立。

白菜頼みここに極まれり、といった趣の晩酌献立です。寒い時期の白菜摂取率はかなり高めの我が家

記事を読む

油揚げのねぎ味噌チーズ焼き

盗まれて、なおも愛しき泥棒たち。

晩酌献立頻出食材である油揚げ。味噌汁に入れたり、和え物にしたり、炒めたりと、それはそれはお

記事を読む

稲里純米 磯蔵酒造

茨城の酒 稲里純米で晩酌 ピーマンの卵炒め、蒸し鶏と小松菜の和えもの。

昨日は珍しく1合缶。 当然あっという間になくなったので補充が必要です。 最近近所の

記事を読む

豆腐の卵とじ、アンチョビかぼちゃなど5品で晩酌。

キッチンで晩ごはん準備をしている途中のこと。 窓から圧倒的な夕焼けが見えたので急いで部

記事を読む

一人晩酌 9/1 豚の蒸し鍋、レンコンとにんじんのきんぴら。

週末は立て続けに外食して、しかもがっつりフレンチとかいっちゃったものだから、心なしか体が重い…。

記事を読む

秋鮭と白菜のしょうが蒸し献立

秋鮭と白菜のしょうが蒸し、にら奴で家飲み。

先日のタルタルソース添えに使った残りの秋鮭は毎度おなじみの酒蒸しに。 夏の終わりにして

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑