ごぼうと油揚げの卵とじ、焼きかぶ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

ごぼうと油揚げの卵とじ献立

ごぼう欲が高まる瞬間などそう頻繁に訪れるものではない。しかしその瞬間が夕刻の買い出し中にいきなり「来た」もので、卵とじにしました。

今、書きかけてふと過去記事を繰ってみると、去年の今頃同じような献立で飲んでいた。

豚とごぼうの柳川煮、蕪の梅和えで晩酌

メインにごぼうの卵とじ、副菜はかぶ。春先はこの組み合わせで飲みたくなる癖でもあるのでしょうか。

ごぼうと油揚げの卵とじ、焼きかぶで晩酌

180227_ienomi_1

  • 海苔と豆腐の味噌汁
  • 大根のポン酢漬け
  • 焼きかぶ
  • ごぼうと油揚げの卵とじ

海苔と豆腐の味噌汁

海苔と豆腐の味噌汁

いりこ出汁で豆腐をさっと温めて味噌を溶き入れたものをちぎった海苔を入れたお椀に注ぎ、さらしねぎを乗せた味噌汁。

焼きかぶ

焼きかぶ

くし型に切ったかぶにオリーブオイルをまぶしてからフライパンで焼いてうつわに盛り、粗塩と胡椒を振る。ちょっと焼きすぎ。

ごぼうと油揚げの卵とじ

ごぼうと油揚げの卵とじ

フライパンに水、しょうゆ、みりんを煮立て、油揚げとささがきにして軽く水にさらしたごぼうを煮ます。最後に溶き卵を流し入れ、固まったら三つ葉を散らして完成。

肉っけのない本日のごぼうの相方は油揚げ。大きめに切って煮たのでなかなか存在感があるし、ごぼうもしっかり歯応えがあるし、で、結構満足感がありました。

相変わらずの熱燗にてちびちび。

日本酒にあうおつまみレシピ

もうそろそろ、ひやでいけるかな。ビールはもうちょい先かな。

甘味探求宣言から1年

mirin

さて、去年の類似献立日にみりんについて言及しておりました。

酒やらみりんは習慣でつい適当に使ってしまいがちなのでしばらく意識して自分の好みを探ってみるとします。

探ってみる、と宣言してから1年。

探るなんてたいそうなことはできず、結局日々似たようなつまみを作り続けただけに過ぎませんが、甘味問題に関してはひとつの答えが出ております。それは

「やっぱり砂糖はいらなかった」

ということ。

3年前に書いた調味料リストに砂糖が入っていないことで当時そこそこ叩かれたのですが(根に持っている)、私が普段好んで作り、食べているつまみ類に限っていえば、みりんの甘さで事足りるのではと思っています。

たまにドレッシングにはちみつを使ったりもしますが、しょうゆ味の甘辛系煮もの、例えば親子煮とか肉豆腐、煮魚あたりの甘味もみりんで十分。

金目鯛のかぶと煮、水菜ときのこのおひたし献立。

もちろん、みりんと砂糖の甘さは別ものなので、しっかりした甘味を好む場合はみりんだけでは物足りないかも。逆に、私同様甘味の強い料理が苦手な場合はみりんでやり過ごせるのではないでしょうか。あ、もしかしたらみりんを使わずともいけるのか。そこはまだ意識したことがないなあ。

やたらとみりんびいきなのは、単に酒飲みだからでしょう。そしてみりんの作用で肉や魚が固くなる云々が気にならないのも多分、長時間煮る料理を作らないから、なのでしょう。調理に時間をかけない派、というか、凝った料理のレパートリーがないもので。

ちなみに、みりんは現在も有機三州味醂を愛用中。一人暮らしなら500mlサイズでもかなり長持ちします。

 




関連記事

シンプルライフの成れの果て。

普段は朝と夜の1日2食体制を基本としていますが、誰かと一緒にとか、打ち合わせを兼ねて、なんて

記事を読む

きくらげと白葱の和えもの他5品。

夕方、光化学スモッグ注意報が出ましたね。 いきなり放送が流れ出したのでちょっとビビリましたよ。

記事を読む

ゴーヤチャンプルー献立

最低限の活動のみ、あとはただ眠るだけ。

前回に引き続き、夏らしい献立を。夏のお約束、今年もはじめました。ゴーヤもこの時期店頭に並ぶ

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエで赤ワイン。

もうそろそろ本格的に春がやってくるけれど、そういやこの冬食べてなかったな。 とふと思い

記事を読む

鯖のオイル煮、ラディッシュのバター添えで白ワイン。

鯖2days。2日目は生姜たっぷりの甘辛煮付けにしようと固く心に決めておりました。 そうな

記事を読む

飲める献立 9/5 焼き厚揚げ、鶏皮とザーサイの和え物。

週末ですね。 今週の東京はいまいちすっきりしない天気が続いていたので、久しぶりに暑くカ

記事を読む

イカゲソ兄弟とおじさんと私。

ある週末の夕刻、近所の居酒屋のカウンターで飲んでいると、すぐ後ろのテーブル席にファミリーの姿

記事を読む

カレイのゆず昆布蒸し

カレイのゆず昆布蒸し、キャベツの梅おかか和えで晩酌。

ゆず、ゆずなあ。 昔地元に豚肉と白菜をゆず風味で蒸した料理が名物の店があって、それはす

記事を読む

焼き大根

家飲みおつまみ 焼き大根、分葱の梅しらす和え。

野菜を焼くだけ。 そういう料理とも言えない料理が好きです。 作るのが楽だから、と

記事を読む

家飲み献立 12/10 干しキャベツで簡単ロールキャベツ。

今朝出掛ける時に近所の八百屋の前を通ったら、かごに山盛りのみかんが100円で売られていました。

記事を読む

Comment

  1. 別府美人 より:

    こんにちは♪ (^o^)丿
    【糖質制限】を始めた際に「砂糖」や「みりん」は廃棄しちゃいました~! (^o^;)
    (その前に処分したのは「洋菓子店のスタンプカード」 www )
    もしかしたらクリスピ~さんは「日本酒」を火にかけてアルコールを飛ばしたぐらいの甘さでもOKかもしれませんヨ~★

    • crispy-life より:

      別府美人さん

      砂糖やみりんを使わない人、近頃増えてますよね。甘辛系は作らない、もしくは素材の甘さに頼って、という感じでしょうか?

      昔は使うのが当たり前だと思っていた砂糖もなけりゃないで困ることはないのだから、確かに酒だけでも事足りるのかも。といいつつも、みりん好きなもので今のところスタメンから外す予定はないのですが、実験はしてみようかなという気になっております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

引っ越しから1年、ものが増えまくっている。

新居に越してから、早1年が経ちました。持たない暮らし、引っ越

ブログ開設10周年、あとは「老後」のお楽しみ。

カリッとした毎日。を開設したのは、2014年7月3日。なんと

働くことに飽きている。

自分の中で「かなり重い」と認識している案件の打ち合わせ前日。

腰痛改善記録、椅子がこわい。

腰痛改善計画の続きです。 長年苦しみ続けている腰痛を改

Speed Wi-Fi 5G X12 NAR03に機種変更。

数年に1度のことなのに、なぜ毎度毎度こんなに面倒なのだ!と吠

→もっと見る

PAGE TOP ↑