ごぼうと油揚げの卵とじ、焼きかぶ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

ごぼうと油揚げの卵とじ献立

ごぼう欲が高まる瞬間などそう頻繁に訪れるものではない。しかしその瞬間が夕刻の買い出し中にいきなり「来た」もので、卵とじにしました。

今、書きかけてふと過去記事を繰ってみると、去年の今頃同じような献立で飲んでいた。

豚とごぼうの柳川煮、蕪の梅和えで晩酌

メインにごぼうの卵とじ、副菜はかぶ。春先はこの組み合わせで飲みたくなる癖でもあるのでしょうか。

ごぼうと油揚げの卵とじ、焼きかぶで晩酌

180227_ienomi_1

  • 海苔と豆腐の味噌汁
  • 大根のポン酢漬け
  • 焼きかぶ
  • ごぼうと油揚げの卵とじ

海苔と豆腐の味噌汁

海苔と豆腐の味噌汁

いりこ出汁で豆腐をさっと温めて味噌を溶き入れたものをちぎった海苔を入れたお椀に注ぎ、さらしねぎを乗せた味噌汁。

焼きかぶ

焼きかぶ

くし型に切ったかぶにオリーブオイルをまぶしてからフライパンで焼いてうつわに盛り、粗塩と胡椒を振る。ちょっと焼きすぎ。

ごぼうと油揚げの卵とじ

ごぼうと油揚げの卵とじ

フライパンに水、しょうゆ、みりんを煮立て、油揚げとささがきにして軽く水にさらしたごぼうを煮ます。最後に溶き卵を流し入れ、固まったら三つ葉を散らして完成。

肉っけのない本日のごぼうの相方は油揚げ。大きめに切って煮たのでなかなか存在感があるし、ごぼうもしっかり歯応えがあるし、で、結構満足感がありました。

相変わらずの熱燗にてちびちび。

日本酒にあうおつまみレシピ

もうそろそろ、ひやでいけるかな。ビールはもうちょい先かな。

甘味探求宣言から1年

mirin

さて、去年の類似献立日にみりんについて言及しておりました。

酒やらみりんは習慣でつい適当に使ってしまいがちなのでしばらく意識して自分の好みを探ってみるとします。

探ってみる、と宣言してから1年。

探るなんてたいそうなことはできず、結局日々似たようなつまみを作り続けただけに過ぎませんが、甘味問題に関してはひとつの答えが出ております。それは

「やっぱり砂糖はいらなかった」

ということ。

3年前に書いた調味料リストに砂糖が入っていないことで当時そこそこ叩かれたのですが(根に持っている)、私が普段好んで作り、食べているつまみ類に限っていえば、みりんの甘さで事足りるのではと思っています。

たまにドレッシングにはちみつを使ったりもしますが、しょうゆ味の甘辛系煮もの、例えば親子煮とか肉豆腐、煮魚あたりの甘味もみりんで十分。

金目鯛のかぶと煮、水菜ときのこのおひたし献立。

もちろん、みりんと砂糖の甘さは別ものなので、しっかりした甘味を好む場合はみりんだけでは物足りないかも。逆に、私同様甘味の強い料理が苦手な場合はみりんでやり過ごせるのではないでしょうか。あ、もしかしたらみりんを使わずともいけるのか。そこはまだ意識したことがないなあ。

やたらとみりんびいきなのは、単に酒飲みだからでしょう。そしてみりんの作用で肉や魚が固くなる云々が気にならないのも多分、長時間煮る料理を作らないから、なのでしょう。調理に時間をかけない派、というか、凝った料理のレパートリーがないもので。

ちなみに、みりんは現在も有機三州味醂を愛用中。一人暮らしなら500mlサイズでもかなり長持ちします。

 




関連記事

トマト黒酢酢豚

トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひたし献立。

かねてより塩分過多疑惑が渦巻いておりました。どこでって、自分の中で。 砂糖を使わない和

記事を読む

油揚げの蕗味噌チーズ焼き

油揚げの蕗味噌チーズ焼き、小松菜としめじのゆず煮びたし献立。

蕗味噌を塗りたくるために、いつもより大きめの油揚げを買いました。 にらの卵炒め、蕗味噌

記事を読む

水菜の卵とじ献立

水菜と油揚げの卵とじ、梅わかめ納豆献立。

先日に引き続き、またまたやや肌寒い日の晩酌献立。さすがにもうあれほど寒い日は訪れはしないでし

記事を読む

こんにゃく麺で韓国冷麺風

休肝日のメニュー 冷麺。

またまた休肝日。 特にサイクルを決めているわけではないのですが、丁度細々とした食材も使い切った

記事を読む

菊水純米吟醸ひやおろし

新潟の酒 菊水 純米吟醸ひやおろしで晩酌 茄子の辛味噌炒め、温奴。

最近ではスーパーでもいろんな日本酒が買えるようになっているけれど、やっぱり酒屋のほうがいろい

記事を読む

塩豚と大根のスープ

塩豚と大根のスープ、わかめと卵の炒めもの献立。

あれ、今週で2月終わるのか。そうかそうか。 暦の上ではすっかり春、とはいえまだまだ温か

記事を読む

焼き鳥

焼き鳥、白菜としめじの酒粕煮献立。

年末年始の帰省中に、家族で焼き鳥を食べに行ったんですよ。 ここ数年、帰省時外食は中華と

記事を読む

白菜としめじの味噌汁 ぬか漬け 小松菜の塩昆布和え ごはん

休肝日ごはん 白菜としめじの味噌汁、小松菜の塩昆布和え献立。

週の始めは休肝日。マイレバーの今後の活躍を願って導入した週休二日制も、すっかり定着しました。

記事を読む

つまみを作ったり、食べたりするイベントについて。

奥さん、6月です。 というか、いきなりの暑さにもう夏が来たのかと思いましたね。いや、6

記事を読む

白ワイン

ワインで家飲み きのこのオムレツ。

ちょっと久しぶり? な感じの週末ワイン。 ちょこちょこ残っていた食材を使い切りたいば

記事を読む

Comment

  1. 別府美人 より:

    こんにちは♪ (^o^)丿
    【糖質制限】を始めた際に「砂糖」や「みりん」は廃棄しちゃいました~! (^o^;)
    (その前に処分したのは「洋菓子店のスタンプカード」 www )
    もしかしたらクリスピ~さんは「日本酒」を火にかけてアルコールを飛ばしたぐらいの甘さでもOKかもしれませんヨ~★

    • crispy-life より:

      別府美人さん

      砂糖やみりんを使わない人、近頃増えてますよね。甘辛系は作らない、もしくは素材の甘さに頼って、という感じでしょうか?

      昔は使うのが当たり前だと思っていた砂糖もなけりゃないで困ることはないのだから、確かに酒だけでも事足りるのかも。といいつつも、みりん好きなもので今のところスタメンから外す予定はないのですが、実験はしてみようかなという気になっております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ゴーヤと厚揚げの黒酢炒め
いつもと少しだけ違う色。

節酒習慣のおかげで飲酒量はぐっと減りましたが、たまに晩酌もし

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

→もっと見る

PAGE TOP ↑