冬から春へ衣替え 白が着たい、白の効果。

公開日: : 最終更新日:2017/04/16 ファッション, ミニマルライフ

minatoku2

暑い。

Tシャツに薄手のジャケットを羽織っただけの軽装でも、暖かいを通り越して暑いと感じた1日。そろそろココナッツオイルも溶けだしそうです。

ここ数週間は春だと浮かれてみたら冬が戻ってくるの繰り返しで騙された感半端なかったわけですが、春もいい加減本気出してきたと判断してよさそうですね。

というわけで衣替えです。




冬から春への衣替え

craft7

衣替え、と言っても冬物をきっちりしまいこんでおくようなスペースもなくその必要もないのでクローゼット構成は年がら年中同じ。なのですが、やることもいくつかあります。

  • ダウンジャケットを洗って保管
  • 大判ストールを洗って保管
  • 湯たんぽを洗って保管
  • ブーツのメンテナンス

以上。

ダウンやストールはそのままクローゼットに収納しておいてもいいけれど、見た感じがなんとなく暑苦しいのでシーズンオフはクラフトボックスにて待機させます。

関連 白のクラフトボックスで収納がない部屋の収納を改善。

ちょっとした気分の問題ですね。

あとは花粉情報をチェックしつつ掛け布団の丸洗いをしたら衣替え完成です。

関連 オールシーズンこれ1枚計画の逆転劇。

布団も湯たんぽも厳密には「衣」じゃないですが、ついでということで。

白が着たい、白が怖い

white_spring

さて春となればなんとなく白が着たいなあと思うのです。

淡いピンクとか黄色、水色あたりのパステルカラーが苦手なので、軽さを出すとなるとどうしても白になる。白は基本の色でもあるし、差し色としても使えるよき色です。

関連 1週間着まわしページ担当スタイリストがいちばん大切にしていること。

しかしやっぱり白を着るのは緊張します。何でって、汚れるのが怖い。

春夏に愛用している白のコットンパンツは奇跡的に長持ちしているけれど、シミ、汚れ、ハネ飛びなど、これまでどれくらいの白アイテムをダメにしてきたでしょうか。

別に白に限らずしょうゆはいついかなる時も満遍なく飛び散るようにできているし、白は汚れるから選ぶのに躊躇するなんておまえは育ち盛りのわんぱく小僧か、せいぜいたくましく育つがいいって感じですが、やっぱり他の色より気を使うのは事実。

でも、気を使う色だからこそのメリットもあるわけで。

白い服がもたらす効果

whitecloth

汚れてもいいからラク、家で洗えるからラク、シミが目立ちにくいからラク、楽楽楽はラクでいいんだけれど、その楽チンさにかまけていると行動がどんどんわんぱくになっていくなあと。

わんぱくというか、雑になる。

ちょっといい服、シワになりやすい繊細な生地、真っ白なシャツなどを身にまとっていると汚してはならぬと少々気を張るようになるので立ち居振る舞い、行動が自然とていねいなものになるのは当然のこと。

その点、気を使わなくてもよいラクな服は文字通りラクだけど、ダラダラズルズルしがちな雑な人間は倍率ドンさらに倍で雑になるという恐ろしいラクラクの罠が潜んでいるのです。

関連 今すぐ変わる、すぐに見た目を3割よくする方法。

こりゃいかん。いかんよねえ。
たまには白い服を選んで気を張って過ごさねば、持ち前のわんぱく度に磨きがかかってどんどん怠惰さが増長していくばかりだわ。

女性らしさとか女子力云々なるものを自分が取り入れることにそこそこ抵抗がある私。

関連 おばさんバンザイ。

白の服で狙う効果も女性らしいそれではなく、人間らしさというか大人らしさのようなものです。

生まれた時からヒト科だし、大人になってから随分経過しているというのに今更早く人間になりたいとは一体どうしたことでしょう。全く、春はおかしな人が増えますね。

ミニマリストの持たない暮らし

たとえラクな服でも常にシャキッとするのが一番いい方法ではありますが、今週はちょうど出かける予定も多いし、ビクビクハラハラしながら久しぶりに白の力を借りたいと思います。

 






関連記事

desk

今日捨てたもの 8/6 憧れの曲げわっぱ弁当箱。

今月は毎日何かひとつづつ手放していく運動月間です。 なんとなく所有しているものって意外に多

記事を読む

今日捨てたもの

制服状態のリブタートルネックはどこへ消えたのか。

冬服をどうこうしていて、そういやここのところめっきりタートルネックを着ていないな、と思う。

記事を読む

40代のファッション

着ていない服がたくさんあるという幸せ。

ちょっとふわっとマイルドにしておいたほうが好都合、ではあるよね。「大人のおしゃれDo!&am

記事を読む

By: Sharat Ganapati

今日捨てたもの 10/21 カゴの中身をひっくり返す。

By: Sharat Ganapati[/caption] 今日は午後に少し時間があったので

記事を読む

sportsshoes

ミニマリストの秋の靴。

愛するギョサンが履けない季節になってしまいました。 …悲しい。 >>

記事を読む

flowergarden

今日捨てたもの 8/23 似合わなくて使えない帽子。

8月は毎日一つづつモノを手放すというルールを設定し、日々実行しています。 今日は旅に関

記事を読む

By: db Photography | Demi-Brooke

貧乏入門 あるいは幸福になるお金の使い方。

By: alamosbasement[/caption] 先日このブログを始めてから1年が経

記事を読む

By: Travis Wise

ネイルを1本だけ残すなら。

By: Travis Wise[/caption] 日常的にネイルをしなくなって随分と経ちま

記事を読む

手湿疹ケア1ヶ月

この歳で指輪のひとつも持っていないなんてどうかしてる。

今朝、宝石の入ってない宝石箱、いや、アクセサリーケース、もとい、小物入れ?からブレスレットを

記事を読む

By: Kate Ter Haar

少ない服の着まわし、決定的に足りないアイテム。

By: Rubbermaid Products[/caption] 久しぶりにクローゼットの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

taiwan-takami16
夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。

suginami_56
薄くて軽い、お付き合い。

どうやらこの街にも、長く居過ぎたようだ。そう感じたのは、その

卵とわかめのスープ ぬか漬け 小松菜のおひたし 焼き油揚げの酢醤油かけ
焼き油揚げの酢醤油かけ、小松菜のおひたし献立。

すご過ぎないものの力とは。 たまにものすごくおいしいもの

book_1807
積ん読と併読と私。

本1冊を最初から最後まで一気に読み切ることは、ほぼなくなりまし

新玉ねぎ卵炒め献立
新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和え献立。

つい先日さよならを告げたのに、まだ食べます。 蒸し鶏の香

→もっと見る

PAGE TOP ↑