冬から春へ衣替え 白が着たい、白の効果。

公開日: : 最終更新日:2017/04/16 ファッション, ミニマルライフ

minatoku2

暑い。

Tシャツに薄手のジャケットを羽織っただけの軽装でも、暖かいを通り越して暑いと感じた1日。そろそろココナッツオイルも溶けだしそうです。

ここ数週間は春だと浮かれてみたら冬が戻ってくるの繰り返しで騙された感半端なかったわけですが、春もいい加減本気出してきたと判断してよさそうですね。

というわけで衣替えです。

冬から春への衣替え

craft7

衣替え、と言っても冬物をきっちりしまいこんでおくようなスペースもなくその必要もないのでクローゼット構成は年がら年中同じ。なのですが、やることもいくつかあります。

  • ダウンジャケットを洗って保管
  • 大判ストールを洗って保管
  • 湯たんぽを洗って保管
  • ブーツのメンテナンス

以上。

ダウンやストールはそのままクローゼットに収納しておいてもいいけれど、見た感じがなんとなく暑苦しいのでシーズンオフはクラフトボックスにて待機させます。

関連 白のクラフトボックスで収納がない部屋の収納を改善。

ちょっとした気分の問題ですね。

あとは花粉情報をチェックしつつ掛け布団の丸洗いをしたら衣替え完成です。

関連 オールシーズンこれ1枚計画の逆転劇。

布団も湯たんぽも厳密には「衣」じゃないですが、ついでということで。

白が着たい、白が怖い

white_spring

さて春となればなんとなく白が着たいなあと思うのです。

淡いピンクとか黄色、水色あたりのパステルカラーが苦手なので、軽さを出すとなるとどうしても白になる。白は基本の色でもあるし、差し色としても使えるよき色です。

関連 1週間着まわしページ担当スタイリストがいちばん大切にしていること。

しかしやっぱり白を着るのは緊張します。何でって、汚れるのが怖い。

春夏に愛用している白のコットンパンツは奇跡的に長持ちしているけれど、シミ、汚れ、ハネ飛びなど、これまでどれくらいの白アイテムをダメにしてきたでしょうか。

別に白に限らずしょうゆはいついかなる時も満遍なく飛び散るようにできているし、白は汚れるから選ぶのに躊躇するなんておまえは育ち盛りのわんぱく小僧か、せいぜいたくましく育つがいいって感じですが、やっぱり他の色より気を使うのは事実。

でも、気を使う色だからこそのメリットもあるわけで。

白い服がもたらす効果

whitecloth

汚れてもいいからラク、家で洗えるからラク、シミが目立ちにくいからラク、楽楽楽はラクでいいんだけれど、その楽チンさにかまけていると行動がどんどんわんぱくになっていくなあと。

わんぱくというか、雑になる。

ちょっといい服、シワになりやすい繊細な生地、真っ白なシャツなどを身にまとっていると汚してはならぬと少々気を張るようになるので立ち居振る舞い、行動が自然とていねいなものになるのは当然のこと。

その点、気を使わなくてもよいラクな服は文字通りラクだけど、ダラダラズルズルしがちな雑な人間は倍率ドンさらに倍で雑になるという恐ろしいラクラクの罠が潜んでいるのです。

関連 今すぐ変わる、すぐに見た目を3割よくする方法。

こりゃいかん。いかんよねえ。
たまには白い服を選んで気を張って過ごさねば、持ち前のわんぱく度に磨きがかかってどんどん怠惰さが増長していくばかりだわ。

女性らしさとか女子力云々なるものを自分が取り入れることにそこそこ抵抗がある私。

関連 おばさんバンザイ。

白の服で狙う効果も女性らしいそれではなく、人間らしさというか大人らしさのようなものです。

生まれた時からヒト科だし、大人になってから随分経過しているというのに今更早く人間になりたいとは一体どうしたことでしょう。全く、春はおかしな人が増えますね。

ミニマリストの持たない暮らし

たとえラクな服でも常にシャキッとするのが一番いい方法ではありますが、今週はちょうど出かける予定も多いし、ビクビクハラハラしながら久しぶりに白の力を借りたいと思います。

 




関連記事

ZOZO USEDの買取査定額が確定した。

先日ZOZO USEDに送った洋服たちの査定額が確定しました。 >>参考

記事を読む

最小限の旅の持ち物、パソコンもカメラも邪魔。

By: Alejandro Pinto[/caption] 身軽な旅をするならば荷物は最小限

記事を読む

マスクは苦しいからつけたくない。

ドライでアーバンな大人同士のお付き合いなので、普段は実家に電話の1本入れることがない。便りがない

記事を読む

40代のニベアはありか、ナシか。

By: Justus Blümer[/caption] スキンケアを冬バージョンに変えて3ヶ

記事を読む

収納のない部屋用にストレージボックスを買ってみた。

先日から検討していた収納問題について、ようやく一歩前進しそうです。 >>参

記事を読む

場所を取るけど絶対に捨てられないもの。

By: Chris Potter[/caption] 場所を取るので捨てたいけど捨てられない

記事を読む

いつでも欲しい情報にアクセスできる恐ろしさ。

By: Matthew Pearce[/caption] 手のひらで扱える薄くて軽いものを使

記事を読む

今日捨てたもの 8/15 靴べらを使った記憶はゼロに等しい。

今月は毎日何かを1つ処分すると決め、毎日実行中です。 毎朝起きてすぐ 「さて今日

記事を読む

少ない服で着回す、デニムを履かずに暮らせるか。

思い出せるだけでもここ3年で6本目だと思います。 6本手放してもまだあるんだから一時は

記事を読む

70代ミニマリスト主婦の年明け ’17。

今年もお正月は両親宅にて過ごしました。 毎回の帰省イベントを少々の緊張とともに迎えるの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑