持たない暮らしと旅の小さなクローゼット。

公開日: : 最終更新日:2017/09/08 ミニマルライフ, 旅人への道

cebucity1608_1

40代ともなれば安ホテルに泊まるのはなかなかキツいよね、という人も多いのですが、一人旅の時は手軽なホステルを利用することが多い私。

もちろん旅の目的によって泊まる場所も変えるのですが、数週間以上の中長期の旅が多い私にとってはゴージャスなホテルよりも手頃かつ便利なホステルのほうが使いやすいことも多いのです。

関連 荷物を持たないバックパッカー。

が、今回滞在しているのはキッチン付きのワンベッドルームアパートメント。宿の詳細はまた改めて書きますが、いろいろ思うところがありました。

クローゼットは便利だった

ミニマリストのクローゼット

私が今回利用している部屋のベッドルームにはコンパクトなクローゼットが設置されています。なんとなく馴染みのあるサイズ感…と思ったら、10年ほど前に住んでいたマンションのそれとそっくりの作りでした。

当時はそのクローゼットのサイズがどうにも不満でもっと収納が多い部屋に引っ越したいと念仏のように唱えていたものですが、久しぶりに使ってみるといやいや、これでも十分なサイズではないですか。

そんな風に感じるのは私が普段収納のない部屋で暮らしているからでしょう。

関連 収納がない部屋の収納を考える。

短期滞在とはいえなんだか嬉しくて着いてすぐにスーツケースの中身を全てクローゼットに移したのでした。

今回はスーツケースを持参してはいるけれど夏だし、南国だしで、さほど多くの荷物を持ってきているわけでもなく、いつも通りの必要十分量。全ての荷物を移動させても小さなクローゼットはご覧の通りスッカスカです。

当時は小さすぎると感じたものだけれど、今だったらこのサイズでも十分戦えるなあ。そして、クローゼットがあれば今よりもっとすっきりとした部屋を実現できる。

この2年間何回同じことを言っているのだ、という感じではありますが、やっぱり収納のある部屋に引っ越したい。まあ引っ越しよりも旅を優先しているのがそもそもの問題なのだけど。

※追記 引っ越しました。
関連 持たない暮らし、引越し作業は20分。

理想の部屋に住む方法

セブ島 マンゴー

ところで今回滞在している場所はかなり快適です。特に豪華さはないけれど必要なものは全て揃っているし、広さは十分だし、間取りも好み。共有スペースも充実していて買い物や食事にも便利なロケーションとなかなか理想的な物件。東京で同レベルの賃貸物件に住もうと思ったらそこそこのコストがかかりそうだけれど、こうして1年に数ヶ月単位で仮住まいしてみるのも楽しいなあ。

私は素敵な部屋で住みたい、過ごしたいという気持ちはとても強いけれど、理想の部屋を所有したいという欲はかなり希薄。

関連 意外と簡単、プール付の豪邸暮らし

東京に拠点を置きつつ年に数回理想の住まいで過ごす期間を設ける。これが定住志向と所有欲の少ない私にとってはベストな方法なのでしょう。

ミニマリストの持たない暮らし

さて今夜は特に予定もないので広々としたテラスで本を読みながらビールでも呑もうかしら。それにしてもやっぱり部屋にクローゼットが欲しいぞ、と考えるのでした。

※追記  アパートメントの詳細書きました
関連 セブ島長期滞在におすすめ キッチンつきアパートメントホテル。

 




関連記事

新しいものが、早々となくなっていく感覚。

何も調べていない状態なもので素っ頓狂なことを書きそうですが、itunesがなくなるって、何を

記事を読む

パスケースに入れるものと入りがちなもの。

By: Chris Potter[/caption] 去年の夏、財布に関してこんな記事を書

記事を読む

乾いた人生、シンプル・やめるが正解ではない。

By: Stein Magne Bjørklund[/caption] 思い返せばいつも乾燥

記事を読む

きのこスープ

スープを3日間食べ続けて旅行の疲れを癒す。

旅行から帰るとかなりの確率で増量します。で、増量分は帰宅後3日で落とす、というスタイルがここ

記事を読む

老後の暮らし、それのどこがそんなに不安なんですか。

帰り道に立ち寄った書店で自営業者に向けた老後のお金に関する本を見かけてふと手に取る。

記事を読む

ブランディア(Brandear)の買取査定額が確定した。

先日査定申込をしていたブランディアから、買取額確定のメールが来ました。 参考 ブランデ

記事を読む

少ない洋服を着回す旅、デニム以外の選択肢。

デニムが好きなので、年がら年中デニムばっかりはいています。 今回の旅でも移動中はもちろ

記事を読む

ペットと一緒に温泉に泊まろう。日本散歩・栃木県

東京から車で約3時間。栃木県日光市・鬼怒川温泉に猫2匹を連れて遊びに行ってきました。

記事を読む

最低限の化粧、旅に持っていくメイク用品。

By: francois karm[/caption] 旅の荷物を少なくするには服と化粧品類

記事を読む

ベトナム一人旅の食事 ニャチャンで貝やネムヌォンを満喫。

ベトナム一人旅の食記録、ニャチャン編です。 ホーチミン一人旅、ビール片手に食べたもの。 海沿

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑