秋ファッション、カシミヤニットのコーディネートを再考する。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

季節が変わって手持ちの服を使った秋のコーディネイトをあれこれ考える今日この頃。

今ある服と真剣に向き合うキャンペーンはまだまだ継続中です。

参考 洋服が少なくなると、コーディネイトはもっと真剣になる。

数は絞れてきているものの、まだまだそのポテンシャルを引き出せていないアイテムもあり。

今日もそんな1枚と向き合ってみました。

珍しいピンクのニット

「珍しい」と言ってますが、別にレアアイテムとかではなく、自分にしては珍しい、というお話。

そうなんです。ピンクとかレースとかふんわり可愛らしいものが苦手な私がピンクを選ぶのは凄く珍しいことなのです。

lucien pellat-finetでピンクのカシミヤニットを購入したのは10年近く前のこと。とある仕事関係のイベント用に新調したものです。

当時の私は何かイベントやお出かけの予定がある度に新しい服を買っていました。買い物に行く前からこういうアイテムが欲しい!と思い描いて出掛けることが多かったのでとんでもないものを衝動買いする、なんて失敗は少なかったのですが、期日までに思い描いたデザインのものが必要な状況が多かったので、予算オーバーしていようが、サイズが合わなかろうが、エイや!で買ってしまうことも少なくはなかったような。

で、そのイベントの時は自分の考えたコーディネイトができて満足なのですが、その後なかなか活用できない。冷静に考えるとサイズ合ってないよな、とか、着まわしきかないよね、なんてこともしばしばでした。

なんか、ひどい。

イベントに合わせて服を買うという高揚感はとっても素敵な感情でそれ自体は今でも否定しませんが、後々の服の扱いがあまりにもずさんだったことは反省しています。ごめんなさい、私の選んだ服たちよ。

カシミヤニットのコーディネート

ルシアンペラフィネニットコーデ

で、ピンクのニット。

プレーンなシルエットなのでトレンド云々は特に問題のないアイテム。なのになぜしばらく活用できていなかったのかと原因を考えてみるとノースリーブだから、でした。

購入した当時はキャミソールをインしてそのまま肩を出して着ていたのですが、最近は肩を出すスタイルを好まなくなったことが原因かと。ならば長袖のTシャツと合わせてみるかと考えて、白Tシャツ+デニム+パンプスのコーディネートで復活させてみました。

おお、全然いけるじゃないか。

そうだそうだ、ピンクは苦手な私でもちょっとくすんだ感じのこのピンクには抵抗がないんだった、と久しぶりに着て思い出しました。

肩を出したくないんだったらジャケットにインしてもいいし、シャツと合わせるのもアリだし、で、まだまだ活躍してくれそう。

またお気に入りのアイテムを復活させることができてにんまり満足なのでした。

 




関連記事

将来に不安を感じることには意味がない。

By: Loren Kerns[/caption] 「ブレない人」 その響きはものすご

記事を読む

旅の荷物が少ないことのもうひとつの利点。

By: The Library of Virginia[/caption] 放浪癖があるので

記事を読む

少ない服の着まわし、決定的に足りないアイテム。

By: Rubbermaid Products[/caption] 久しぶりにクローゼットの

記事を読む

捨てられない写真の処理に使えるサービス。

断捨離系のブログを見ていると、いくつかのカテゴリーに分かれる気がします。 汚部屋脱出

記事を読む

一生お金に困らない自信とその方法。

どうなのよ、仕事のほうは。母に問われて、ぼちぼちですねと適当に答える。 ちなみに母は私

記事を読む

楽天モバイルを契約しなかった理由。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約には至りませんでした。今年の春

記事を読む

いい年をした大人がフラフラすべきではない論。

前回引っ越してから1年が経過しました。 関連 持たない暮らし、引越し作業は20分。

記事を読む

旅の準備が簡単になった理由。

By: JD Hancock[/caption] 旅に出るのは好きだけど、旅の準備が苦手で.

記事を読む

持たない暮らし実践中の年末大掃除。

師走に入り、そろそろ年末の準備に入っている方も多いのではないでしょうか。 今年の仕事納

記事を読む

70代ミニマリスト主婦のファッション。

みんなのアイドル、70代ミニマリスト主婦。約8ヶ月ぶりの登場です。 70代ミニマリスト

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

やりたいことをやる中年。

長年あたため続けてきた大イベントを、今月ようやく開催できまし

東京大仏
「過去は変えられない」の嘘。

他人と過去は変えられないけど、自分と未来は変えられる。とか、

トマトの卵炒めのっけ丼献立
お手本がある時代のありがたさ。

少し久しぶりに、献立の話でも。相変わらず平日の質素飯生活が続

浜松町駅から東京タワー
大事なものに躊躇なく投資するための、正しい節約のススメ。

10年ぶりにスマホに回帰したので、毎月携帯料金が発生すること

先月の携帯代は94円。

10年ぶりにスマホを契約してから、早1ヶ月が経過しました。約

→もっと見る

PAGE TOP ↑