秋ファッション、カシミヤニットのコーディネートを再考する。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

季節が変わって手持ちの服を使った秋のコーディネイトをあれこれ考える今日この頃。

今ある服と真剣に向き合うキャンペーンはまだまだ継続中です。

参考 洋服が少なくなると、コーディネイトはもっと真剣になる。

数は絞れてきているものの、まだまだそのポテンシャルを引き出せていないアイテムもあり。

今日もそんな1枚と向き合ってみました。

珍しいピンクのニット

「珍しい」と言ってますが、別にレアアイテムとかではなく、自分にしては珍しい、というお話。

そうなんです。ピンクとかレースとかふんわり可愛らしいものが苦手な私がピンクを選ぶのは凄く珍しいことなのです。

lucien pellat-finetでピンクのカシミヤニットを購入したのは10年近く前のこと。とある仕事関係のイベント用に新調したものです。

当時の私は何かイベントやお出かけの予定がある度に新しい服を買っていました。買い物に行く前からこういうアイテムが欲しい!と思い描いて出掛けることが多かったのでとんでもないものを衝動買いする、なんて失敗は少なかったのですが、期日までに思い描いたデザインのものが必要な状況が多かったので、予算オーバーしていようが、サイズが合わなかろうが、エイや!で買ってしまうことも少なくはなかったような。

で、そのイベントの時は自分の考えたコーディネイトができて満足なのですが、その後なかなか活用できない。冷静に考えるとサイズ合ってないよな、とか、着まわしきかないよね、なんてこともしばしばでした。

なんか、ひどい。

イベントに合わせて服を買うという高揚感はとっても素敵な感情でそれ自体は今でも否定しませんが、後々の服の扱いがあまりにもずさんだったことは反省しています。ごめんなさい、私の選んだ服たちよ。

カシミヤニットのコーディネート

ルシアンペラフィネニットコーデ

で、ピンクのニット。

プレーンなシルエットなのでトレンド云々は特に問題のないアイテム。なのになぜしばらく活用できていなかったのかと原因を考えてみるとノースリーブだから、でした。

購入した当時はキャミソールをインしてそのまま肩を出して着ていたのですが、最近は肩を出すスタイルを好まなくなったことが原因かと。ならば長袖のTシャツと合わせてみるかと考えて、白Tシャツ+デニム+パンプスのコーディネートで復活させてみました。

おお、全然いけるじゃないか。

そうだそうだ、ピンクは苦手な私でもちょっとくすんだ感じのこのピンクには抵抗がないんだった、と久しぶりに着て思い出しました。

肩を出したくないんだったらジャケットにインしてもいいし、シャツと合わせるのもアリだし、で、まだまだ活躍してくれそう。

またお気に入りのアイテムを復活させることができてにんまり満足なのでした。

 




関連記事

40代の服選び。もう楽な服しか着たくない!

雑誌「クロワッサン」の最新号がファッション特集です。 テーマは「シックでおしゃれは譲れないけど

記事を読む

荷物の少ない旅。スーツケースは不要?

By: MIKI Yoshihito[/caption] 今回の旅では初めてLCC(Low

記事を読む

持たない暮らしともしもの備え。災害時の備蓄を考える。

By: Robert Benner[/caption] 台風が猛威を振るっています。

記事を読む

スウェットパンツで外出できるか。

寒いの嫌い嫌い族なもので、防寒への関心は高いです。 だからこそ、この時期の完全オフの日

記事を読む

こなれた着こなし、ユニクロ着てて恥ずかしくない?

こなれた着こなしとかこなれ感なる、それは一体どういうスタイルのことを指しているのでしょうかと

記事を読む

好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを逃している。

By: Thomas Beck[/caption] 先日民放ラジオ101局特別プログラムなる

記事を読む

Wi2 300 オプションエリア(premium)の無料提供が終了で使えなくなった。

携帯会社との契約ナシにiPhoneを使っている身分としてはカフェや駅、コンビニなどで使えてかなり

記事を読む

旅に出てわかる、自分が必要としているモノ。

By: Paragon Apartments[/caption] 今回の旅に持参した私物(洋

記事を読む

暮らしの定点観測のすすめ。

食の定点観測、毎日の晩酌献立を記録し続けています。 関連 家飯 一人晩酌献立 手

記事を読む

モノを持たない人間の好奇心とコンプレックス。

By: Curran Kelleher[/caption] 友人(40代・女性)がいきなり男

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑