荷物を持たないバックパッカー。

公開日: : 最終更新日:2016/07/24 ミニマルライフ, 旅人への道

誰かと一緒の場合以外はさほど積極的に観光地巡りをしないタイプです。

いや、もちろん行きたいところ、見たい場所へはちゃっかり出向くのですが、とりあえず有名どころは抑えとかなきゃ!と分刻みのスケジュールで動き回るのが苦手、というか。

関連 一人旅の正しいお作法。

今更こんなこと言うのもなんですが、私多分そんなには旅行が好きじゃないんです。

いやいやいや、アンタ結構フラフラ出かけてるでしょ?
まあ、そうですねえ。




バックパッカーの定義

何回も同じことばかり書いて恐縮ですが、とにかく重い荷物を持つのが苦手なので旅の荷物の軽量化についてばかり考えている今日この頃。基本的に荷物は少なめであってもスーツケースを持ち出すのはスーツケースは台車であると考えているからです。

関連 荷物の少ない旅。スーツケースは不要?

今回はスーツケース自体が邪魔になりそうなので台車使いは諦めますが。

先日散々鞄を探し歩いて気がついたのですが、そこそこ長期の旅に出るのにスーツケースを持たないのであれば選択すべきはバックパックなんですよね。でも荷物背負うのも苦手だし私はバックパッカーにはなれないわ、と常々思っていたのですが。

あれ?バックパッカーの定義ってなんだっけ?

参考 バックパッカー(wikipedia)

バックパッカーとは、低予算で国外を個人旅行する旅行者のことを指して使われてきた言葉である。バックパック(リュックサック)を背負って移動する者が多いことから、この名がある。

ほうほう。

従来の旅行者との違いとして、移動に公共交通機関を使うこと、ユースホステルや安宿を伝統的なホテルよりも好むこと、世間的な休暇よりも長い期間に亘ること、バックパックを使うこと、観光地を見るだけでなく、地元の住人と出会うことにも興味があることなどが挙げられる。

なんと、バックパックを持って移動する人が多いから「バックパッカー」と呼ばれるだけであって、別にバックパック背負ってなくてもバックパッカーってことですね?
長期間バックパック背負って世界一周とか大陸横断とか主に陸路で移動する旅人のことを指すのだと思ってました。 (恥)。

VIPライナー

誰でもバックパッキングの時代

3Howw Hostel

あれ?

じゃあ個人旅行でLCC使ったりゲストハウスを選んだりする最近の私の一人旅ってバックパッキングじゃない?
私はバックパッカーにはなれません、とか言ってたけど、実は広義ではバックパッカーだったんだ。

なんてかなりどうでもいいことですが、これは結構驚きの事実。

でもよくよく考えてみれば昔に比べてバックパッキングのハードルはここ数年で下がりまくっています。

LCC含む航空券はスカイスキャナーとかで検索すれば一発で最安値発見できるし、ホステルも現地で一生懸命探さなくても事前にAgodaエクスペディアを使えば普通のホテルと何ら変わりなく予約できる。現地での長距離移動列車の切符とか観光スポットの入場券なんてのもネットで調達。おまけに観光スポットもレストランもTripAdvisorみれば簡単に口コミがチェックできるんだから、みんな好き勝手に自分好みの旅を組み立てられるわけで。

問題は大人はなかなか長期旅行する時間が取れないってところだけですね。だからバックパッキングできるのは依然として大学生とかジョブチェンジ期間の若い人が多くなるんだけど。

沈没手前、40代バックパッカー

さてバックパッキングといえば私の中では未だに「深夜特急」なのだけど、昔バンコクで知り合った大学生の男の子が深夜特急に憧れて世界一周をしてるんだ、って言ってたっけ。おお、今時の子もやっぱり読むんだ!となんだか妙に驚いた記憶があるのです。

深夜特急、最初の香港が一番活き活きしてるよね。おそらく香港が肌に合ってたとかじゃなくて、きっと単に順番の問題。最初がバンコクだったら多分感じ方は変わってると思うのは私だけでしょうか。結局インドでまんまと沈没しちゃうのもまあ納得というか。
でも一箇所に長くいるとだんだん自分が外国人であるという感覚がマヒしてきて最初の頃の新鮮な興奮が薄れていくのは理解できるのです。出会った瞬間が一番新鮮。これは旅に限らず、対人間でも対モノでもなんだって同じことだろうけれど。

ミニマリストの持たない暮らし

さて、積極的に観光スポットを巡らない私はもしかしたらファーストインプレッションの輝きよりもその街に同化することを好む精神的沈没一歩手前状態なのかもしれない。そしてその感覚が好きで出かけて行っている節がある。

とにかく旅行が好き、あちこち行っていろんなものを見てみたい!ってよりは、いろんなところに普通に住み着きたい欲が強いのだから、きっとそういうことなのでしょう。

軽めの沈没ちょい手前。
こんな理由で「旅行がそんなに好きじゃない」ってのは少々大げさだったかな。

 






関連記事

バルセロナ旅行2016

スペイン バルセロナ旅行 治安、持ち物、服装、費用。一人旅でも大丈夫?

クリスマス時期にスペインへ行ってきました。 今回は短い期間だったのでバルセロナとマドリ

記事を読む

runner.min

今日捨てたもの 8/31 『捨てる月間』最終日。

今月1ヶ月間取り組んできた「一日一捨」運動、ついに本日で最終日となりました。 なん

記事を読む

By: Pedro Ribeiro Simões

使わないとダメになるから、使えるうちに使いたい。

By: Pedro Ribeiro Simões[/caption] 昨日は友人と昼呑みを楽

記事を読む

garbage

捨てる効果。モノを捨てれば生まれ変われる?

モノを減らすためには当然モノを捨てる必要があります。 しかし、単に捨てるだけでは快適な

記事を読む

pants

新生活にパンツを100枚。

昔勤めていた頃、転勤ではじめての一人暮らしをすることになった後輩(26歳・男性)が 「

記事を読む

alicia-apartelle-cebu_9

家を持たない旅暮らし。

8月ももう後半。 そして2016年も絶賛後半戦といったところですが、今年は現時点で既に

記事を読む

140830lg

減らす計画、捨てる日々再び。

舌の根も乾かぬうちにとはまさにこのこと。 先日妙に嫌味っぽい記事を書いておいてなんです

記事を読む

railroad

「ため込む生活からミニマリストになった方、教えて」

もう2年ほど前のトピックですが、納得できる部分があったのでシェアします。 >&g

記事を読む

ひとりぜいたく晩酌帖

ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が出来上がりました。 関連

記事を読む

By: Anderson Mancini

ドライヤーを使わない生活に終止符を打つ。

By: Llyfrgell Genedlaethol Cymru / The National L

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め献立
ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め、春キャベツのおひたし献立。

そうそう、ホタルイカも早いとこ食べておかなくては間に合わなくな

サングラス
大人のサングラス事情 この夏の装いを考える。

東京に突然夏が来たので、うれしいやら戸惑うやら。 週間天

あさりと小松菜のオイル蒸し
兵庫の酒 櫻正宗 宮水の華 特別純米酒で晩酌 あさりと小松菜のオイル蒸し献立。

時期的にあさりも食べておかねばなるまい、ということで合わせて新

moalboal-4-3
フラガールのコミュニケーション考察。

「ね、ね、ちょっと!これ見てよーぅ」 弾む声の主が私の目

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。
春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

一時はどうなることかとヒヤヒヤしましたが、春キャベツ、普通に手

→もっと見る

PAGE TOP ↑