収納がない部屋の収納を考える。

公開日: : 最終更新日:2015/06/13 シェアハウス, ミニマルライフ

greek

現在、毎日何かひとつづつモノを捨てるというキャンペーン(?)を実施しています。

参考 「一日一捨」今日捨てたもの

が、9月になったらどうしようかなと考えていました。

今度は何をしましょうか。




 

収納がない部屋で暮らすということ

whitecloset

以前もお話ししましたが、私の部屋には収納がありません。「少ない」ではなく、「ゼロ」です。

参考 収納のない部屋だからできる「地球家族ごっこ」

よって現在、冬服やブーツなどのすぐに使わないものは引越し時のダンボールに入れて、上から以前使っていたカーテンで目隠しをしています。

が、これがそろそろ限界かなあ、と。

そもそも苦肉の策として取り入れたこの収納法。当初、保存用ダンボールは部屋に6箱ありました。それが今は3箱と半分にまで減らすことに成功!引越し業者ダンボールを卒業できそうです。

 

それでも今使うだけの家具は増やさない

antique

とはいえ、今の部屋に長く住むつもりはないので、わざわざ収納家具を購入するつもりはありません。これだけ荷物が減ったのだから、収納のある部屋に移れば全てクローゼット内に収まることはわかり切っているし、せっかく大型の荷物を減らしたばかりのこのタイミングにまた増やしたくはありません。

じゃあどうするか。

今考えているのは、ダンボール製か布製のストレージBOXで対応すること。

 

部屋にそのまま置いておいても見た目にうるさくないものであれば現在目隠しとして使用しているカーテンは捨てられるし、また引っ越す時にはそのまま持っていけばいいだけです。景観としては布のほうがいいけれど、近い将来破棄することを考えたらダンボールがいいかな…。

などとあれこれ考えつつ現在サイズなどを検討中。
今月の取り組みが功を奏して、来月はさらにスッキリした気分で過ごせそうです。

※追記 収納改善しました。
参考 白のクラフトボックスで収納がない部屋の収納を改善。

 






関連記事

tainan-hotel14

最小限の旅の持ち物、パソコンもカメラも邪魔。

By: Alejandro Pinto[/caption] 身軽な旅をするならば荷物は最小限

記事を読む

wingtip

今日捨てたもの 8/15 靴べらを使った記憶はゼロに等しい。

今月は毎日何かを1つ処分すると決め、毎日実行中です。 毎朝起きてすぐ 「さて今日

記事を読む

new-ipod

新機能を求めて買い物しない。

スマホなし生活はギリギリ回避したものの、二代目iPodはすでに発注済みでした。 スマー

記事を読む

memories

「あの頃の私症候群」が今の自分をダメにする。

先日、着たい、使いたいと思えるファッションアイテムが変わってきたかもしれない、と書きました。

記事を読む

140816d2.min

1人暮らしでタイ料理 8/16 ヤムウンセンで晩ご飯。

昨日のストックがあれこれあるから、今日は料理しなくてもいいなー。 なんて思っていたのだ

記事を読む

By: emdot

2015年、買ってよかったものベスト3。

By: emdot[/caption] 先日月初のお約束記事を書きましたが。 関連 1

記事を読む

By: Katja Wagner

一人暮らしの料理 簡単で飽きない自炊のコツ。

By: seoulfully[/caption] 一人暮らしの料理について、以前調味料に関す

記事を読む

By: Ted Sullivan

遅刻をしても服に迷う女でいたい。

By: Ted Sullivan[/caption] 「会社に遅刻しても服に迷う女でいたい」

記事を読む

birdland_6

捨てる女、出会いを求める。

あれから、ラジオをよく聴いています。 関連 好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを

記事を読む

By: Patrik Jones

8月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’15。

By: Patrik Jones[/caption] 毎月初めに1ヶ月間に捨てたものと買った

記事を読む

taiwan-takami16
夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。

suginami_56
薄くて軽い、お付き合い。

どうやらこの街にも、長く居過ぎたようだ。そう感じたのは、その

卵とわかめのスープ ぬか漬け 小松菜のおひたし 焼き油揚げの酢醤油かけ
焼き油揚げの酢醤油かけ、小松菜のおひたし献立。

すご過ぎないものの力とは。 たまにものすごくおいしいもの

book_1807
積ん読と併読と私。

本1冊を最初から最後まで一気に読み切ることは、ほぼなくなりまし

新玉ねぎ卵炒め献立
新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和え献立。

つい先日さよならを告げたのに、まだ食べます。 蒸し鶏の香

→もっと見る

PAGE TOP ↑