意外と簡単?プール付豪邸暮らし 人生観を変えるかもしれない「疑似体験」

公開日: : 最終更新日:2016/08/12 シェアハウス, 生き方と考え方

bear

プール付の豪邸で、のんびり過ごす。

憧れますよね。

でも、一般庶民にはそんな生活は難しいので、せめて郊外の小さな戸建てを35年ローンで買って、ボーナス時に繰り上げ返済して…。なんて考える日本人は多いと思います。

でも、それって本来欲しかったモノじゃなくて、あくまでも代替品。ならばローンを組む前にホントにしたかった暮らしを試してみるのもいいかも。本当にしたかった暮らしさえできたなら、別に代替品を所有する必要はなくなるかもしれません。

プール付の豪邸でのんびりゆっくり過ごす生活。一回はやってみようかな。

 

実は誰にでもできる?豪邸暮らし

いやいや、そんな簡単にできないでしょ?と思われるかもしれませんが。

>>参考
意外と簡単?プール付豪邸暮らし 人生観を変えるかもしれない「疑似体験」(J-cast)

40を過ぎてシェアハウスを選択し、持たない暮らしを実践している私ですが、実は子供の頃の夢は「豪邸を建てること」でした。

私の生家地域は所謂「高級住宅街」で、同級生には大手商社のエライ人のご令嬢とか、飲食店チェーンオーナーのご子息がたくさんいました。某有名宝石店の孫娘もいたな。学校の周りにはプロ野球選手も住んでたし、とにかく豪邸が立ち並ぶ地域でした。

私はといえばそんな豪邸の狭間にこじんまりと存在する狭くて古い賃貸生活だったので、友達の「豪邸」に遊びに行くたびに驚きと憧れでいっぱいでした。食べたことないような高そうなケーキを銀のトレーに乗せてお手伝いさんが運んで来てくれたときはテレビかなんかの撮影かと疑ったほどです。

「よーし、私も大人になったらいっぱいお金を稼いで、豪邸を建てるぞ!」

そんな風に思っていたのに、何故こうなったのでしょうか。

家を建てる、または買うことはできました。
30歳くらいの時は会社員でそれなりに年収もあり、ローンを組んでもさほど生活が苦しくないだろう予測はついていたからです。独身だったし(今もですが)、地元で「一生モノ」のマンションを買っていてもおかしくはなかったのですが、幸い時を同じくして「定住しない楽しさ」に目覚めてしまったのでした。

今となっては、あの頃早まって地元でマンション買わないでよかった!と思っています。人の心とか好みって年月とともに変化していくのが当然なんだから、若い時に今後身動きが取れなくなるような選択や大きな買い物をするのは自分には合わなかったようです。

「マイホームを持ってこそ一人前」
「家は財産」

そんな風潮も昭和の頃に比べると幾分薄まってきてはいますが、まだまだ所有することこそ成功の証、と考える人も多いのでは。

あ、別に持ち家批判してるわけじゃないですよ。

郊外の小さな戸建てでささやかに幸せな生活を送るって、とてもステキなことですから。それが「幸せ」なら、他には何も望むことはないでしょう。

要は、自分が本当に欲しいものを手に入れるべきだ、という話。

なぜそれが成功の証なのか、それを自分は本当に望んでいるのか、それを所有することが自分の幸せにつながるのか。一般的によしとされているから、と流されず、常に自分軸で考える必要があると今では強く思います。

 




関連記事

やりたいことをリスト化して書き出す理由と効果。

西側の生まれで相応の技術を持たない私ですら、ベランダだけでそれなりのサイズ感のだるまを製作可

記事を読む

40代独身女性が今考える老後の暮らし。

By: tup wanders[/caption] 中途半端に都会生まれの都会育ちなもので、

記事を読む

ちょっと切ない女性向け資産運用セミナーに参加した。

先日、資産運用セミナーに参加しました。 待って。 またかよ、とかそこ言わないで。

記事を読む

日常がつまらないのではなく、非日常こそが夢の世界ではなく。

自宅以外の場所で長期間過ごすことには結構慣れています。思い返せば2016年は1/3近くも家を

記事を読む

新年に環境を整えるというシンプルな戦略。

いよいよヤツが本気出してきそうな気配がしませんか。 ヤツってあいつね。2018年ね。

記事を読む

いい年をした大人がフラフラすべきではない論。

前回引っ越してから1年が経過しました。 関連 持たない暮らし、引越し作業は20分。

記事を読む

自分のスケールを悟る頃。

先日久しぶりの友人と食事をしました。 久しぶりって、3年ぶりとかそれ位。 お互い

記事を読む

恋するボディビルと結弦ファイル。

筋肉を愛でる女性が増えているとかいないとか、テレビで見ました。 筋肉。己のそれではなく

記事を読む

一人晩酌 9/4 鶏もも肉のウスターソース焼き、小松菜に煮浸し。

午後になると毎日 「今日は何で呑もうかなあ…」 と、冷蔵庫の中身を反芻しながら考

記事を読む

40過ぎてギャルファッション、時間軸がズレている。

最近の音楽にとんでもなく疎くなってしまったので、今まで存じ上げなかったのですが。 布団

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。
焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。

粕汁の具材といえば、鮭が王道ではないでしょうか。次点で、ぶり

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

→もっと見る

PAGE TOP ↑