ブランド買取の相場って?リサイクル店は結構良心的だと思った。

公開日: : 最終更新日:2016/09/20 ミニマルライフ, 捨てる

140831lg.min

夏の終わりに、ブランドアイテム買取サイトで買取不可と判断されたアイテムを実店舗に持ち込んだ、という記事を書きました。

参考 宅配で買取不可になったブランドアイテムを実店舗に持ち込んでみた。

結局いくらにもならなかったものの、買い取って頂けるだけで有難いと、言い値で売却しました。

今日たまたまその店の近くを通りかかったので、
「もしかして、私が売ったアイテムが販売されているかも…?」
とやや緊張しながら店を覗いてみると…あった!!

買い取ってもらったアイテムが販売されていた

8月に700円で買い取っていただいたGUCCIのキーケースがショーウィンドーに並んでいました。うわあ、こういうの、なんだかちょっとヘンな気分ですね。

他ブランドの財布やキーケースと並べられていたのですが、さて、いくらで販売されていたでしょうか。

なんと、3,000円。

びっくり。
これって、かなり良心的だと思うのは私だけでしょうか。

このキーケース、定価は確か40,000円程度ですが、殆ど使っていないままに手放したのでほぼ新品同様です。とはいえ、もう15年程前の商品なので、さほど人気もないでしょうし、高値では売れないでしょう。

ショーケースの中のキーケースは確かに私が売却したものなのですが、見違える程きれいにメンテナンスされていました。

人件費、テナントの家賃や光熱費などの維持費、メンテナンスの手間などを鑑みても、700円で仕入れたものを3,000円で販売するってかなり良心的ではないでしょうか。利益そんなに出ないですよね。

これまで散々買取額が安いだのなんだの言ってきましたが、安値で買い取って安値で販売するのは正しいリサイクル方法。

参考 ブランドアイテムをリサイクルに出してみた記録

私がもう使えなくなってしまったアイテムを誰かが見つけて、気に入って、大事に使ってくれるのなら、それはそれでなんだか奇跡のようなものだな、と思えた出来事でした。






関連記事

今日捨てたもの 3/14 20年後に選ぶ靴。

By: Andrei Dimofte[/caption] のんびりしていたらもう3月半ばじゃない

記事を読む

MacBook Air '11

MacBook Air 11インチを購入。小さくて軽い、を最優先に考えた結果。

By: Alejandro Pinto[/caption] そろそろパソコンを買い替えたい。

記事を読む

シンプルは孤独、そして何よりも面倒なこと。

久しぶりに髪を切りに出かけて待ち時間に雑誌を広げる。 パラパラとめくると 「シン

記事を読む

40代独身女性の生き方、失うモノがない人生。

40代、独身。自分と似た境遇の人の暮らしぶりや考え方を知ることができるのでがブログの存在です。

記事を読む

パフォーマンスが著しく低下。

ラップトップの話です。 現在のラップトップはもう5年ほど使っているのですが、最近

記事を読む

ミニマリストの部屋着(2015春の結論)

By: Jaakko Holster[/caption] もうすぐ春ですね。 あまりの寒さに怯

記事を読む

将来に不安を感じることには意味がない。

By: Loren Kerns[/caption] 「ブレない人」 その響きはものすご

記事を読む

ミニマリストのクローゼット

持たない暮らしと旅の小さなクローゼット。

40代ともなれば安ホテルに泊まるのはなかなかキツいよね、という人も多いのですが、一人旅の時は

記事を読む

寒がりの冬ファッション 防寒対策スエットは却下。

By: Miguel Virkkunen Carvalho[/caption] 冬に向けての

記事を読む

雨の日にはレインシューズを。

雨が続く東京。 梅雨真っ只中だから当然といえば当然だけど、今年は7月初旬に梅雨明けの可

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑