普通の服がおしゃれ、じゃない。少ない服を着回す弊害。

公開日: : 最終更新日:2016/09/04 ファッション, ミニマルライフ

ようやく気温も安定してきた今日この頃、春ファッションと格闘中です。

格闘、って表現もアレですが、この季節にしか着られない洋服や着こなしが多数存在するなあと改めて気付いたので勿体ぶらずにあれこれ試しておこう、と。

関連 洋服が少なくなると、コーディネイトはもっと真剣になる。

ずっと継続中の手持ちアイテム活用キャンペーン。

うっかりしてると去年みたいにお気に入りのジャケットもカーディガンもあまり活躍させないままにあれ?もう夏だ、となってしまうので出し惜しみなく行きたいのです。

普通の服=おしゃれ、じゃない

先日春用にTシャツを新調しました。

関連 着るものがない、を抜け出すために 春に向けて買ったもの。

以前はなんとなく適当に買っていたTシャツ類も真剣に考えて導入すればかなりありがたさを感じる存在に。すでに2枚ともフル稼働で大活躍しております。こういう普通のアイテムって意外にバランスが難しくて、何も考えずに着たらおしゃれとは程遠いことになってしまうのが曲者。たかがTシャツ、されどTシャツ。今の自分のスタイルに寄せていく工夫と努力はやはり必要なのであります。

少し前なら同じTシャツでもジャストサイズでウエスト部分ややシェイプ気味などフェミニンなタイプを好んで選んでいましたが、ここ最近はややゆったり目のユニセックスなラインが好み。

160422denim

白シャツは透けが気になるのでインナーにキャミソールを入れてついでに裾をちょっと見せてみる、なんて少しの工夫でグッと自分好みのシルエットになる感じが楽しいのです。まあ自己満足の世界ですね。

そして袖は長袖。やっぱり長袖っていいですよ。七分袖より長袖だね。

なんて基本的なことに気がつくまでえらい年数がかかったなという感じなのですが、これは間違いなく数を絞って好きなものだけを着ようと決めたがゆえの変化。

関連 1年間服を買わずに過ごした結果。

とにかく新作をあれこれ買い漁りたかった時代よりもファッションや洋服に対する思いは高まった気さえしています。

少ない服を着回す弊害

さて、ここしばらくメインで履き倒しているスキニーデニムがかなりロックなことになってきました。早い話が天然ダメージ入ってきたってことですね。

関連 目標達成!家飲みダイエットは確実に効く。

数年前まで「お蔵入り」だったのにメインに昇格したとはなかなか感慨深い。けれど、そのせいで手放す時期も俄然早まりそうです。

この2年で手持ちのお気に入りデニムをかなり消耗させちゃったなあ、ずっと大切に履いてきたのになあ。なんて少々切なくもなるのですが、よくよく考えてみればこのスキニーだって既に手放した他のデニムだって購入したのは10〜15年も前。スキニーは生地にかかる負担が大きいことを考慮すればよくぞここまで頑張ったと健闘を讃えてもバチは当たらないレベルなのかもしれません。

服の傷みが速くなるのは洋服が少ないことの弊害。でも、大事に大事にしまいこんでおいて一番似合う時期を逃してしまうことを考えれば、旬のお気に入りアイテムこそ思う存分使い込むのがよりよい選択に思えます。

関連 ファーベストのコーディネイトで考える「よそゆき」のこと。

40歳を過ぎると今まで好きだったテイストの服がいきなり似合わなくなって焦る。

昔から噂には聞いていたけれど都市伝説じゃなかったんだなあとつくづく実感したここ数年。あれこれ迷いながら買い続けず、思い切って一旦立ち止まってようやくトンネルを抜け出せた気がしています。

ミニマリストの持たない暮らし

毎シーズン山のように新作を買う。
買い物自体の楽しさ、高揚感は確かに存在していて、それは甘美なまでに魅力的。それもわかっているからこそどんどん消費するスタイルを否定もしないし、年齢がいくつであれ着たいものを着たいように着るのが一番だと今でも思っています。

以前の自分のように買いまくることはもうないかもしれないけれど、それでもファッションとは長く上手に付き合って行きたい。

とにかく服がたくさんあればおしゃれに「見える」と信じていた頃を過ぎ、これからはおしゃれに見せることよりもおしゃれになる、おしゃれでいることに努力の矛先を向けていこう。そこを目指せるくらいの経験値はさすがにあるだろうからね。

なんて、あくまでも希望的観測だけどね。

関連 ZOZO USED にブランドアイテム買取を依頼してみた。

 




関連記事

ジャケットの着こなし

少ない服でオフィスカジュアル、買い足すべきアイテムはあるか。

真っ当なお仕事に従事されている大人男女であればビジネスやフォーマルな場でもバッチリな装いを準

記事を読む

小さな暮らしも素敵だけど、大きな家ってやっぱりいいよね。

By: Shubert Ciencia[/caption] 子供の頃から「大きな家」に住むの

記事を読む

少ない服が新鮮に思えるのは、おばさんだけ。

By: brittgow[/caption] 先日こんなことを書いておいてなんですが。

記事を読む

冬のブーツはこれ1足。イタくない大人のサイドゴア。

40代でDr.マーチンのブーツを履くのはイタい。そう書いてから早4年が経過しておりました。

記事を読む

要らない機能がついたハンガーを廃止する。

久しぶりに服を捨てたからでしょうか。 女が服を、捨てる時。 現住まいから数えるこ

記事を読む

今年風の着こなし、今っぽいシルエットの是非。

すっかり春らしい気候になりました。 といっても陽が落ちればぐっと気温が下がるのが今の季

記事を読む

旅の準備は嫌いだけど片付けは嫌いじゃない。

台湾一周駅弁の旅、レポート途中ではありますが本体は無事帰国いたしました。 旅に出る毎に思う

記事を読む

夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。 ギョサンの季節になりま

記事を読む

似合う色と好きな色、橙色のカーディガン、赤パンツ。

寒いじゃないか。 ということで、もちろん長袖。ちょい厚手のグレーのTシャツにワイドデニ

記事を読む

持たない暮らし、引越し作業は20分。

By: John Benson[/caption] 家もいいけどまわりもね。 ということで、新

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑