着るものがない、を抜け出すために 春に向けて買ったもの。

公開日: : 最終更新日:2020/05/19 ファッション, ミニマルライフ

春に向けて何をどう着ようかなと考え始めています。

と言っても、何を買おうかな、ではなく、今あるアレをどう活躍させようか、という方向性。

関連 洋服が少なくなると、コーディネイトはもっと真剣になる。

はい。お気に入りのアイテムをどんどん着るぞキャンペーンはまだまだ継続中でございます。

実は、まだあるんですよね、好きなのにフル活用できていないあれこれが。

ようやくTシャツを購入

さて、先日ようやく新しいTシャツを購入しました。
愛用していたプレーンな白Tシャツを手放したのははていつのことだったっけ、と検索してみたらば昨年の10月。

関連 高価はいつでも正解か。

Tシャツ1枚新調するのに5ヶ月もかかるとは何事かという感じなのですが、冬の間はなくてもなんとかなった、というだけの話。春になったらやっぱり必要だよねー、と本腰入れて探したのでした。めでたしめでたし。

さて本命の白Tシャツと一緒に購入したのはボーダーシャツ。これを投入することでサルベージできるアイテムがある、と確信できたので予定外ではありましたが購入です。ってTシャツ1枚で大げさな。

合わせたい筆頭アイテムはツイードのジャケット。
パリの若手クリエイターチームが手がけるブランドのもので、数年前セレクトショップのバイヤーである友人経由で入手したお気に入り。この手のちょっとクラシックなツイードジャケットはあまり自分のカラーではない気がしてこれまで着たことがなかったのだけど、糸の入り具合やバランスに惹かれて一目惚れしたのでした。

購入当初はこのジャケットに透け感のあるノーカラーシャツを合わせるのが気に入っていたのですが、どうにも他のバリエーションが浮かばず。このジャケットを使ったコーディネートのレパートリーを考えるよりも他のアイテムに手出しするほうがラクだったのでいつしか登場機会が減っていってしまいました。もしかしたら、去年ほとんど着てないかも。

偏愛アイテムサルベージ計画

ツイードジャケットコーデ

さてそんなお気に入りジャケットをこの春再活用したい気分。

買い物しながらインナーにこのボーダーTを入れてデニムとかワイドパンツ、足元はスニーカーなんていうのも今ならできそうだな、と考えたわけです。
昔はこの手の着崩しにはいささか抵抗があった、というかまたまたこのジャケットも妙によそゆき扱いしてきたゆえに活用できなかったパターンなのですが、うん、今の自分ならこれくらいのカジュアルダウンも似合いそうな気がする

関連 ファーベストのコーディネイトで考える「よそゆき」のこと。

しかしあれだ。
よそゆき認定排除もそうだけど、トレンドよりも自分の気分を優先できるようになったのもポイントかも。これ着たいけど今年平気?もう古い?などと周りをチラチラ伺う手間がないのは好きな服を活用するためには結構重要なことだったりします。

まあもともと何かと鈍感な私は

「今これが流行ってるから」

という理由で欲しくもないモノを買う、という行為はあまりしてきませんでしたけども。
時代感を掴む、トレンドに敏感、ミーハー心がある、というのは本心から楽しめば立派な長所かつ魅力的な個性ではあるんですけどね。向き不向きはあるよね。

40代女性のファッション

トレンドに乗らないことがいいか悪いかはわかりませんが、それでもこれは如何ともしがたい感覚の違いで、ファッションのメインストリームである若い世代に人気のスタイルは今の私にはどうにもおしゃれだとは思えないし、どのみち自分には似合わないんだから、自分の気分を優先するほうが結果効率的なんでしょう。

ここ数年引っ張り続けているファッション難民症候群、いい加減抜け出せそうな気がしているのですが果たして。




関連記事

40歳を過ぎたからこそ似合うアイテムは存在する。

サングラスが好きです。 「好き」というよりも、もはや必須アイテムかもしれません。

記事を読む

「買いまくる」彼女と「買わない」私の事情。

今朝遠方に住む友人から小包が届きました。 小包、といっても中身は旬の果物でも、海外旅行土産

記事を読む

少ない洋服を着回す旅、デニム以外の選択肢。

デニムが好きなので、年がら年中デニムばっかりはいています。 今回の旅でも移動中はもちろ

記事を読む

Ines de la Fressange×UNIQLOのAWが気になる。

ここ数年常夏の生活だったもので秋冬を経験しておらず、当然服も全く買っていません。 寒い

記事を読む

今日捨てたもの 3/14 20年後に選ぶ靴。

By: Andrei Dimofte[/caption] のんびりしていたらもう3月半ばじゃない

記事を読む

買うべきか買わざるべきか、それが問題だ。

起動しなくなって大騒ぎしていたのは、昨年の秋。 ブログが書けなくなって秋 またまたMacBo

記事を読む

寒がりの冬ファッション 防寒対策スエットは却下。

By: Miguel Virkkunen Carvalho[/caption] 冬に向けての

記事を読む

女性のお仕事スタイルの曖昧さとビジネスバッグ問題。

By: Dan Taylor-Watt[/caption] なんぞこれ、という暑さだった東京

記事を読む

嫌な中にも好きなことを見つける理由。

By: Thomas8047[/caption] 今日から12月。 本格的に寒くなってきた

記事を読む

最小限の旅の持ち物。それでも持っててよかったモノたち。

By: Andrei Dimofte[/caption] 荷物は少なく、足取り軽く。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ぶりと青菜の酒蒸し献立
たくさんあるよろこびと、持つことへの恐れ

実はこの日、売り場にはぶりカマもあったのです。 しかも

プロになれなかった私のプロフェッショナル。

学生時代のアルバイトを含めれば、すでに30年以上も働いている

オムレツ
ボロボロ加減に感じる郷愁。

ずいぶん大人になってから、わかるようになったことがあります。

チェンマイ 2015
金塊を背負って生まれてきた人間。

先日友人に 「あなたは金塊を背負って生まれてきた人間だ

おろし納豆スパゲティ
シンプルを極めるか、落とし所を探る旅。

今週はTHE・休肝日という趣のメニューが続きます。 ハ

→もっと見る

PAGE TOP ↑