大人がざわつく理由。

公開日: : ミニマルライフ, 生き方と考え方

osaka_shinsekai_1

西側の友人から返ってきたメッセージに添えられた、割れた瓶やグラスが床に散乱する写真を見て、背筋が凍る。

「やや涼しい朝、ガスなし水シャワーは厳しいけれど、修行気分で」

心配させまいとしているのであろう、そんな言葉に安堵して胸をなでおろす。

ここしばらく、各地の地表が落ち着かなくて嫌ですね。本当に単純に、嫌です。

ざわつく理由

自分がその場所にいなくても、該当地域に縁もゆかりもなく、親戚知人もいなくても、こういう時は気持ちがざわついてしまって仕事が手につかなくなる。これは、自分の中に蓄積されたさまざまな記憶が呼びおこされるからなんだろうな。

偶然見かけたそんなつぶやきに頷いた朝でした。

面白がってSNSでデマ捏造なんてのは以ての外として、恐怖を実際に肌で感じたことがないゆえに、事件や災害についてどこか他人事のように語ったり、単なる非日常イベントとしてしか捉えられないという若い人がいるのも、ある意味仕方ないと思う。決して褒められたことではないにせよ、台風前はやけにワクワクする、なんて子供だっているだろうし。

良い事も悪い事も、あらゆる経験は人間を賢くし同時に臆病にする。これって、涙もろくなる理由と同じかも。

歳を取ると涙もろくなる理由とは。

あまりいいたとえではないけれど。

いつもと同じように過ごす

チェンマイ 瞑想

件のつぶやき同様、私もざわつきがちな大人です。そこそこ長く生きてきている以上、ざわつきの要素をいろいろと持っているので、こりゃもうしょうがないですよ。

で、なんどもなんどもざわつきざわめき続けてきた中で得た自分教訓のひとつが

「普通に過ごす」

だったりします。ざわざわする気持ちをどうにかなだめながら、必要以上の情報をかき集めようとせず、敢えて普通に、粛々と過ごす。

己を知る方法 ネットやテレビの情報遮断は有効か?

いや、もちろん状況把握は大切だし、するし、最低限の備えだって忘れてはいけない。

持たない暮らしともしもの備え。災害時の備蓄を考える。

でも、自らよりざわつく場所へと乗り込んでいって、意味もなく無力さに苛まれたりするくらいなら、敢えての平常心を選択するほうがよっぽど健康的、という個人的な考え。まさに自分のための自分教訓であります。

そして今「普通の日常」のあり方をほんの少しだけ変えようかと考えているのは、また別のお話。

ということで、今日もまたいつものようにこうしてしょうもないブログを綴って1日を終えるのでした。




関連記事

生ラディッシュ

食べることが楽しみ、は虚しいか。

By: Ken Hawkins[/caption] 先日SNSにポストされる写真の傾向に関す

記事を読む

軽くて小さい、はどれくらいもってくれるのか。

早いもので、我が相棒も、もうすぐ3歳。 MacBook Air 11インチを購入。小さ

記事を読む

シンプルスタイル 1年ぶりのチャージ完了。

By: Steve Jurvetson[/caption] 現在私は携帯電話を持っていません

記事を読む

靴とパンツの理想的なバランス、春はまだか。

ここ5年ほどで消耗速度がかなり早まっている。そう感じるのは、以前は定期的に買い換える習慣がな

記事を読む

重視すべきは大きさよりも重さ。

長い間温存していた旅行用鞄、ようやく日の目を見る機会がやってまいりました。 関連 軽く

記事を読む

読んでも何も変わらない。「スタンフォードの自分を変える教室」。

部屋を整理していると、いろんなモノが発掘されます。 誰にでも 「続けるつもりで買

記事を読む

手湿疹ケア1ヶ月

この歳で指輪のひとつも持っていないなんてどうかしてる。

今朝、宝石の入ってない宝石箱、いや、アクセサリーケース、もとい、小物入れ?からブレスレットを

記事を読む

身軽な旅を実現するために大切なこと。

昨年のタイ旅行でホステルの便利さにすっかりはまった私。 関連 バンコク女性一人旅。ゲス

記事を読む

NY ホテルエジソン ツインルーム

まずはモノを減らせ、は万能ではない。

「部屋、キレイでしょ」 思わずそう口に出していました。 「うん、まあ」

記事を読む

口を開けば悪口ばかりの友人に辟易する。

人の悪口というものは聞いていてさして気分のよいものではないが、お互い合意の上での愛ある「弄り

記事を読む

Comment

  1. そう より:

    こんにちは、双子母です。
    昨日の揺れは本当にひどかったです。(枚方市民です)家の中がぐちゃぐちゃになりましたが、全員けがもなく無事でした。ただ、度々起きる余震に子どもがおびえて夜中も起きたりして、見ていて可哀そうです・・・
    子どもが生まれてから育児用品などでうちの中が物であふれかえっていてモヤッとしていましたが、最近子育ても慣れてきたし、要らないものの処分するかーとなり、少しずつですが整理していました。そんな矢先の地震。案の定、手つかずの不要品を押し込んでいた一室がぐちゃぐちゃに!!その部屋に誰もいなくて良かったです。しかし本気で整理していこう。そう思ました。

    • crispy-life より:

      そうさん

      この度は大変でしたしたね。驚きましたが、みなさまご無事だとのことで何よりです。

      双子ちゃんも怖く心細いでしょうが、ふたりを守らねばならない立場のそうさんこそ、気が張って落ち着かない日々が続いているのではないでしょうか。平穏な日常でさえ大変なお母さん、ましてやそうさんは幼子ふたりですからね。安全第一に備えるのは基本としても、急を要する箇所以外の片付けや整理整頓などは、のんびりゆっくり、あまり焦ることなく取り組んでくださいね。そうさんが疲れてしまってはそれこそ一大事ですからね。

      これ以上被害が拡大することなく収束に向かいますよう、遠い場所から心よりお祈りしております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくま

→もっと見る

PAGE TOP ↑