今日捨てたもの 8/10 思い出の品を捨てるには。

公開日: : 最終更新日:2015/05/09 ミニマルライフ, 捨てる

coworker.min

8月は毎日1つづつ部屋にあるものを手放す月間と設定し、日々実行しています。
あれ、8月ももう10日か…。

 

今日捨てたもの

  • 置物

 

写真もナシにいきなり「置物」って何よ?と思われるかもしれませんが、まあ聞いて下さい。

以前常駐の仕事でお世話になった某企業での契約最終日に、社員のみなさんに盛大な送別会をしていただきました。今日手放したのはその時にみなさんから贈られたその企業のキャラクターグッズの置物、です。

写真載せちゃうといろんなことがバレバレになってしまうので、自粛。

基本的に頂き物であっても趣味に合わないもの、特にインテリア用品の類は割とドライに処分できる性質なのですが、なぜこれを今日まで何年も保管(さすがに飾ることはできませんでしたが)していたかと言えば、その仕事に対する思い入れが強かったからでしょうか。

いや、仕事、というか、環境に対してかも。

私はフリーで仕事をしているくせにコミュニケーション能力が低く、クライアント先でも担当者の方と上手く付き合うことができずに微妙な距離感になってしまうことが多いのですが、この企業では驚くほどスムーズに仕事ができました。

それは偏に社員のみなさんの人柄というか、チームの雰囲気のおかげ。

かなり大きなプロジェクトだったのでその分精神的肉体的負担も大きかったのですが、人間関係でストレスを感じることなく最後まで情熱を持って楽しく仕事をすることができました。ずっとフリーで仕事をしていた私にとっては、久しぶりに同僚ができたような感覚が懐かしく嬉しかったものです。
さらに有難いことに、役員の方から直々に契約期間大幅延長のオファーまでいただきました。残念ながら次の仕事の予定が既に入ってしまっていたので期待に沿うことはできませんでしたが、本当にいい経験をさせていただいたと今でも感謝しています。

そんな思い出があるからか、なかなか手放せなかったこの置物。

けれど、これがなくなったとしてもあの頃の思い出やみなさんによくしていただいて嬉しかった数々の記憶が消えるわけではないので、本日でモノとはお別れします。

ありがとうございました。

今でもメディアでその企業の話題を見かける度にお世話になった方たちのことを思い出します。みなさん、お元気かしら?またいつか、会いたいな。

 




関連記事

持たずに借りずに気軽に楽しむ、を試してみる。

By: Roberto Venturini[/caption] 睡眠改善の一環として、しばらく映

記事を読む

最低限の化粧、旅に持っていくメイク用品。

By: francois karm[/caption] 旅の荷物を少なくするには服と化粧品類

記事を読む

何を捨て、何を残すか。大切なのは数じゃない。

By: muha...[/caption] コンパクトカメラの修理にようやく着手した、と書き

記事を読む

新機能を求めて買い物しない。

スマホなし生活はギリギリ回避したものの、二代目iPodはすでに発注済みでした。 スマー

記事を読む

デキる人の時間術?贅沢ではなく勿体ない時間の使い方。

By: i_yudai[/caption] 周りが次々にインフルエンザでバッタバタ倒れており

記事を読む

旅の荷物、結局使わなかったもの。

大荷物と共に移動するのが苦手なもので、基本的に使わないものは持っていかない派です。 関

記事を読む

おしゃれに興味がなくなってきた疑惑。

相変わらずあんまり服を買わない生活が続いております。 関連 持たない日々を後悔する春本

記事を読む

2019年、買ってよかったものベスト3。

年明けには前年の買い物を振り返り「1年間で買ってよかったものベスト3」を選定しています。

記事を読む

40代フリーランス、50手前で正社員になれるか。

会社勤めをやめてから、早いもので干支が一周しようとしています。 東京都内で屋根のある家

記事を読む

女の朝支度 起きて15分で家を出られるか。

朝、起床してから家を出るまでどれくらいの時間がかかるか。 朝の時間の過ごし方は人それぞ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑