今日捨てたもの 8/10 思い出の品を捨てるには。

公開日: : 最終更新日:2015/05/09 ミニマルライフ, 捨てる

coworker.min

8月は毎日1つづつ部屋にあるものを手放す月間と設定し、日々実行しています。
あれ、8月ももう10日か…。

 

今日捨てたもの

  • 置物

 

写真もナシにいきなり「置物」って何よ?と思われるかもしれませんが、まあ聞いて下さい。

以前常駐の仕事でお世話になった某企業での契約最終日に、社員のみなさんに盛大な送別会をしていただきました。今日手放したのはその時にみなさんから贈られたその企業のキャラクターグッズの置物、です。

写真載せちゃうといろんなことがバレバレになってしまうので、自粛。

基本的に頂き物であっても趣味に合わないもの、特にインテリア用品の類は割とドライに処分できる性質なのですが、なぜこれを今日まで何年も保管(さすがに飾ることはできませんでしたが)していたかと言えば、その仕事に対する思い入れが強かったからでしょうか。

いや、仕事、というか、環境に対してかも。

私はフリーで仕事をしているくせにコミュニケーション能力が低く、クライアント先でも担当者の方と上手く付き合うことができずに微妙な距離感になってしまうことが多いのですが、この企業では驚くほどスムーズに仕事ができました。

それは偏に社員のみなさんの人柄というか、チームの雰囲気のおかげ。

かなり大きなプロジェクトだったのでその分精神的肉体的負担も大きかったのですが、人間関係でストレスを感じることなく最後まで情熱を持って楽しく仕事をすることができました。ずっとフリーで仕事をしていた私にとっては、久しぶりに同僚ができたような感覚が懐かしく嬉しかったものです。
さらに有難いことに、役員の方から直々に契約期間大幅延長のオファーまでいただきました。残念ながら次の仕事の予定が既に入ってしまっていたので期待に沿うことはできませんでしたが、本当にいい経験をさせていただいたと今でも感謝しています。

そんな思い出があるからか、なかなか手放せなかったこの置物。

けれど、これがなくなったとしてもあの頃の思い出やみなさんによくしていただいて嬉しかった数々の記憶が消えるわけではないので、本日でモノとはお別れします。

ありがとうございました。

今でもメディアでその企業の話題を見かける度にお世話になった方たちのことを思い出します。みなさん、お元気かしら?またいつか、会いたいな。

 




関連記事

宅配で買取不可になったブランドアイテムを実店舗に持ち込んでみた。

先日宅配買取で「お断り」をくらってしまったブランドアイテムたち。 参考 ZOZO US

記事を読む

今日捨てたもの 8/3 いただきものアクセサリーを処分。

友達から貰ったプレゼントや旅のお土産。 昔はいただいたものを捨てるのは申し訳ない気がし

記事を読む

実家断捨離の難しさ、本質は片付け以外にあるのかも。

私がモノを持たない生活をしていることを知った知人から片付けについて相談されたことがあります。

記事を読む

9月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの

9月のまとめです。 9月8月に比べるとはさほどあれこれ多くを捨てたわけではありません。

記事を読む

臭くないバブーシュ

1年で捨てる、早いか遅いか。

検証結果、1年でした。 ルームシューズの寿命、臭い。 1年でダメになるって早くな

記事を読む

ミニマリストの部屋着(夏編)

以前たまたま見たブログで 「私はパジャマを15着持っていますが、女性なら平均的な数だと

記事を読む

今日捨てたもの 11/15 自分では選ばなかったであろうもの。

「一日一捨」運動を実施していた今年の8月ほどではありませんが、最近また少しづつモノを減らして

記事を読む

おもたせ、お土産、お礼に挨拶。さて、何を持っていく?

By: Kumon[/caption] 諸事情で友人にちょっとした品を用意することになりまし

記事を読む

40代独身女性の生き方、失うモノがない人生。

40代、独身。自分と似た境遇の人の暮らしぶりや考え方を知ることができるのがブログの存在です

記事を読む

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑