岐阜の酒 蓬莱小町桜で晩酌 蒸し鶏のネギザーサイ和え、焼き大根。

公開日: : 最終更新日:2017/03/07 家飯, 食べること ,

蓬莱小町桜

東海地方に入りました。

ここまで来るとものすごく進んだ気がしてしまいます。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

今回はいつもの酒屋に出向けずだったのですが、運良く岐阜の酒を入手できました。

岐阜の酒 蓬莱 小町桜

蓬莱小町桜

読みは「こまちさくら」、濁らないのですね。

参考 渡辺酒造店ってどんな酒蔵?(渡辺酒造店)

渡邉家が酒造りを始めたのは明治3年(1870)、5代目久右衛門章でした。生糸の商いで京都に旅した折に口にした酒の旨さが忘れられず、自ら居するこの地に酒蔵を構え、旨い酒をとの一心で酒造りを始めました。

おいおい5代目、糸はどうした糸は。
しかし蔵建てちゃうくらいなので京都の酒はよっぽど衝撃的だったのでしょう。5代目があの日酒を呑まなければこの蔵は始まらなかったのだから、巡り合わせとは不思議なものです。

さて、まずは常温で一口。ちょっと甘めかな。
が、のど越しはきりりと来るので辛口派の私でもいける。燗にしたほうが旨味が際立つとの説明書きがあったのでつけてみると、なかなか悪くありません。香りも薄くこれといって際立った個性はないけれどお値段的にもかなりお手頃だし、毎日の晩酌用として使い勝手のいい1本ではないでしょうか。

岐阜の酒 蓬莱小町桜 データ

蔵元 渡辺酒造店(岐阜県・飛騨市)
種類 普通酒
精米歩合 68% 飛騨ほまれ
日本酒度  -2
酸度  1.5
アルコール度  15.3度

 

蒸し鶏のネギザーサイ和え、焼き大根の献立

蒸し鶏献立

  • 鶏出汁きのこスープ
  • タアサイの梅ポン酢和え
  • 焼き大根
  • 蒸し鶏ネギザーサイ和え

鶏出汁きのこスープ

鶏出汁きのこスープ

蒸し鶏のスープと干し椎茸の戻し汁で干し椎茸とエリンギを煮たスープ。少量の醤油と酢で味付け。

タアサイの梅ポン酢和え

タアサイの梅ポン酢和え

叩いた梅干しをポン酢でのばして茹でたターサイを和えたもの。

焼き大根

焼き大根

厚切り大根を弱火でじっくりこんがり焼いたもの、本日の厚さは約4cm。これだけ分厚いと火が通るのに少々時間がかかりますがその分ジューシーさは格別。オリーブオイル、粗塩、胡椒というシンプルな味付けで十分美味いです。

蒸し鶏ネギザーサイ和え

蒸し鶏ネギザーサイ和え

4cm長さに切ったネギ、刻んだザーサイ、塩、胡椒、炒りゴマを混ぜ、上から熱したごま油をジュっとかけたものをスライスした蒸し鶏と和えます。

いつも蒸し鶏に合わせるのは白ネギのみじん切りベースのネギだれが多いのですが、今回は細ネギで。みじん切りの手間がない分こちらのほうが手軽かもしれません。ごま油ジュっで香りも立つしね。

と、一応それぞれちゃんと作りはしたのだけど、どことなく覇気の感じられない献立になってしまったのは訳がありまして。

日本酒にあうおつまみレシピ

そうです、私はなぜ岐阜の酒と飛騨名物の漬物ステーキを合わせることを思いつかなかったのか?この痛恨のミスに気がついたのは酒を購入して店を出た後のことでした。1日ずらせばよかったのに、ああ惜しいことをした。などと考えていたらショックの余りややちぐはぐなことになってしまいました。

とはいえ別に飛騨から取り寄せた食材を使ったわけでもなし大げさに嘆くようなことはないのですが、なんか悔しい。毎日の献立はあらかじめ決まっているわけではなく、冷蔵庫の余り物とスーパーや八百屋の品揃えによって都度決定しているものでこういう事故も起こり得るのです。

あああ、もう少し酒とつまみのバランスを考えようと常々思っていたというのになんたる不覚。まだまだ修行が足りませんな。そもそも修行なのか。というわけでみなさまよい週末を。

 




関連記事

豚しゃぶと菜の花の胡麻和え

家飲みメニュー 豚しゃぶと菜の花の胡麻和え、蕪の梅昆布サラダ。

蕪は魅力的だけれど難しい野菜。 きれいな葉付きの大根にはあまりお目にかかれないけれど、

記事を読む

家飲み献立 9/17 三つ葉と豆腐のサラダ、わかめ炒め他全5品。 

今日は午後4時くらいから猛烈にお腹が減ってそわそわしました。 あまりの空腹に何かおやつ

記事を読む

照り焼きごぼうハンバーグ、水菜の煮びたし献立。

誰しも一生に一度ぐらいはハンバーグに情熱を傾ける時期があるのではないでしょうか。 私も

記事を読む

トマトと牛肉のしょうゆ炒め

トマトと牛肉のしょうゆ炒め、小松菜のわさび白和え献立。

美味しいトマトはそのまま食べればいいじゃない。 そう思いつつ、炒めてしまいました。ただ

記事を読む

手羽先とキャベツのにんにく蒸し

家飲みメニュー 手羽先と春キャベツのにんにく蒸し、自家製切り干し大根。

ビールを呑もうかな、と思いました。 だってねえ、あんな陽気を持ってこられちゃうっかり気

記事を読む

砂ずりのガーリックソテー

砂肝のにんにく炒め、蕪の煮浸し。

いやー、春っぽい。 出掛けに上着はいらないかな、と思ったものの帰り寒いのがイヤで結局着

記事を読む

酒粕クリームシチュー献立。

先日久しぶりに粕汁を作りました。 関連 ぶりの粕汁献立。 残りの酒粕をどうしたも

記事を読む

たらとじゃがいもの白ワイン煮、キャロットラペ。

毎度同じ話ばかりして恐縮ですが、倶楽部方式愛好家なのです。 関連 一番好きな倶楽部方式

記事を読む

わかめ卵炒め献立

わかめ卵炒め、大根サラダ献立。

晩ご飯に、お弁当のおかずに、そして酒のつまみに、困った時は卵頼み。 などと卵への多大な

記事を読む

油揚げの蕗味噌チーズ焼き

油揚げの蕗味噌チーズ焼き、小松菜としめじのゆず煮びたし献立。

蕗味噌を塗りたくるために、いつもより大きめの油揚げを買いました。 にらの卵炒め、蕗味噌

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑