40代の冬の服、可愛いと若作りの間で。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

スヌードコーデ

眠らせてしまいがちなアイテムの活用に成功している今秋。

少ない服でも頭を使う必要大ありの秋。

今秋って、もうそろそろ季節は冬ですね。

今年は今の時期に是が非でも活躍させたい1枚があります。

40代の服、可愛いと若作りの間で

PAG_1

今年こそはと考えているのはイタリアブランド PierAntonioGaspari のコート。コート、というか何でしょう、ポンチョ、ケープか。

限りなくブラックに近いネイビーのローゲージニットなんだけど、ラバー加工効果により甘さは抑えられハードさが加味されている、という印象の1着です。

これ、今着るにはどうなんだろう?としばらく寝かせていたのですよ。

一目惚れして購入した当初はまだ髪が長かったので、すっきり一つにまとめてこのコートを羽織るのが気に入っておりました。が、いくら甘さ控えめといってもポンチョという形状からしてフェミニン感満載だし、大ぶりのボタンも可愛いといえば可愛い。

30代ならともかく、40半ばでこれを着るのはどうなんだろうか。下手な若作りになりやしないか。という迷いがあり、ついでに件のスヌード同様見た目よりも暖くはないことも手伝って、ここ数年は登場機会がありませんでした。

でも、捨てはしない。もう2度と着たくないとか、着る機会がないと判断できる物以外、お気に入りは使わずとも極力捨てない主義なのです。

40代の痛いファッション。

数シーズン寝かせてすっかり気持ちも落ち着いた(?)ので、改めてこの冬の活用法を探っていて気付く。

だからもう、大丈夫なんだってば。

ちょっとくらい頑張ったって、もう可愛くはならない

pierantoniogaspari

若い頃からとにかく徹底的に「可愛いもの」を避けて生きてきた私。ピンクとかレースとかリボンとかフリフリとか、女の子っぽさとできるだけ関わらないようにしてきたのは、下手すれば可愛らしい雰囲気になってしまう危険性があると本能が察知していたからでしょう。なんせ、若かったので。私だって、生まれた時からおばさんだったわけじゃないからね?

が、今はどう頑張っても可愛くなんてならない。リボンふりふりとかお姫様ルックとかでもない限り、多少のフェミニンさを付け加えたところで、もう可愛くはならないんだってば。

髪を切ったら服が似合わなくなる問題。

いや、相変わらず可愛い方面は苦手だから努力もしないんだけど、可愛くなる事故はもう起こらないのだから、多少可愛げのあるものを纏ってもある意味安心なのではないかと思うわけです。

多少なりとも可愛げがあると思われるアイテムに手を伸ばす怖さが薄れた一方で、近頃はプレーンなシャツやジャケットにも惹かれる。こういうなんでもない服を着ても着られてるようには見えず、程よい枯れ味というか、頑張りすぎないきちんと感が出せるのは年の功と言えましょう。いや、枯れてちゃダメなのか。でも、枯れるよね。枯れ木も山の賑わいの精神。

酷いストレスで観葉植物が枯れる。

一応付け加えておくと、単純に私の趣味として可愛い物が苦手なだけで、いくつになってもラブリーメルヘン好きな人だっているし、それはそれ。おばさんは可愛くしちゃダメ!などという偏った主張ではございません。

おばさんのミニスカートは迷惑論。

若い頃とは別の方向で姫ルック(?)を追求する方法だってきっとあるだろうし、要は力技と個性でどれだけ戦えるかってことですよ。

何を着ても似合わない 持ってる服を全部捨てる?

そんなわけで、ポンチョ。

以前は黒のスキニーにロングブーツなどで着ておったのですが、今年はもうちょいラフな感じに仕上げようかと。だるっとした白Tシャツにデニム、足元はパンプス。ショルダーバッグを持つのが難しい形状のアウターなので、鞄は斜めがけポシェットをイン。これくらいの適当さが、今はちょうどいいのではなかろうかと踏んでおります。

 




関連記事

「あの頃の私症候群」が今の自分をダメにする。

先日、着たい、使いたいと思えるファッションアイテムが変わってきたかもしれない、と書きました。

記事を読む

年間通してこれ1枚でやりくりしている。

ぽっかりと口を開けて空を見上げたくなるほどにいい天気だったので、久しぶりに丸洗いしてやりまし

記事を読む

無地のストール一枚で魅せるマダムの威力。

激しい雨音で早朝に目覚め、慌てて起き出し開け放していた窓を閉める。 この雨のせいか、少

記事を読む

履かない靴

捨てる日々、履けない履かない靴の行方。

By: RubyGoes[/caption] 無駄なものはそう多く所有していないのですが、も

記事を読む

今日捨てたもの 9/30 寿命が尽きて、必要性を考える。

By: jsnsndr[/caption] 不要なもの、使わないものはほぼほぼなくなった我が

記事を読む

お金が貯まる人の行動と習慣。

お金が貯まる人ってこうなんだよね、と言われました。 突然胡散臭い自己啓発書みたいなタイトルで恐

記事を読む

今日捨てたもの 望みを叶える方法はひとつじゃない。

By: Steve Larkin[/caption] 最近はめっきり音楽CDのデータ化に勤しんで

記事を読む

ケチな人間が嫌いなタイプの無駄遣い。

月末までに済ませねばならない支払いがあったので、いつものようにオンラインバンキングで処理を試

記事を読む

松本伴宏 赤巻 豆皿

収集癖への淡い憧れ、コレクターにはなれなくて。

何かにどハマりし、寝食忘れてのめり込み、稼ぎの殆どをつぎ込んで対象アイテムを買い漁ったコレク

記事を読む

旅の準備は嫌いだけど片付けは嫌いじゃない。

台湾一周駅弁の旅、レポート途中ではありますが本体は無事帰国いたしました。 旅に出る毎に思う

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

サンホワイト ワセリン
「最強クラス」を1週間使用した結果。

痛恨のstrongestステロイド処方から早1週間が経過。サ

天職と信じた仕事への情熱を失って。

天職への憧れを、誰しも少なからず持っているのではないか。でも

NY ホテルエジソン ツインルーム
サプリ飲み始め、初日の効果に驚く。

手湿疹対策として、ビオチンを飲み始めました。 ナチュラル志向

40代のファッション、服を変えるより簡単なやり口で。

ここ数年で、靴下を履くようになりました。まるで以前は裸足で野

ミニマルライフや、おしゃれよりも。

奥さん、8月です。ひどい、ひどいじゃないですか。暖かくなった

→もっと見る

PAGE TOP ↑