40代の冬の服、可愛いと若作りの間で。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

スヌードコーデ

眠らせてしまいがちなアイテムの活用に成功している今秋。

少ない服でも頭を使う必要大ありの秋。

今秋って、もうそろそろ季節は冬ですね。

今年は今の時期に是が非でも活躍させたい1枚があります。

40代の服、可愛いと若作りの間で

PAG_1

今年こそはと考えているのはイタリアブランド PierAntonioGaspari のコート。コート、というか何でしょう、ポンチョ、ケープか。

限りなくブラックに近いネイビーのローゲージニットなんだけど、ラバー加工効果により甘さは抑えられハードさが加味されている、という印象の1着です。

これ、今着るにはどうなんだろう?としばらく寝かせていたのですよ。

一目惚れして購入した当初はまだ髪が長かったので、すっきり一つにまとめてこのコートを羽織るのが気に入っておりました。が、いくら甘さ控えめといってもポンチョという形状からしてフェミニン感満載だし、大ぶりのボタンも可愛いといえば可愛い。

30代ならともかく、40半ばでこれを着るのはどうなんだろうか。下手な若作りになりやしないか。という迷いがあり、ついでに件のスヌード同様見た目よりも暖くはないことも手伝って、ここ数年は登場機会がありませんでした。

でも、捨てはしない。もう2度と着たくないとか、着る機会がないと判断できる物以外、お気に入りは使わずとも極力捨てない主義なのです。

40代の痛いファッション。

数シーズン寝かせてすっかり気持ちも落ち着いた(?)ので、改めてこの冬の活用法を探っていて気付く。

だからもう、大丈夫なんだってば。

ちょっとくらい頑張ったって、もう可愛くはならない

pierantoniogaspari

若い頃からとにかく徹底的に「可愛いもの」を避けて生きてきた私。ピンクとかレースとかリボンとかフリフリとか、女の子っぽさとできるだけ関わらないようにしてきたのは、下手すれば可愛らしい雰囲気になってしまう危険性があると本能が察知していたからでしょう。なんせ、若かったので。私だって、生まれた時からおばさんだったわけじゃないからね?

が、今はどう頑張っても可愛くなんてならない。リボンふりふりとかお姫様ルックとかでもない限り、多少のフェミニンさを付け加えたところで、もう可愛くはならないんだってば。

髪を切ったら服が似合わなくなる問題。

いや、相変わらず可愛い方面は苦手だから努力もしないんだけど、可愛くなる事故はもう起こらないのだから、多少可愛げのあるものを纏ってもある意味安心なのではないかと思うわけです。

多少なりとも可愛げがあると思われるアイテムに手を伸ばす怖さが薄れた一方で、近頃はプレーンなシャツやジャケットにも惹かれる。こういうなんでもない服を着ても着られてるようには見えず、程よい枯れ味というか、頑張りすぎないきちんと感が出せるのは年の功と言えましょう。いや、枯れてちゃダメなのか。でも、枯れるよね。枯れ木も山の賑わいの精神。

酷いストレスで観葉植物が枯れる。

一応付け加えておくと、単純に私の趣味として可愛い物が苦手なだけで、いくつになってもラブリーメルヘン好きな人だっているし、それはそれ。おばさんは可愛くしちゃダメ!などという偏った主張ではございません。

おばさんのミニスカートは迷惑論。

若い頃とは別の方向で姫ルック(?)を追求する方法だってきっとあるだろうし、要は力技と個性でどれだけ戦えるかってことですよ。

何を着ても似合わない 持ってる服を全部捨てる?

そんなわけで、ポンチョ。

以前は黒のスキニーにロングブーツなどで着ておったのですが、今年はもうちょいラフな感じに仕上げようかと。だるっとした白Tシャツにデニム、足元はパンプス。ショルダーバッグを持つのが難しい形状のアウターなので、鞄は斜めがけポシェットをイン。これくらいの適当さが、今はちょうどいいのではなかろうかと踏んでおります。

 




関連記事

Ines de la Fressange×UNIQLOのAWが気になる。

ここ数年常夏の生活だったもので秋冬を経験しておらず、当然服も全く買っていません。 寒い

記事を読む

雰囲気イケメン最強説。

雰囲気イケメン、っていつ頃から使われるようになった言葉でしょうか。 顔の造作自体が飛び

記事を読む

臭くないバブーシュ

1年で捨てる、早いか遅いか。

検証結果、1年でした。 ルームシューズの寿命、臭い。 1年でダメになるって早くな

記事を読む

布団の酷使とピンチの劣化。

シーズン毎に取り替えられることもなく、1年中酷使されている我が布団。 1枚でオールシー

記事を読む

サイト閉鎖で考える切ないお仕事。

By: C.E. Kent[/caption] 愚痴らないこと嘘つかないこと負けないこと投げ

記事を読む

ゴミ箱はいるのかいらないのか。

ゴミ箱を使っていない家庭ってどれくらいあるのでしょうか。 家族構成や生活スタイル、住環

記事を読む

リ・ファウンデーション 買取額が確定した。

昨日、香水とサンダルのオンライン査定を依頼していたリ・ファウンデーションに現物を送付しました

記事を読む

秋刀魚の塩焼きを頭から骨ごと食べる人。

40代ともなれば体にガタもこようというもの。頭からつま先まで、あっちもこっちも気になってくる

記事を読む

アイロンはいるのかいらないのか

捨てる日々、アイロンはいるのかいらないのか。

来月末までにもう少し持ち物を減らそうと考えています。 関連 減らす計画、捨てる日々再び

記事を読む

シンプルに生きるためのポータブルスキル。

私がモノを持たない生活をしている一番の理由は移動しやすくするためです。引越し作業というのは何

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑