秋刀魚と小ねぎのスパゲティで白ワイン。

公開日: : 家飯, 食べること ,

秋刀魚と小ねぎのスパゲティ

秋刀魚、まだまだ行きますよ。

前回は贅沢(?)にも好物の秋刀魚を味噌汁に入れました。

焼き里芋、秋刀魚のしょうが味噌汁献立。

今回は、パスタ。いつもはオーソドックスなメニューに終始しがちな秋刀魚ですが、今年はそれなりに冒険メニューを試してます。

秋刀魚と小ねぎのスパゲティで白ワイン

秋刀魚と小ねぎのスパゲティで白ワイン

  • キャベツときのこの温サラダ
  • 秋刀魚と小ねぎのスパゲティ

キャベツときのこの温サラダ

キャベツとしいたけの温サラダ

ゆでたキャベツとエリンギをうまみオイル、酢、しょうゆを合わせたドレッシングで和え、パルメザンチーズを振ります。

秋刀魚と小ねぎのスパゲティ

秋刀魚と小ねぎのスパゲティ

秋刀魚は頭とお腹を取って塩を振り、しばらく置いたら水気をしっかり拭き取ります。フライパンにオリーブオイルを引き秋刀魚を入れ、両面色づくまでこんがり焼いたらいったん取り出し、骨から外してほぐします。
フライパンを一旦キレイに洗ってから新たにオリーブオイルを入れ、つぶしたにんにく、唐辛子を加えて弱火にかけます。香りが立ったら秋刀魚を入れ、スパゲティのゆで汁を加えて乳化させてソースに。固めにゆでたスパゲティと小ねぎを加えてざっとまぜ、塩、胡椒で味をととのえ、香りづけ程度のしょうゆをたらせば完成。すだちを添えて。

一旦焼いてからほぐしてソースにする、という手順を踏んだので解説がいつもより長めですが、平たく言えば焼き秋刀魚入りペペロンチーノですね。添えるはもちろん、白ワインです。

ワインを飲む日のおつまみ

実は最初は焼く→ほぐすの手順は考えておらず、筒切りにしてオイル蒸しっぽくしたところにパスタ入れればいいや、と思っておりました。

秋刀魚のハーブ蒸し焼き、タコのガリシア風で白ワイン。

でも、よくよく考えたら食べながら骨を外すのは面倒だなと。煮つけとか酒蒸しならちまちま骨を取るのも楽しいけど、パスタでそれをやるのはちょっと違うかなと。

骨も丸ごといってしまうワイルドさを持ち合わせていたならば話は別ですが、残念ながらそこまでは、ねえ。

秋刀魚の塩焼きを頭から骨ごと食べる人。

特に変わったことはしていないのでおおよその予想がついていたこのスパゲティ。予想通りの味ではあったけれど、予想を上回る旨さでした。パスタにしても、秋刀魚とすだちのコンビネーションは最強ってことですね。

これにて今季8尾目。まだ店頭には並んでいるし、あともうちょいいけるかな?

 




関連記事

移動のお供に最適、ジャンボンクリュ・コルニッション。

いやー、びっくりした。 東京駅、激混み。 在来線のラッシュにすら縁のない私、こん

記事を読む

蒸し鶏献立

蒸し鶏ねぎソース、白菜サラダ献立。

しっかりとした肉をモリモリいきたい。そんな気分の時は結構な確率で鶏むね肉を選びます。

記事を読む

きのこ鍋で晩酌。

寒ッ! なにこれ、すっかり春気分だったのにこの裏切り者! と悪態をつきたくもなる

記事を読む

さんま水煮缶のサラダ

秋刀魚と玉ねぎのサラダ、切昆布の煮物でひとり晩酌。

さてと、今日は魚にしようかなあ。 そう考えて駅前のスーパーへ。 が、残念ながらお

記事を読む

にんじんだけのレシピ

人参の葱塩炒め、白菜のサラダ。

大根おろしが苦手だと再三書いていますが、千切りも好きではありませんでした。 何しろ、手

記事を読む

バケットグラタンとサラダ

生ハムとマッシュルームのバケットグラタン、ナッツサラダで白ワイン。

グラタンとサラダでワイン。 となれば当然グラタンがメインのように見えるけれど本日に限っ

記事を読む

カレイのゆず昆布蒸し

カレイのゆず昆布蒸し、キャベツの梅おかか和えで晩酌。

ゆず、ゆずなあ。 昔地元に豚肉と白菜をゆず風味で蒸した料理が名物の店があって、それはす

記事を読む

トリュフソルトを使ったサラダ、アッシパルマンティエで赤ワイン。

先日焼いたアッシパルマンティエの「種」がもう1回分残っているのでさっさと食べてしまおう。

記事を読む

ネギ入り卵焼き献立

ねぎ入り卵焼き、かぶのゆず風味サラダ献立

サイズいろいろミックス卵を買ったんです。その中に、明らかに小さいサイズのものが2つ入ってお

記事を読む

休肝日の献立 せりの味噌汁

休肝日ごはん 小松菜の納豆和え、せりと揚げの味噌汁献立。

週の初めは休肝日。かつては 「酒が飲めないならごはんも食べたくない」 などと恐ろ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ぶりと青菜の酒蒸し献立
たくさんあるよろこびと、持つことへの恐れ

実はこの日、売り場にはぶりカマもあったのです。 しかも

プロになれなかった私のプロフェッショナル。

学生時代のアルバイトを含めれば、すでに30年以上も働いている

オムレツ
ボロボロ加減に感じる郷愁。

ずいぶん大人になってから、わかるようになったことがあります。

チェンマイ 2015
金塊を背負って生まれてきた人間。

先日友人に 「あなたは金塊を背負って生まれてきた人間だ

おろし納豆スパゲティ
シンプルを極めるか、落とし所を探る旅。

今週はTHE・休肝日という趣のメニューが続きます。 ハ

→もっと見る

PAGE TOP ↑