秋刀魚と小ねぎのスパゲティで白ワイン。

公開日: : 家飯, 食べること ,

秋刀魚と小ねぎのスパゲティ

秋刀魚、まだまだ行きますよ。

前回は贅沢(?)にも好物の秋刀魚を味噌汁に入れました。

焼き里芋、秋刀魚のしょうが味噌汁献立。

今回は、パスタ。いつもはオーソドックスなメニューに終始しがちな秋刀魚ですが、今年はそれなりに冒険メニューを試してます。

秋刀魚と小ねぎのスパゲティで白ワイン

秋刀魚と小ねぎのスパゲティで白ワイン

  • キャベツときのこの温サラダ
  • 秋刀魚と小ねぎのスパゲティ

キャベツときのこの温サラダ

キャベツとしいたけの温サラダ

ゆでたキャベツとエリンギをうまみオイル、酢、しょうゆを合わせたドレッシングで和え、パルメザンチーズを振ります。

秋刀魚と小ねぎのスパゲティ

秋刀魚と小ねぎのスパゲティ

秋刀魚は頭とお腹を取って塩を振り、しばらく置いたら水気をしっかり拭き取ります。フライパンにオリーブオイルを引き秋刀魚を入れ、両面色づくまでこんがり焼いたらいったん取り出し、骨から外してほぐします。
フライパンを一旦キレイに洗ってから新たにオリーブオイルを入れ、つぶしたにんにく、唐辛子を加えて弱火にかけます。香りが立ったら秋刀魚を入れ、スパゲティのゆで汁を加えて乳化させてソースに。固めにゆでたスパゲティと小ねぎを加えてざっとまぜ、塩、胡椒で味をととのえ、香りづけ程度のしょうゆをたらせば完成。すだちを添えて。

一旦焼いてからほぐしてソースにする、という手順を踏んだので解説がいつもより長めですが、平たく言えば焼き秋刀魚入りペペロンチーノですね。添えるはもちろん、白ワインです。

ワインを飲む日のおつまみ

実は最初は焼く→ほぐすの手順は考えておらず、筒切りにしてオイル蒸しっぽくしたところにパスタ入れればいいや、と思っておりました。

秋刀魚のハーブ蒸し焼き、タコのガリシア風で白ワイン。

でも、よくよく考えたら食べながら骨を外すのは面倒だなと。煮つけとか酒蒸しならちまちま骨を取るのも楽しいけど、パスタでそれをやるのはちょっと違うかなと。

骨も丸ごといってしまうワイルドさを持ち合わせていたならば話は別ですが、残念ながらそこまでは、ねえ。

秋刀魚の塩焼きを頭から骨ごと食べる人。

特に変わったことはしていないのでおおよその予想がついていたこのスパゲティ。予想通りの味ではあったけれど、予想を上回る旨さでした。パスタにしても、秋刀魚とすだちのコンビネーションは最強ってことですね。

これにて今季8尾目。まだ店頭には並んでいるし、あともうちょいいけるかな?

 




関連記事

じゃがいもと白ネギのアンチョビグラタンで白ワイン。

焼酎をあんまり飲まなくなったので、ここのところの晩酌はほとんどが日本酒。たまにワイン、夏にな

記事を読む

わかめと卵の炒めもの

わかめと卵の炒めもの、にら納豆献立。

本日反省すべきは、うつわの見極めが甘かった点。 メインを大皿に盛ったところ、予測より量

記事を読む

セロリと卵の炒めもの

セロリと卵の炒めもの、なすとツナのサラダ献立。

ちょっと久しぶり?にセロリと卵の炒めものを作ってみたらば、セロリ葉が大量すぎてまるで立派なか

記事を読む

にんじんしりしり献立

にんじんしりしり、海苔かけ豆腐で晩酌。

せん切りにんじんがメインディッシュというあまりにもささやかな晩ご飯です。 数ある野菜の

記事を読む

新玉ねぎと卵の炒めもの

新玉ねぎと卵の炒めもの、生かぶサラダ献立。

オニオンスライスに続いて、こちらの新玉ねぎメニューの定番、卵炒めです。 さば水煮缶と新

記事を読む

鶏むね肉と小松菜のしょうが炒め、ししとうのしらすおろし和え

鶏むね肉と小松菜のしょうが炒め、ししとうのしらすおろし和え献立。

以前晩酌献立シリーズをお読みいただいているどなたかに、えらい細かく食材使い回しますよね、との

記事を読む

嵐のよるに。

40年以上生きていれば否が応でもいろんな経験をしてしまうもの。長く生きていればその分災害に合

記事を読む

豚ロースの梅照り焼き

豚ロースの梅照り焼き、蒸しなすサラダ献立。

そろそろ魚よねえ、魚。 肉が毎日続くのはそう苦にならないし、肉も魚もない野菜メインの献

記事を読む

家飲みおつまみメニュー 9/16 焼き厚揚げ、エリンギの吸い物。

豆腐、納豆、油揚げなどの豆製品は毎日何かしら登場させています。 これは健康のため、とか

記事を読む

エンサイの香味しょうゆ炒め、キャベツとえびの白和え献立

空芯菜とかつるむらさきとかモロヘイヤとか、熱を入れたらねばりが出る系の青菜全般、好きです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

本気の冷え性改善計画2021、開幕。

突然やってきた寒気に、戸惑いを隠せません。 いや、わか

豆腐と小松菜の塩炒め献立
自分の気性に合うカタさ。

もう何年もの間、豆腐といえば木綿に落ち着いています。

50目前、3年以内の目標。

妄想癖が強いからでしょうか。 とにかくあれこれ計画した

あんかけ焼きそば
いつだって「カリッと」が、信条。

駅前のざっかけない店でさえ、レベルが異常に高い。そんな中華料

炎症後色素沈着ケア大作戦、2ヶ月報告。Lシステインの効果は?

アトピー症状悪化による色素沈着改善作戦をぶち上げてから、2ヶ

→もっと見る

PAGE TOP ↑