リュックサックしょって街に出ない。

公開日: : ファッション, 旅人への道

tokyostation

出かけるタイミングだったからか、ここのところやたらと鞄の話ばかりしています。

秋・2週間の旅の荷物 ナイロントートひとつでまかなえるか。

鞄繋がりでリュックサックのことを考える。

リュックサック。担げば両手がフリーになるという圧倒的利便性からか、世代を問わず愛用者の多い、あのリュックサック。私はここ20年くらいは背負ってないのではなかろうかと。

リュックサックの恐ろしさ

先日も旅荷物について討論していて

「散策メインの一泊旅行程度なら、やっぱりリュックが便利だよね」

という流れになる。

確かになあ。

リュックはそこそこ大きいサイズを持っても見た目バランスがおかしくならない。そして同じ重さの荷物ならば片側にプレッシャーを掛ける作りのショルダータイプよりも、両肩に等しく仕事をさせるリュックの方が体への負担も少ないでしょう。腰とか。

軽い鞄、汚れた女疑惑のその後。

しかし旅行に限らずリュックサックは持たない、持てない、持ちたくない。その理由は怖いから。自分の背中に荷物がある。その状態が心底恐ろしいのです。

恐ろしさの種類はふたつあり、その1、重心が後ろ側にあることへの物理的な怖さ。その2、自分の目と手の届かないところに荷物があるという防犯面からの怖さ。

重心については鈍臭い人間の悲しい性というか、とにかく怖いとしか言いようがありません。リュックが何かに引っかかって引っ張られたらひっくり返っちゃうじゃないか、という怖さ。そんなケース滅多にないだろうけど。

防犯についてはとにかく旅先で嫌な思いをしたくないという小心さのゆえの怖さ。現金やカード、携帯などの貴重品をボディバッグなどで別持ちしていれば大打撃は受けないけれど、例え被害はなくとも知らない人に鞄の中身を探られでもしたら、と考えただけでもうゾゾゾ〜、となるのです。

軽くて大きい、使い勝手のいい鞄を探して。

リュックサックしょって街に出ない

daikanyama35

ところで少し前、トイレで財布を拾いました。

個別店のそれではなくテナントビルの共用トイレだったので拾得物の届け先がわからず、かといってわざわざ探すのも面倒。結局ビル内のカフェに託すことにして、若い女性スタッフさんに声を掛けると

「それ、私のです!ありがとうございます〜」

というまさかの展開になりビビりました。他にもたくさん店舗入ってるビルだったし、カフェには他のスタッフさんもわんさかいたのに、偶然本人に直接手渡せるなんて、そんなうまい話ある?

あったんです。

驚きましたが、無事本人の元へ戻ってよかったです。だからってわけでもないけど、世界は割と幸運な偶然に満ちており、そんなに怖いところでもないよね、と、常日頃から思っています。

世知辛い世の中を作っているのは誰だ。

なのに転倒や防犯を恐れてリュックすら背負えないという矛盾。なんだこれ、単にデザイン的好みの問題なのか。リュックについてまわるアウトドア風味が苦手なだけか。

荷物を持たないバックパッカー。

見てる分には確実に便利そうでも、今後もリュックサックしょって街に出ないだろうなあ。しかも緑なんて絶対ない。ランドセルより好きなんだけど。古い。

 




関連記事

毛玉はやっぱり取らなきゃダメ?それとも…。

By: storebukkebruse[/caption] この冬大活躍しているのがストール

記事を読む

ミニマリストの部屋着(夏編)

以前たまたま見たブログで 「私はパジャマを15着持っていますが、女性なら平均的な数だと

記事を読む

持つストレス、持たないストレス、おこだわり。

分厚い参考書類のおかげで自分にはやや重く、そして多すぎた感のある今回の旅の荷物。その重量に疲

記事を読む

セイリングクラブニャチャン

ベトナム一人旅の食事 ニャチャンビーチのバーで夜遊び気分。

ベトナム・ニャチャン一人旅の食記録、後編です。 前編ではオーソドックスなベトナム料理、

記事を読む

女性のビジネスファッション「女はヒールが常識」ってホント?

By: Sam Churchill[/caption] へええ、と思ったのですが。 参考 女の

記事を読む

大人の短期語学留学ライブ記録 1週目を終えて。

フィリピン・セブ島にて1ヶ月の短期語学留学体験中です。 関連 大人の短期英語留学記録

記事を読む

40代のメガネは、中途半端でちょうどいい。

100年ぶりにメガネを新調しました。 遠距離中距離近距離。何を取るかで判断が変わって

記事を読む

MBTのブーツ、サンダル MBTの効果を高める歩き方。

いやいやいや、いくらなんでも寒すぎるでしょー。まだ8月よ?? 今朝の風の冷たさに恐れを

記事を読む

少ない洋服を着回す旅、デニム以外の選択肢。

デニムが好きなので、年がら年中デニムばっかりはいています。 今回の旅でも移動中はもちろ

記事を読む

ジャケットの着こなし

少ない服でオフィスカジュアル、買い足すべきアイテムはあるか。

真っ当なお仕事に従事されている大人男女であればビジネスやフォーマルな場でもバッチリな装いを準

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑