40代の痛いファッション。

公開日: : 最終更新日:2016/12/02 ファッション, ミニマルライフ

昨年高らかに宣言しておきながら結局実現しなかったことがあります。

それは、未だ履いたことがないブーツの着用。

数年前に購入したというのにずっと新品の状態で箱に入れられたままのお気に入りブーツ。

「今年こそは履きます」

と鼻息荒く誓ったもののヒールの高さやデザインのゴツさゆえになかなか手が出ず、結局またお蔵入りとなっていたのです。

痛い40代のやりすぎコーディネート

ファーベストコーデ

もう少し寒くなったらこれで出かけよう。そう考えていたコーディネートがありました。それはうっかりタイミングを逃すとあっという間に着られなくなってしまうファーベスト黒のカットソーパンツ、そして件のブーツという全身真っ黒スタイル。

関連 ブランド靴、新品未使用・箱アリの査定額。さて、買取相場はおいくら?

このまま新品の状態で売ったらそこそこの値段になるんじゃないの?なんて小市民らしさ全開のセコい発想にて査定してもらったのですが購入金額の1/10程度にしかならず、いやいややっぱり履くべきだ、と思い直したこのブーツ。ヒールが高いことや履きなれていないことを差し引いても最近のカジュアル路線に合わせるデザインではないし、はてどうしたものかと少々持て余していたのです。

そこで考えたのがこの真っ黒コーディネート。インナーには白にゴールドのプリントが入ったキャミソールを入れましたが、それでも相当真っ黒。黒はもう似合わなくなったかな、などと言っていたくせにまさかの全身真っ黒けであります。

関連 コーディネイトにグレーを使いたくなってきた、その理由。

ここ数年この手のハードなスタイリングはご無沙汰だったので気分はすっかりコスプレ。あ、ちょうどハロウィンシーズンだしいいんじゃない、なんて妙な言い訳まで用意する。

しかしこれ、どこのビジュアル系バンドだ。こういうの、勘違いおばさんの痛々しい若作りコーデっていうのかしら?などとハラハラしながら出かけたのですが、実際のところ大した違和感はありませんでした。

コーディネートより痛々しいこと

違和感がなかった、というのは別にあらあら私全然イケてるじゃないのとかそういうアホなことではなく、やりすぎかと思えたこのスタイリングで街を歩いてみたならば身構えていたよりもブーツは歩きにくくも派手でもなく、全身真っ黒が取り立てて目立つわけでもなく、ロッカー崩れ風にもならず、別に全然普通なのでした。

そして、楽しい。

そりゃそうか。なんだか「やりすぎ」に思えたのはここのところ普段着がデニムやワイドパンツにパーカー、スニーカーなんて楽ちんスタイルに傾き過ぎていたせいであって、単なる自分比によるプレッシャーでしかなかったのでした。やあねえ、自意識過剰って。

が、ホッとしたようなちょっと期待はずれなような気分で歩きながらショーウィンドーに映った自分の姿を見て、あ、こりゃいかんと別の問題に気づく。最近スニーカーで歩くのにすっかり慣れてしまっていたせいなのか、歩き方が酷い。そして姿勢が悪い。

こりゃコーデ云々以前の問題だ。歩き方と姿勢はいつも気をつけてたつもりだったんだけどなあ。

関連 今すぐ変わる、すぐに見た目を3割よくする方法。

痛々しいのは服じゃなくてもっと根本的なところ。最近ラクなスタイルに馴染み過ぎていたからか、服だけじゃなく体が緩んでいたようです。ラクな服は大好きだけど、私みたいな自制心の効かない人間はラクさにかまけてズルズルいっちゃうとこういうことになるんだなあ。

見た目云々の話だけじゃなく、姿勢の悪さは体の歪みなど他の問題も引き起こす恐れあり。気をつけよう。

キャラは絞るがいいけれど

ファッション迷子なお年頃になると、自分らしいとか自分が好きなテイストではなく40代に似合う、とか、40代が着てもおかしくない、とか無難な正解を探して彷徨ってしまいがち。けれど悲しいかなどうでもいい格好をしてやり過ごしている時間もそう多くは残されておらず。よって、ある程度のキャラを絞って探求するのが効率的ではあります。

関連 40代ファッション迷子問題、キャラ設定も重要説。

私の場合幸いにも好みのキャラ設定は変わっておらず、体型も変わらず、流行りものもさほど持ってはいないけれど、最大の問題は体力。ずっと自分の定番だったヒールやボリュームのある鞄を毎日使うのが辛くなってきたのが迷路に入り込んだ大きな要因であったのだなあと本日の真っ黒コーデで感じました。

やれやれ、体力問題侮りがたし。

でもアレだ、毎日は無理でもたまにはこうしてヒールのあるゴツいブーツを履きたいし、やりすぎな感じの痛々しいファッションも楽しみたい。だって私にとってはこれも手持ちの少ないアイテムで楽しめるお気に入りのスタイル、だもんね。

ミニマリストの持たない暮らし

普段はラクでシンプルなアイテムを着まわし肩の力を抜きつつ、たまにはコスプレ的に空気の読めない痛々しいおばさんになる。あれこれ考えると動けなくなるけれど、やりすぎファッションといっても別にヘソを出すわけじゃなし、それで打ち合わせに行くでなし、着ていて楽しい気持ちになれるならばそれもまたいいじゃない。

ただしいつでも背筋はシャキッと伸ばして、ね。

関連 痛いおばさんファッションのすすめ。

 




関連記事

海外在住女性はなぜ化粧をしなくなるのか。

By: Pete[/caption] ここ1ヶ月ほどフィリピンやタイにいて新しい出会いもあり

記事を読む

パフォーマンスが著しく低下。

ラップトップの話です。 現在のラップトップはもう5年ほど使っているのですが、最近

記事を読む

痛いおばさんファッションのその後と女子の謎。

その後もたまにやってます、痛いおばさんコーデ遊び。 関連 痛いおばさんファッションのす

記事を読む

男性、女性 下着の平均所有枚数は?

By: Jean-Pierre Dalbéra[/caption] なんだかしょっちゅう下着を捨

記事を読む

色あせた日常の底上げ、ポイントはふたつ。

大型連休も終了し、通常モードに戻りました。あーあ。 昨年のゴールデンウィークは特に何も

記事を読む

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです。毎年恒例の「 今年買ったもの

記事を読む

40歳は立派に初老。

両親の傘寿祝いをしていません。ミニマリスト主婦は80歳一般常識に疎いもので正式(?)にはい

記事を読む

年内にやりたいと思っていること。

12月に入ると、年内にあれやこれや済ませておきたい、そして新しい年を清々しい気持ちで迎えたい

記事を読む

神経質にならずとも普通のものが普通に使える、という喜び。

By: Tracy Hunter[/caption] なんとなくとっておいてしまうものの代表

記事を読む

股下80cm以上の人を探しています。

By: Nick Page[/caption] 先日某コーヒーショップで打ち合わせを終えて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑