少ない服でも頭を使う必要大ありの秋。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

suginami_36

どれだけ服を減らそうと、手持ちの洋服を満遍なく着こなせるはずもなく。

特に秋物ってのは油断するとすぐに出番がなくなってしまうから、今の時期強く意識して使わねばならない。というか、使わなければいつまでも日の目をみることがない。

と、さすがにもう学習したので、朝晩冷えそうな日には進んでスヌードを手に取る11月です。

ローゲージニットのスヌード?おやおやそれはまだちょいと早いんじゃないの?と思われるかもしれませんが、それこそが落とし穴なのですよ。

ビジュアル全振りアイテムの使い道

お気に入りのスヌードについては、2年前にも書いておりました。

スヌードのコーディネイトで知る40代ファッションのアクセント。

これ、好きなのにあまり活用できていなかったアイテムの筆頭でして。

使えていない原因は、見た目と機能が一致しないから。つまり、冬場に大活躍しそうな見た目なのに、実は全然暖かくないというトンデモ見掛け倒しスヌードなのです。言うなれば中身空っぽの超絶イケメンみたいな感じですかね。それは言い過ぎですね。

機能性はないが、見た目はいい。ならば所有者の責任としてうまく使ってやらなくてはいけないね、というスタンスを保ち続ける私はなんて心が広いのでしょうか。

カジュアルに寄せ過ぎないスヌードのコーディネート

malloni

前回の記事ではこのイケメンスヌードを薄手のコートと合わせておりましたが、今年はもうちょい早めの登板でご機嫌をうかがうことにして、これまた長年愛用しているMALLONIのトップスにざっくり羽織る。そのまま着ればワンピースだけど、裾に空いた穴に袖を通せば身頃が二重になってトップスになるという2way仕様の一枚です。

そしてボトムには毎度おなじみのデニム、足元はスニーカー、ではなく、今年大活躍したヌードパンプスで引き締めてズルズルカジュアルを回避する。

パンプスは40代のコンフォートシューズ。

素足にパンプスはもうホントにそろそろ店じまいですね。店じまい店じまいってお前はアメ横のカバン屋かってくらい言ってますが、さすがに11月半ばくらいまで、日中でも15度切ったらおしまいかな。

首回りにボリュームを持たせるならばラフにまとめた髪が似合いそうだけれど、現在はまだまとめるほどの長さに至っていないので、いつものようにワセリンでざっくりとスタイリングするのみであります。

指先がパックリ割れる季節になりました。

ああ、それにしても2wayの罠よ。

少ない服でも頭を使う必要はある

一時このトップスのような一粒で二度美味しい的なアイテムばかりを好んで買っていたのだけれど、結局ワンピースとして着用したことは一度もない。2wayとか、リバーシブルとか、意外と片側しか活用しないんだよなあ。

たまたまそうだった、というパターンならばいいけれど、アラいいですね便利そう、という邪な思いで手に入れても結局使いこなせないのは、服も便利グッズも同じことですかね。

シンプルな暮らしを確実に遠ざける2つの邪魔もの。

いずれも長年の付き合いであるおなじみアイテム同士を合わせただけ。それでも旬を逃しがちなお気に入りを手持ちアイテム使い回しにて活用できると、なぜだかしてやったりの気分が味わえて、よい。

クローゼットの中身は変わらずとも、自分の見た目や気分はどんどん変わっていくのだから、持っている服は少ないなりに多少は頭を使いたい。使えない・似合わないのを服のせいにしてポイポイ捨てるより、自分の工夫や発想の転換でどうにかできたら愉快だし、頭を捻るのはボケ防止にもなりそうだし。

何を着ても似合わない 持ってる服を全部捨てる?

1週間着まわしページ担当スタイリストがいちばん大切にしていること。

 




関連記事

70代ミニマリスト主婦の年明け ’17。

今年もお正月は両親宅にて過ごしました。 毎回の帰省イベントを少々の緊張とともに迎えるの

記事を読む

リストは心を導く道具。ドミニック・ローホー「ゆたかな人生が始まるシンプルリスト」

夕方の雷、凄かったですねえ。 そういや夏の夕方の雷雨を部屋から眺めるの好きだったなあ、

記事を読む

NY ホテルエジソン ツインルーム

荷物を持たない都会のホテル暮らし。

引っ越したという知人の話をよくよく聞いてみると、現在はホテルを拠点として生活していると言う。

記事を読む

「365日のシンプルライフ」を観た。(ネタバレなし)

先日取り上げた映画「365日のシンプルライフ」を観てきました。 >>参考

記事を読む

ミニマリストの人に飽きてしまった。

第一営業部部長とかコンサルティングチームリーダーとか、所属する会社から付与される歴としたそれ

記事を読む

したい暮らしに、出会おう「ぜいたくな暮らし」書きました。

久しぶりにお仕事ネタなど。 住宅情報のライフルホームズが運営する暮らし情報サイトでコラ

記事を読む

今日捨てたもの 12/29 傷んだことに気がつきにくい。

By: Didriks[/caption] 私が現在住んでいるシェアハウスは若い人が多いので

記事を読む

40~60代、おとな女性の一人暮らし。

10/30に主婦の友社から「自分らしく、ひとりで暮らすということ」が発売になりました。

記事を読む

もう十分豊かな時代なのだから、必死に働かなくてもいいのでは。

個人的にとても興味深い内容だったのでシェア。 グーグル共同創業者のラリー・ペイジ氏とセ

記事を読む

今日捨てたもの キープしすぎて旬を逃す。

使わずに大切にとっておいて結局旬を逃してしまう。 これ、洋服によくありがちな失敗ですね。 お

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ゴーヤと厚揚げの黒酢炒め
いつもと少しだけ違う色。

節酒習慣のおかげで飲酒量はぐっと減りましたが、たまに晩酌もし

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

→もっと見る

PAGE TOP ↑