おばさんのミニスカートは迷惑論。

公開日: : ファッション, 生き方と考え方

おばさんがミニスカートを履く行為は周りへの迷惑を考えれば自重すべきです。

もちろんファッションは元来自由なもの、何を着ようと着まいと個人の自由だけれど、公衆の面前で老いた体を晒すのはいかがなものか、大人なら他者を不快にさせるような格好をすべきではない。

というような語り口で常識とかマナーとか人に迷惑をかけないなんていう正義をかざしつつよくわからない牽制をしあう風潮ってなんなの?というようなツイートを見て、ああ、あるかもと思いました。

ややこしい書き方ですみません。

誰が誰を何の目的で牽制したいのかがよくわからないのが最大の謎だけれど、確かにおばさんのミニスカ肌見せ迷惑論ってたまに聞くよなあと思った次第。

おじさんの褌迷惑論

nishinomiya_16

つい先日のこと、20代の女性となぜか日本の祭りについて語りあっていると

「街中を褌姿で練り歩くのホントやめて欲しい。あんなに露出してうろうろされたら辛い」

との発言があり、おおそういうこともあるのか、と驚きました。

いや、私だって褌男性が特別好物というわけではないけれど、祭りスタイルってそういうものだと認識していたのでこれまで特に褌を疑うことがなかったのです。

が、言われてみれば確かに、平成のうら若き乙女らが日中直に目にするにはややショッキングな扮装ではありますね。いや、夜中に見るほうが余計イヤか。

そんなことがあった数日後、出先で小さな祭りに遭遇しました。
早くから盛り上がっていたのでしょう、酔いつぶれて大股開きで道端に転がっている褌姿の男性の姿にああなるほどなと妙に納得したりして。これが赤ちゃんだったら微笑ましいんだけど、いろいろもじゃもじゃな感じの大人だともはや微笑みは浮かばない。

おばさんミニスカート迷惑論ってこういう感じ?多分ちょっと違う。

牽制ではなく手を汚したくないだけ説

私はといえばもともとスカートが苦手なのでミニスカートなるものに手出しする機会はありません。もちろん褌いっちょで神輿を担ぐチャンスもありません。

でもそれは私の個人的な嗜好によるものであって、人様に迷惑になるから肌の露出を控えねばならないなる道徳心からくるものではない。ミニスカートを履きたい人は履けばいいと思うし、それをみっともないとか年甲斐もなくとか身の程知らずなどと嫌悪するのもまた個人の自由でしょう。そして反ミニスカート派ならば自分は履かなければいいだけの話であって、他者にも脱ミニスカを強要する権利はない。

関連 シンプルなファッションはつまらない。

いい歳してそんな格好するなんてみっともない、までは単なる意見だからいいとして、だからやめろ、というのは年齢にそぐわない格好をしていることに気付いていない本人へのやさしさなのか、或いは単に自分の常識を押し付ける行為か。そして人様の迷惑になるから、という言い回しは自分の手を汚さずして相手を攻める間接テクニックなのか。私はいいけど、みんなはどう思うかわからないよ的なヤツ。

関連 ヒントが思わぬ場所から投げ込まれてくる話。

題材がミニスカートや褌ならばこんなにクドクドと掘り下げるような事柄ではなく、ちょっとした自虐ネタ、軽い冗談で済むのだろうけど、もっと深刻かつ息苦しい牽制もあるよね。とまとめようとしてふと気付く。

実は誰もいませんでした説

sumida_54

確かにおばさんミニスカ迷惑論を耳にしたことがある。と、記憶が肌が知っている。

でもどこで?誰かに直接言われた?と考えてみたら思い出せない。

関連 漠然とした不安の正体は。

そういうのあるよねー、と勝手に自分の脳内で醸造・増幅させただけの都市伝説ならぬ脳内伝説を自ら拡散させている可能性もなきにしもあらず。

考えれば考えるほど脳内伝説はどんどん増えていくのなら、無駄なことは考えない、考える隙を与えないのもこの世を生き抜くひとつの知恵か。

ミニマリストの持たない暮らし

怖い怖い。みんなとか世間とか一般的に、なんて軽く言い放っているストーリーの登場人物は実は全部自分だったりして、という背筋の凍る展開になったところでおしまい。ミニスカートと褌を同じステージに上げるのは無理があったか。

 




関連記事

おばさん権を行使せよ。

「姫路方面」 そう書かれたプラカードを掲げ、大荷物を背負って楽しそうに笑う大学生2人組

記事を読む

面と向かってバカと言う。

超のつく美少女に尽くしまくったという若かりし日の男の話を聞く。 ここでの「尽くす」は、

記事を読む

無地のストール一枚で魅せるマダムの威力。

激しい雨音で早朝に目覚め、慌てて起き出し開け放していた窓を閉める。 この雨のせいか、少

記事を読む

いつもの服でつくるこなれた感じのコーディネイト。

By: francois karm[/caption] 今回の旅は旅用の新しいアイテムを増や

記事を読む

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです。毎年恒例の「 今年買ったもの

記事を読む

いい歳をして、知らないことが多すぎる。

感覚に頼ると認識を誤るので、ここはひとつテクノロジーに頼りましょう。そう決意してから1週間。

記事を読む

「汚れてもいい普段着」の謎。

By: Luke Ma[/caption]   本気で寒い! というシ

記事を読む

意外と簡単?プール付豪邸暮らし 人生観を変えるかもしれない「疑似体験」

プール付の豪邸で、のんびり過ごす。 憧れますよね。 でも、一般庶民にはそんな生活

記事を読む

京都散歩2017

京都 清水寺、随求堂胎内めぐりで生まれ変わった私。

齢すでに40半ば。人生を一からやり直すことはできません。 関連 今すぐ一から人生全部や

記事を読む

1週間着まわしページ担当スタイリストがいちばん大切にしていること。

先日集英社FLAG SHOP「BAILA」のイベントにお邪魔してきました。 お誘いいた

記事を読む

Comment

  1. uu より:

    とても残念ですがやはり迷惑の範疇です。
    見たく無い物見せられるのは苦痛です。
    直接は言いませんが陰で言われて(思われて)ます。

    おじさんの褌のように祭りという非日常なら我慢しますが。

    • crispy-life より:

      uuさん

      コメントありがとうございます。

      なるほど、非日常ならまだ我慢できる、という考え方もありますね。ミニスカならばパーティーとかでしょうか。見たくないものが一切存在しない世界とはどんな感覚なんだろう、などとしばし想像してしまいました。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

出汁巻染めおろし
出汁巻染めおろし、きのこと小松菜のおひたしで晩酌。

ここのところ、目玉焼き愛を熱く語っておりましたが、卵焼きだっ

岡本太郎展
本職?人間だ。

東京都美術館で開催中の岡本太郎展に行ってきました。 岡

横浜丸紀の深蒸し焼きそば。

先日書いた「最近ハマっている食べ物」とは、焼きそばです。自炊

働きたくない想いは、苦手意識を凌駕する。

今日は午後から2件約束がありましてですね。1件は「はじめまし

鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め
鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め、蒸しなすのナムル献立。

しばらく切らしていた黒酢を補充しました。 表示価格が思

→もっと見る

PAGE TOP ↑