髪を切ったら服が似合わなくなる問題。

公開日: : 最終更新日:2018/04/22 ファッション

40代くらいになると女性がみなこぞって髪を短くし始めるのは別に

「おばさんのロングはイタい、歳を取ったらショートにすべきなのだ」

などという同調圧力に屈した結果ではなく、単なるコンディションの問題。
白髪が目立ち始めたり、髪が痩せてツヤやコシがなくなったりするせいで美しいロングヘアをキープするのが難しくなるのですね。

というような話を幾度となく書いているのは自分も白髪問題にまんまと手こずっているから。そして現在の私は自分史上最短ヘアで過ごしていますが、白髪問題のみならずショートにしてよかったなあと感じることがありまして。

それは洋服との相性です。

髪を切ると手持ちの服が似合わなくなる問題

髪型やメイクを変えると人の印象は結構ガラッと変わるので、もしかしたら服や靴を新調するよりもずっと手軽且つ確実なイメチェン手法かもしれません。切ってもまた伸びるんだしね。

でも、髪型が変わったら似合う洋服も変わってしまいそうだし、結果服をあれこれ買い直さなくちゃいけないのでは?という疑問も湧くというもの。髪型を変えたからワードローブも総とっかえ、なんて非現実的なことはできないし、なによりお気に入りの服が着られなくなるのは辛い。

さて、どうしたものか。

こればっかりは「手持ちの服」のバリエーションによるところが大きいので一概には言えませんが、個人的には髪を短くしてから使えるアイテムがぐっと増えた気がしています。

ショートで苦手を克服する

doma2

例えば以前に書いたフード問題。

関連 お気に入りのレザーブルゾンを着ない、その理由。

これは自分の中でお気に入りの洋服をよそゆき扱いしていたことがフル活用できない大きな原因ではありましたが、今となって考えれば髪型の問題もあったような。

5年ほど前は腰くらいまでの長さのロングヘアで毛先にゆるくデジタルパーマをかけていました。ドライヤーで乾かすだけでくるっとカールが出るデジタルパーマ、不器用な私にはもってこいの方法だったのですが、今考えたらあの長い髪をよく手入れしていたなあ。

当時はややお堅めの会社にて常駐仕事をしており、自分の中で精一杯の「オフィスカジュアル」で通勤していた私。よって、あのややコンサバなヘアスタイルは仕事面では正解だったのだと思います。が、普段の服には似合わない。私が本当に着たいテイストの服にはなんかちょっと重い。フード付きの服が苦手だったのもそもそも当時の髪型と合わなかったせいもあるでしょう。

件のレザーブルゾン同様、気に入っているのにあまり使えなかったのがこのロングカーディガン。

髪を切ったら服が似合わなくなる問題

前がジッパーになっていてフード付き、且つかなり攻めた色合い。表面にちょっとダメージ加工が入っている当時のTramandoっぽいプリントがとても気に入っていたのですが、何しろ派手だし、フード付きでちょっと可愛らしいし、私には似合わないかな、でも好き。という微妙な関係性を築きあげておりました。

が、これも現在は普通に着こなせるようになりました。理由は

  • 髪が短くなった
  • フードに対する苦手意識がなくなった
  • 派手な色を着ても妙に子供っぽくならなくなった

などでしょうか。
とにかく可愛らしいものが苦手な私、30代の頃は可愛いい要素がある洋服を異常なまでに避けて過ごしてきましたが、さすがに今となってはフードがついてる服を着た程度では可愛くなんてならず。

勝った。
私はようやくこのカーディガンのフードが醸し出す可愛さにも勝てる年齢になったのだ。

などとほくそ笑む始末なのですが、これも髪を切ったから気付けたことでありまして。髪型を変えると似合う洋服が変わる、というか、似合い方が変わってくる。同じアイテムでも今までとは違う着こなしを楽しめるようになる可能性もあるのです。

ショートヘアもアレンジ次第

By: Jamie

さて、髪を短くするともうひとつ心配なのがアレンジができなくなる、という点。ロングは下ろしたり結んだりまとめたりとその日の気分や洋服によって印象を容易に変えることができますからね。

が、ショートでも結構あれこれできるもの。

関連 白髪とヘアアイロンの複雑な関係。

先ほどのフード問題とは逆に、ショートカットでも少々甘さが欲しいときは巻きを入れると変化が出てこれまた面白いです。
ショートで巻くとなると、なんかおばさんパーマ的な印象が強いですが、そもそもおばさんですから大丈夫。おばさんがおばさんパーマしてもただのパーマですから。いや、パーマじゃないんだけど。

というわけで、現在のところはショートヘアと結構いい関係を築けており、手持ちアイテムを活用させるのにも一役買ってくれています。

ミニマリストの持たない暮らし

最近服が似合わなくなった、これまで好きだったジャンルの服がなんだかしっくりこない。40代はそんな悩みにぶつかりがちなお年頃。でも、もしかしたら似合わなくなったのは服じゃなくて髪型やメイクのほうだった、なんてこともあるかもしれません。

 




関連記事

重視すべきは大きさよりも重さ。

長い間温存していた旅行用鞄、ようやく日の目を見る機会がやってまいりました。 関連 軽く

記事を読む

今日捨てたもの 3/14 20年後に選ぶ靴。

By: Andrei Dimofte[/caption] のんびりしていたらもう3月半ばじゃない

記事を読む

L.L beanのトートを旅のお供に、と考える。

By: Sheila Sund[/caption] 旅に出るのは好きだけど、旅の準備が嫌いな

記事を読む

今日捨てたもの 11/13 白×黒の定番コーディネイト。

また少し洋服を減らすモードに入っています。 そもそも我が家には収納というものが皆無なので、スッ

記事を読む

ミニマリストの部屋着(2015春の結論)

By: Jaakko Holster[/caption] もうすぐ春ですね。 あまりの寒さに怯

記事を読む

ミニマリストの部屋着(夏編)

以前たまたま見たブログで 「私はパジャマを15着持っていますが、女性なら平均的な数だと

記事を読む

旅の準備のコンセプト。

By: elitatt[/caption] 旅に出るのは好きだけど、準備は嫌いです。

記事を読む

クローゼットの鍵を握るハンガーとくだらない背徳感。

整理しては散乱させてまた整理、を繰り返していたその昔。 置き場所が悪かったせいもあるけ

記事を読む

MBTのブーツ、サンダル MBTの効果を高める歩き方。

いやいやいや、いくらなんでも寒すぎるでしょー。まだ8月よ?? 今朝の風の冷たさに恐れを

記事を読む

帽子はいくつ必要か。

帽子が欲しいです。 と、書き出して考える。以前は毎日のように帽子を着用していたけれど、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑