70代ミニマリストの調味料。

公開日: : ミニマルライフ, 食べること

今年の正月に人様の家の様子を勝手にブログにUPするという暴挙に出たのですが。

関連 70代ミニマリスト主婦のキッチン。

おかげさまで相変わらずすっきりとした状態で暮らしていることがこの夏も確認できて一安心。

いや、別にモノが多ければ多いで一向に構わないのですが、突然家が散らかりだしたら何かしらの変化が生じたと思ってまず間違いないであろう70代夫婦の暮らし。帰省の度に美しい状態がキープされているのを見るのは娘として嬉しい限りなのであります。

そして今回はふと調味料にも目が止まったのでした。




70代ミニマリスト主婦、最低限の調味料

どちらかといえば料理は嫌いな母。

嫌い、と言っても主婦歴はざっと50年越え。日々の献立を構築するのに困ることはさすがにないようで、今なお大食漢の父を満足させる食事を作り続けています。

もちろん帰省中は私もそのおこぼれに預かるわけですが、いやあ、人に作ってもらう食事ってありがたいものですね。普段はワンパターンで質素なつまみばかりなので他人(といっても家族ですが)の食卓は新鮮なのであります。

さて、母の毎日の料理を支えている調味料群をチェックしてみたところ

  • 三温糖
  • 胡椒
  • 醤油
  • 味噌
  • めんつゆ(そうめん用にて夏季限定)
  • ポン酢
  • ケチャップ
  • マヨネーズ
  • ウスターソース
  • サラダ油
  • オリーブオイル
  • ごま油

など。その他はわさび、からし、七味、柚子胡椒などを必要に応じて、といった具合のようです。

あれ、なんか私とさほど変わりませんね。

関連 最低限の調味料8つ!これだけあれば料理初心者も十分自炊できる。

けれど母の作ってくれたものといえば

  • 煮込みハンバーグ
  • きんぴらごぼう(甘い)
  • ポテトサラダ(甘い)
  • かぼちゃの煮付け(甘い)
  • 出し巻き卵

など、普段私が自分では作らないものばかり。使っている調味料はさほど変わらなくても料理には違いがでるものですね。いや、私もきんぴらやかぼちゃの煮付けは作るけれど、砂糖を使った甘いバージョンではないので妙に新鮮に感じる、というか。で、普段は甘いの苦手とか言ってる癖に人に作ってもらうとそれはそれでやたら美味しかったり。

母と私の大きな違いと言えばケチャップ、みりんの有無くらいでしょうか。母は基本甘味は砂糖でつける派、私は砂糖を使わないのでみりんを愛用。そしてケチャップを使う洋食系は作らない私とハンバーグやオムレツを頻繁に作る母。これくらいでしょうか。

毎日尋常じゃない量のそうめんを摂取する父のためにめんつゆは市販のものを利用するなど母も近頃はそれなりに手を抜いてはいるようですが、作り置きはせず毎日買い出しに行くため冷蔵庫はガラッガラ。私が買い置きもせず◯◯の素などの便利系調味料も使わないのは母譲りだったのかもね、なんて思ったり。

ミニマリストの持たない暮らし

同じような調味料や素材を使っていても献立は異なる。まあ調理人が違えば出来上がる料理が違ってくるのは当然なのですが、なんだか改めて面白いなあと感じたのでした。料理のレパートリーを増やすためには調味料をあれこれ揃えるべし、なんて単純なものではないんだね、やっぱり。

 






関連記事

春雨炒め

野菜と春雨の炒め煮、ザーサイと葱の和え物で晩酌。

普段なら肉類を投入しそうなメニューですが、なんとなく今週は肉抜き気分ゆえに具は野菜のみ、の春

記事を読む

wingtip

今日捨てたもの 8/15 靴べらを使った記憶はゼロに等しい。

今月は毎日何かを1つ処分すると決め、毎日実行中です。 毎朝起きてすぐ 「さて今日

記事を読む

ぬか漬け つるむらさきのナムル 蒸しなすとトマトのサラダ 肉じゃが

肉じゃが、つるむらさきのナムル献立。

しつこくもイモメニューが続きます。本日は久しぶりに肉じゃがなどを煮てみました。 角がピ

記事を読む

鯖と白菜の味噌煮込み

家飲みメニュー 鯖と白菜の味噌煮込み、蕪の葉の辛味炒め。

さあ、どんどん献立が怪しくなる時期がやって参りました。 自宅を一定期間留守にする場合は

記事を読む

By: greg westfall

ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

先月バンコクからフィリピンへのフライトの際にマニラ空港で8時間のトランジットがありました。

記事を読む

肉団子味噌ちゃんこ鍋

一人鍋で晩酌、肉団子味噌ちゃんこ鍋。

ちゃんこ鍋とはなんぞや。 相撲部屋で食される鍋、そして力士引退後の飲食店ビジネスの形態

記事を読む

晩酌献立

肉団子と春雨の煮込み、小松菜の梅海苔和え。

大鍋にドン、と具沢山の汁物などを作って日々消費していく、というスタイルが苦手です。 ラ

記事を読む

list

リストは心を導く道具。ドミニック・ローホー「ゆたかな人生が始まるシンプルリスト」

夕方の雷、凄かったですねえ。 そういや夏の夕方の雷雨を部屋から眺めるの好きだったなあ、

記事を読む

airportsofa

最小限の洋服で身軽におしゃれに旅したい!持ち物リストに加えたい”カンガ”。

重いものを持つのがとにかくキライな私。旅の荷物はできるだけ少なく、軽く、コンパクトにまとめた

記事を読む

By: Stein Magne Bjørklund

乾いた人生、シンプル・やめるが正解ではない。

By: Stein Magne Bjørklund[/caption] 思い返せばいつも乾燥

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

cebu-diary-122
オリジナリティにこだわらない。

久しぶりの快晴。 やはりこの島には青空が似合うなあ、こう

cebu-text-1
フィリピンにいながら日本の教材で英語を学ぶ理由 大人の短期留学ライブ記録 3週目を終えて。

社会人の短期語学留学。3週目が終了しました。 関連 セブ

ひとりぜいたく晩酌帖
ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が

171115ienomi_7
こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

まだまだ南国にて酒なし生活継続中ですが、書ききれていなかった晩

cebu-diary10_2
自信はないのに諦めない。セブ日記 11

まさかまさかの4連チャン。 過去こんなに連日降り続けるよ

→もっと見る

PAGE TOP ↑