我が家のモノは98%がゴミだったとわかってうなだれ中。

公開日: : 最終更新日:2016/07/13 ミニマルライフ, 捨てる

引っ越しを控えている身内からタイトル内容のメールを受信しました。

98%て。限りなく100に近いじゃないか。

まあ98%はやや盛った感があるにせよ、捨てるモノの多さに驚愕そして脱力している、といった心境ゆえの数字なのでしょう。

「新居に持っていくモノより処分品のほうが多かった」

という言葉にもその様子が見て取れます。

処分品が溜まっていた理由

せっかくの機会なのでネタにしてやろうと状況を根掘り葉掘り聞き出す嫌な私。

聞き取り調査によれば要らないもの、処分するものの内訳は

  • テレビ
  • DVDプレーヤー
  • ビデオデッキ
  • 布団乾燥機

など。

もともと衣類を山のように買い漁るタイプではないので捨てるものが多いとはいえ洋服類はさほど場所を取っていなかったと思われますが、家電製品はそこそこのボリュームになりそう。

あれ?随分前からテレビ持ってないから観てないって言ってたのになあ、と不思議に思って聞けば

「かなり前に故障していたけど処分するのが面倒で放置していた」

とのお答え。
普通にゴミとして捨てられる、もしくは買取りや下取りで多少なりともお金が入るのならば処分もサクサク進むのでしょうが。

関連 処分する服をブランドアイテム買取に出してみた。

不用品を捨てるにも手間やお金がかかる時代。捨てたいと思いつつもついつい後回しにしてしまうのは現代のお片づけあるあるですね。

面倒な片付けを回避するための対策

などと人のことをあれこれ詮索していますが面倒くさいがゆえに放置、はむしろ私のお家芸。これは別に片付けに限らず行動全般に発動してしまう特性であります。

そんな自分の性質を理解しているからこそやっていることがいくつかあります。

これらは長年のガサツ生活から編み出した生活の知恵ではありますが、自分の持ち物を見直すのに最も効率がよい方法はダントツで引っ越しでしょう。

関連 持たない暮らし、放浪癖と引越し事情。

もし私が一箇所に長く定住する生活を送っていたなら今のスタイルは確立できていなかったのかもしれません。もちろん、モノを減らす、すっきり暮らすためにわざわざ引越しを繰り返しているわけではないけれど。

ミニマリストの持たない暮らし

さて、持ち物の98%がゴミだったとうなだれ中の身内は現在のマンションに越して既に15年。そりゃあモノが増えるのも当然というものです。新居は旧住まいよりも広くなるのに手持ち荷物をかなり処分する、となるとかなりすっきりした状態になるのではないでしょうか。

新居に遊びに行くのが今から楽しみです。ネタにしてごめんね。

 




関連記事

使わないもののゆくえ、捨てられない切ない気持ち。

先延ばしにしていたSSL化を済ませてちょっといい気分。 関連 先延ばしを片付けた達

記事を読む

日常がつまらないのではなく、非日常こそが夢の世界ではなく。

自宅以外の場所で長期間過ごすことには結構慣れています。思い返せば2016年は1/3近くも家を

記事を読む

来年からやめようと思っていること。

12月に入ると、さて来年はああしたいこうしたい、などと考え始めるのが人間というものです。

記事を読む

EMILIO PUCCIのボストンバッグで冬支度。

By: Thomas8047[/caption] 去年の今頃は部屋が寒い寒いとのたうち回って

記事を読む

70代ミニマリストの調味料。

By: Franck Michel[/caption] 今年の正月に人様の家の様子を勝手にブ

記事を読む

最低限の調味料8つ!これだけあれば料理初心者も十分自炊できる。

一人暮らしのみなさん、自炊してますか?なるべく生活をシンプルにするため、自炊を一切せずに「食のア

記事を読む

捨てる効果。モノを捨てれば生まれ変われる?

モノを減らすためには当然モノを捨てる必要があります。 しかし、単に捨てるだけでは快適な

記事を読む

ミニマリストのキッチン

80代ミニマリスト主婦の変化。

ミニマリスト主婦シリーズ、2021です。ミニマリスト主婦の記録今年は例のアレがアレなもので

記事を読む

フェイスタオルを新調。しっかりふわふわ、気持ちいい。

By: Frank Hebbert[/caption] 先日捨てたフェイスタオル。 参

記事を読む

今日捨てたもの 8/19 一人暮らしのタッパー適正数。

8月は毎日何かひとつづつ手放す月間と決め、毎日実行しています。 月半ばあたりには捨てる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑