我が家のモノは98%がゴミだったとわかってうなだれ中。

公開日: : 最終更新日:2016/07/13 ミニマルライフ, 捨てる

引っ越しを控えている身内からタイトル内容のメールを受信しました。

98%て。限りなく100に近いじゃないか。

まあ98%はやや盛った感があるにせよ、捨てるモノの多さに驚愕そして脱力している、といった心境ゆえの数字なのでしょう。

「新居に持っていくモノより処分品のほうが多かった」

という言葉にもその様子が見て取れます。

処分品が溜まっていた理由

せっかくの機会なのでネタにしてやろうと状況を根掘り葉掘り聞き出す嫌な私。

聞き取り調査によれば要らないもの、処分するものの内訳は

  • テレビ
  • DVDプレーヤー
  • ビデオデッキ
  • 布団乾燥機

など。

もともと衣類を山のように買い漁るタイプではないので捨てるものが多いとはいえ洋服類はさほど場所を取っていなかったと思われますが、家電製品はそこそこのボリュームになりそう。

あれ?随分前からテレビ持ってないから観てないって言ってたのになあ、と不思議に思って聞けば

「かなり前に故障していたけど処分するのが面倒で放置していた」

とのお答え。
普通にゴミとして捨てられる、もしくは買取りや下取りで多少なりともお金が入るのならば処分もサクサク進むのでしょうが。

関連 処分する服をブランドアイテム買取に出してみた。

不用品を捨てるにも手間やお金がかかる時代。捨てたいと思いつつもついつい後回しにしてしまうのは現代のお片づけあるあるですね。

面倒な片付けを回避するための対策

などと人のことをあれこれ詮索していますが面倒くさいがゆえに放置、はむしろ私のお家芸。これは別に片付けに限らず行動全般に発動してしまう特性であります。

そんな自分の性質を理解しているからこそやっていることがいくつかあります。

これらは長年のガサツ生活から編み出した生活の知恵ではありますが、自分の持ち物を見直すのに最も効率がよい方法はダントツで引っ越しでしょう。

関連 持たない暮らし、放浪癖と引越し事情。

もし私が一箇所に長く定住する生活を送っていたなら今のスタイルは確立できていなかったのかもしれません。もちろん、モノを減らす、すっきり暮らすためにわざわざ引越しを繰り返しているわけではないけれど。

ミニマリストの持たない暮らし

さて、持ち物の98%がゴミだったとうなだれ中の身内は現在のマンションに越して既に15年。そりゃあモノが増えるのも当然というものです。新居は旧住まいよりも広くなるのに手持ち荷物をかなり処分する、となるとかなりすっきりした状態になるのではないでしょうか。

新居に遊びに行くのが今から楽しみです。ネタにしてごめんね。

 




関連記事

人間より、モノのほうが信じられる。

ここのところ訳あって依存に関する書物を読み漁っています。 その中で 「人間は人(

記事を読む

今日捨てたもの 12/28 清々しく新年を迎える準備。

By: Nick Page[/caption] 久しぶりの「捨て記事」です。 年末は否

記事を読む

服がない、おしゃれに無縁の1ヶ月。セブ日記 6

服がない。正確には、手元にない。 ここに到着して1週間と少し。すでにコーディネートはロ

記事を読む

寒がりの冬ファッション 防寒対策スエットは却下。

By: Miguel Virkkunen Carvalho[/caption] 冬に向けての

記事を読む

場所を取るけど絶対に捨てられないもの。

By: Chris Potter[/caption] 場所を取るので捨てたいけど捨てられない

記事を読む

ブランド買取の相場って?リサイクル店は結構良心的だと思った。

夏の終わりに、ブランドアイテム買取サイトで買取不可と判断されたアイテムを実店舗に持ち込んだ、

記事を読む

モノを持たない暮らしなんて味気ないと感じる理由 。

先月限界点を大きく突破した箸を処分しました。 関連 暮らしの定点観測のすすめ。

記事を読む

部屋に姿見を置かない理由、使うきっかけ。

今更ですが、姿見を導入しました。 ドライヤーとか姿見ってあったほうが便利だけど、ないな

記事を読む

荷物を持たないバックパッカー。

誰かと一緒の場合以外はさほど積極的に観光地巡りをしないタイプです。 いや、もちろん行きたい

記事を読む

持たない日々を後悔する 春本番のコーディネート。

ようやくの気温上昇で本格的な春の装い。 花見がてらの夜の集い、さて何を着て行きましょう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくま

50歳目前での仕事探し。

2021年初の歯科検診にいってまいりました。歯科通いもかれこ

キャベツの味噌汁 ぬか漬け カブのサラダ ゆずドレッシング 里芋ネギ炒め
里芋のねぎ塩炒め、かぶのサラダゆず風味献立

手軽に使える食材であるいも類でありながら、下ごしらえがなかな

→もっと見る

PAGE TOP ↑