祝・越冬。寒がりの冬を支えたアイテムたち。

公開日: : ミニマルライフ, 冷え性改善

tokyotower36

朝晩はまだ多少冷えるものの、もう凍えるようなそれではなく、日中は上着なしでも歩ける陽気。

春ではないがしかし、冬でもない。そろそろ宣言してもいいんじゃないでしょうか。

「今年も、無事越冬いたしました!」

寒がり、冷え性のみなさま、今年もお疲れ様でした。

寒がりの冬を支えたアイテムたち

Ceramic heater

寒い時期を支えてくれたのは、毎度おなじみのアイテムたち。

湯たんぽももう5年選手となりました。これなしで冬の安眠はありえません。

末端冷え性におすすめ やわらか湯たんぽを使ってみる。

さらに今期新たに導入したのが小型のセラミックファンヒーター。

小型セラミックファンヒーターがうるさい、そして故障。

うるさい、壊れたと文句を垂れていた割に、その後音量にもすっかり慣れ、交換品は調子よく、仕事中の私の足を温め続けてくれました。そしてセラミックヒーターによる乾燥対策として、久しぶりに観葉植物を導入。気休め程度かもしれませんが、部屋に緑が欲しいとはずっと思っていたのでめでたしであります。

寒いと言いつつ、やっぱり毛布は使わなかった冬。

1枚でオールシーズン使える布団を探して。

湯たんぽとペラペラ布団の黄金タッグは、私の冬の必需品となりました。来年もひとつよろしくお願いいたします。

末端冷え性はどうなったのか

141106lg

越冬を宣言して改めて振り返ってみれば、そう辛くなかった気がする今年の冬。いや、寒い辛いと言ってたか。言ってたわ。

冷え性で早起きが辛い、朝が寒い。

それでもあの頃抱えていた酷い冷えの症状は、ずいぶん改善したと実感しているのです。足先が冷たくて眠れない、なんて夜は、一夜だってなかったもんね。

本気の冷え性改善計画、今年の冬こそは。

冷え性改善に取り組み始めて、早5年。現在も継続している主な冷え性対策は、風呂、生活習慣、飲み物、あたりでしょうか。一人暮らし歴早20数年。こんなに毎日風呂に入ったことがあっただろうか、いやない。という状態であります。季節を問わず、風呂。湯船最強。

風呂は絶対後悔しない、裏切らない。

さらに、そこそこ季節正しい生活を心がけ、夏場でも冷たいものは飲みすぎず、晩酌時は熱燗をメインに。大して面白みのない対策ばかりですが、毎日の積み重ねこそが勝利への道、なのかもしれません。

以前ほど寒さを感じなくなったのは、現在の部屋の蓄熱性も大いに貢献してくれてはいます。が、ここは終の住処ではない。

地元で生きる力強さと終の住処を考える。

どこへ行っても冷えない自分であるために、油断は禁物。この先も、運が良ければ幾度だって来るであろう冬に備えるべく、小さな習慣をコツコツ積み重ねていく所存です。

兎にも角にも、もうそろそろ大丈夫でしょう。寒がりのみなさん、春近し、ですよ。




関連記事

オールシーズンこれ1枚計画の逆転劇。

By: TANAKA Juuyoh (田中十洋)[/caption] 桃の節句も過ぎ、本格的

記事を読む

ネイルを1本だけ残すなら。

By: Travis Wise[/caption] 日常的にネイルをしなくなって随分と経ちま

記事を読む

服を買うなら捨てなさい スタイリストが提案する持たないスタイル。

By: Rubbermaid Products[/caption] 先日発売されたばかりの地

記事を読む

マスクは苦しいからつけたくない。

ドライでアーバンな大人同士のお付き合いなので、普段は実家に電話の1本入れることがない。便りがない

記事を読む

シンプル 瞑想

チェンマイの寺でお坊さんに教わったシンプルな瞑想法。

今回チェンマイまで足を伸ばしたのはとあるお寺で瞑想を体験するためでした。 参考 タイ

記事を読む

もう十分豊かな時代なのだから、必死に働かなくてもいいのでは。

個人的にとても興味深い内容だったのでシェア。 グーグル共同創業者のラリー・ペイジ氏とセ

記事を読む

まだそのサンダル履いてるの?

昨日あのお方より、開幕宣言を拝受しました。 勝ち組兄さん家の電気料金はひと月約800円

記事を読む

増え続ける洋服をなんとかしたい!クローゼットの上手な整え方5ステップ。

現在発売中の雑誌「天然生活」10月号に興味深い特集があったので読んでみました。 私が気

記事を読む

東京タワー

40代東京一人暮らし、早く引っ越ししてほしい。

1LDKなんて絶対反対断固拒否。私の部屋がないじゃないか。 そうひと暴れしてから早数ヶ

記事を読む

モノを持たないミニマルな生活で「節約」できるのか。

タイトルの通りです。 持たない暮らしとお金の関係性について、 「ミニマリストは普

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑