シンプルライフの成れの果て。

公開日: : 最終更新日:2019/03/15 ミニマルライフ, 読書, 食べること

spainfood36

普段は朝と夜の1日2食体制を基本としていますが、誰かと一緒にとか、打ち合わせを兼ねて、なんて場合は普通に昼も食べます。

最近はそんな機会が増えて来ているのですが、これがなかなかキツイなと。

「キツイ」という表現は、店に対していささか失礼にあたるでしょうか。

確かに、これは店ではなく、私に問題があるからこそのキツさなのです。

食シンプル化の成れの果て

spainfood25

外ランチの何がキツイって、量が多いとか、野菜が少ないとか、味か濃いとか、そういうこと。

趣味は暴飲暴食と豪語していた私も、今やめっきり少食になりました。いや、今も1人前程度は普通に食べられるのだけど、食べた後なかなか消化しないというか、いつまでもこなれていかない感じがするというか、午後からの仕事が辛くなる。

加えて、普段は自宅で野菜メインの簡単すぎるつまみをモサモサ食んでいるものだから、外で食べる料理がなんだか豪華すぎてどうしましょう、となるのです。

そう、外で食べる料理は、今の私には豪華すぎたり、美味しすぎたりする。

美味しいものを食べるのは全くもってウェルカムなので、うれしいといえばうれしい。でも、ややtoo muchかなと感じる。夜に酒を飲みながら食べるならまだしも、普段は食べない昼食に豪華な料理など摂ろうものなら、体がその豪華さに追いついていけていないのが自分でもよくわかります。

食事をどんどん質素にしてきた結果、こうなった。慣れってのは、怖いですね。

自分の料理が好きすぎる

トマト塩昆布奴

元々簡単な料理しか作らないほうだったけど、最近はまた自炊の簡素化に拍車がかかっている気がします。数年前と最近の晩酌風景を見比べてみると、量も減っているような。

砂肝と玉ねぎの香味サラダ、ピーマンとしらすの酒炒りで家飲み。

いか大根、ねぎ塩昆布やっこ献立。

食べるのは好きだから、食が細くなるのは避けたい。けれど、自分が作る地味な献立が悪くない、むしろ好きすぎるかもしれないとさえ思う今日この頃。

そりゃ自分の好きなものばかりを好きなように作って食べるのだから、旨いと思って当たり前なんだけど、それにしても外で食べるとびきり美味しい料理より自作つまみが愛しいとはこれいかに。

が、もしかしたらこれは、長年自分の食べるものを自分で作り続けてきた人間なら誰もがたどり着く場所なのかもね、と「もうレシピ本はいらない」を読んで思ったのでした。

豪華な外食も、世界各国の調味料やスパイスを駆使したレシピに習って料理するのも好きだったのに、冷蔵庫を使うことを止め、ついでに(じゃないけど)50歳を機に会社も辞めてしまった独身女性の自炊論。

魂の退社 50代で会社を辞めるという決意。

味付けは塩頼り、味噌とぬか漬け、油揚げを多用し、えのき出汁を愛し、地味なつまみで酒を飲む。なんだかものすごく親近感の湧く話ばかりじゃありませんか。

私の家には冷蔵庫はあるので、稲垣氏ほど徹底したエコな食生活ではないけれど、

「食事が楽しみすぎて走って帰る」

その感覚は、なんだかとてもよくわかる。

確かに、食事は人生を救う方法のひとつ。自分の食べるものを自分で作れる力があれば、この先もどうにか生きていける、かな。

機嫌よく過ごす方法、リストアップで逆算する。

 




関連記事

蕪のミルク煮

蕪と鮭のミルク煮と白ワインで家飲み。

好きなのでついつい手出しするけれど一束5つとかになると消費しきるまで結構手強い存在である蕪。

記事を読む

祝・越冬。寒がりの冬を支えたアイテムたち。

朝晩はまだ多少冷えるものの、もう凍えるようなそれではなく、日中は上着なしでも歩ける陽気。

記事を読む

三州屋鳥豆腐

家飲みメニュー 鶏豆腐、キャベツの塩昆布和え。

出汁を飲みながら酒を呑む。そんな汁重ねの季節がやってまいりました。出汁料理の筆頭といえば鍋料

記事を読む

新しいアイテムに頼る秋、コーディネートを記録する効果。

久しぶりにストールを新調しました。 巻物が好きなので、ストールは同じブランドのものをも

記事を読む

休肝日ごはん 味玉ごはん、レッドキャベツのごま酢和え献立。

久しぶりの味玉が旨かったので、またまた同様の手口にて仕込んでおきました。 休肝日ごはん

記事を読む

肉団子と白菜の蒸し鍋

肉団子と白菜の蒸し鍋で家飲み。

3/3は桃の節句。 小さい女の子がいる家庭以外は特別なことはしないでしょうが、スーパー

記事を読む

いり焼き豆腐

いり焼き豆腐、蒸し鶏ネギだれ。

さて、夕食の準備でもするか。 という段階になってから急遽メニューを変更しました。

記事を読む

海老とそら豆の塩炒め

海老とそら豆の塩炒め、にらのからし和え献立。

毎度好物が多くで恐縮ですが、そら豆が好きです。 好きだけれどあまり登場しない理由は、量

記事を読む

モノがあったら幸せなのに。モノがなければ幸せなのに。

来月久しぶりに日本を離れる、と書きました。 参考 最低限の英語。 期間は約40日

記事を読む

レッドキャベツとチーズの和えるだけパスタ

レッドキャベツとチーズの和えるだけパスタ。

しつこくも塩もみ野菜の話。レッドキャベツの使い道をいろいろ試しています。 休肝日ごはん

記事を読む

Comment

  1. まるい より:

    つい最近稲垣さんの本を読み、
    つい最近ランチ代わりのパンケーキで胃もたれを経験。
    これは黙ってられず、お口ムズムズのまるいです。

    アラフィフシングルというザックリ共通カテにあるので、食生活を徐々に変えていこうかなぁ、
    と本を読み思いました。
    ブログで後押しされた、と勝手に受け取りました。(笑)

    先日洗濯機が壊れ、これを機会に「無し」生活を試みましたが、ギブアップ。
    今はnew洗濯機に感謝の念を持って、衣類を放り込んでます。

    読書中「走って帰る」の部分で反応したのは、
    気付くとそれに向かって(本当に)走ってる、という経験はウン十年前にデートの待ち合わせだったなぁ(遅刻ではなく)、
    と遠い目になったこと。

    おうちに向かって(本当に)走って帰る、という幸せ感度高い生活目指すぞ。 おー!

    • crispy-life より:

      まるいさん

      ランチ代わりのパンケーキ、は私も自信ないですねえ。

      元々胃がかなり強くて、胸やけ胃もたれとは無縁の人生でしたが、ちょっと濃い味ソースのパスタあたりでも、夜まで胃が重たくなってしまうこの頃です。ああ、切ないお年頃。と言いつつも、夜の外食では酒が入って麻痺するからか、結構がっつり食べちゃうんですけどね。何やってんだか、これじゃあしっかりランチよりタチが悪い…

      ところでデートに走って駆けつけた思い出があるのって、なんだかいいですね、うふふ。もちろん、家飯目掛けて走って帰るのも悪かないですよ。お互い、今の体にちょうどよい「美味しいもの」を追求する生活を、大いに楽しもうありませんか。おー!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑