40代のファッション、無難さに逃げない方向で。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

pumpus_2

手持ちの服を使って今の時期のコーディネイトを複数組む。という仕事をしていて、あれ、こりゃ結構難しいなと気づく。

ひとつのアイテムを軸にバリエーションを見せるとか、少ない服を何通りにも着回すといった趣旨ではないので、ここは異なる印象のスタイルを複数体作るのがベストだな。そう判断を下してもなお、手こずる。

手こずるってあなた、さほど衣装持ちでもないんだし、使えるアイテムは限られているのだから、考えうるバリエーションはだいたい決まってくるでしょうよ、という話。

なのに妙に難しい理由は、そもそもそういうやり方をする機会がないからです。



計画性のある着回しは作り置き

black-coat2

「そういうやり方」とは、何パターンもの着こなしを一度に考える、という手法。

普段は朝起きた時に今日着るものを決めているもので、翌日着る服をあらかじめセットしておくなんて準備のよいことは、年に数回程度しかない。

パンプスで調子に乗った女の足出しコーディネイト。

あらかじめ考えたとしても、せいぜい1~2パターンか。それ以上を一度に組み立てるなんて日常生活ではまずしないので、そりゃ悩むよね。

でも、何を着ようかと毎朝毎朝悩み続けるのはもったいない、服選びを効率化したいと考えるならば、着こなしパターンをあらかじめ用意し、それらを固定してスマートな時間短縮を試みるのがベストでしょう。

寝坊した日に選ぶ服。

アレですね。おかず作りおきと同じ原理ですね。

日々ちょこちょこと手間のかからない簡単なつまみを作るスタイルを選択している私が、毎朝簡単なコーディネイトをささっと選択して出掛けるのは性格的にまあ納得、といったところでしょうか。「簡単」って、今の時期はそこそこ酷い格好ばっかりしてますけどね。特別なイベントごとのない日はだいたいデニムにスニーカーにTシャツにパーカーだのカーディガンだの引っ掛けてばかりですけどね。

思考停止ワンパターンワンピースはおしゃれじゃない・夏。

夏は夏とて、思考停止コーデまっしぐらであります。

無難さに逃げないスタイルで攻める

そういや以前、ファッション誌の花形企画である着まわしページ担当多数のスタイリストさんが、コーディネートなんて結局は何を選ぶかで決まる、と言われていたっけ。

1週間着まわしページ担当スタイリストがいちばん大切にしていること。

しっくりくるスタイルのためには、それ相応のアイテムが必要である。

当然といえば当然だけど、我々素人衆は服選びにはとにかく着回しのきく、シンプルな、定番、あたりのアイテムが絶対的正義だと信じ込んじゃってる節がある。変わったデザインのものは飽きやすいとか、個性的なものは目に留まりやすいゆえにあらあの人いつも同じ服着てるわよーって言われがち、とか。

シンプルだから飽きない、は真実か。

よくよく考えてみれば、それがどうしたって話ですけどもね。いつも同じ服じゃダメなのかってね。きちんとお手入れがされていて臭くさえなければ別にいいではないか。

そういや知り合いに絶対に赤しか着ないという人がいたっけ。赤なんて着回し云々考えればそうそう手を出せない領域だけれど、あれはあれでひとつのスタイルだなあと感心することしきり。

40代ファッション迷子問題、キャラ設定も重要説。

そこまで潔い決断はできないけれど、さりげなさこそがおしゃれでもないでしょう、無難だけが正解でもないでしょう。

そんな言い訳を用意して無難さよりも好みを優先していくと、どんどんシンプルから離れていくのであった。

 




関連記事

sale

持たない暮らしと買い物について改めて考える。

By: Floriana[/caption] 今月は毎日1つ、何かを手放す月間です。

記事を読む

PAG_1

40代の冬の服、可愛いと若作りの間で。

眠らせてしまいがちなアイテムの活用に成功している今秋。 少ない服でも頭を使う必要大あり

記事を読む

By: Saxbald Street Photography

「今の自分」に似合う服 パーソナルスタイリストの視点とは。

By: Jason Hargrove[/caption] 随分昔の話ですが、知り合いからとあ

記事を読む

春の初めのコーディネイト

春の初めのコーディネイトと16SSファッション計画。

By: Evan Bench[/caption] 20度越え! やったね、今年も無事越

記事を読む

closet-hanger

クローゼットの鍵を握るハンガーとくだらない背徳感。

整理しては散乱させてまた整理、を繰り返していたその昔。 置き場所が悪かったせいもあるけ

記事を読む

By: Steve Larkin

今日捨てたもの 望みを叶える方法はひとつじゃない。

By: Steve Larkin[/caption] 最近はめっきり音楽CDのデータ化に勤し

記事を読む

daikanyama32

貯まる体質、痩せる習慣。

By: Randen Pederson[/caption] 友人知人から事あるごとに

記事を読む

mashiko-2015

老後の暮らし、それのどこがそんなに不安なんですか。

帰り道に立ち寄った書店で自営業者に向けた老後のお金に関する本を見かけてふと手に取る。

記事を読む

ブランド買取体験談

“BRAND COLLECT” の買取査定額が確定した。

ZOZOとBrandearに引き取ってもらえなかったブランドアイテムをBRAND COLLE

記事を読む

checkup.min

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

里芋のねぎ油炒め
里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさ

chiyoda_sanpo_9
なくても困らない、キャッチアップできない。

この1年間の活動が、まるっとなかったことになっていました。

キャベツと豚肉のナンプラー炒めのせごはん
休肝日ごはん キャベツと豚肉のナンプラー炒めのせごはん献立。

週の初めは休肝日。 休肝日の献立は、味噌汁、漬もの、ごは

code1
手持ちの服で乗り切るオフィスカジュアル。

ふざけた、もしくはだらしない、いや、カジュアルすぎる服しか持ち

むね肉とちぢみ小松菜のしょうが炒め
むね肉とちぢみ小松菜のしょうが炒め、京にんじんの白和え献立。

寒さでちぢむのは、ほうれん草だけじゃないんですね。 高知

→もっと見る

PAGE TOP ↑