40代のファッション、無難さに逃げない方向で。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

pumpus_2

手持ちの服を使って今の時期のコーディネイトを複数組む。という仕事をしていて、あれ、こりゃ結構難しいなと気づく。

ひとつのアイテムを軸にバリエーションを見せるとか、少ない服を何通りにも着回すといった趣旨ではないので、ここは異なる印象のスタイルを複数体作るのがベストだな。そう判断を下してもなお、手こずる。

手こずるってあなた、さほど衣装持ちでもないんだし、使えるアイテムは限られているのだから、考えうるバリエーションはだいたい決まってくるでしょうよ、という話。

なのに妙に難しい理由は、そもそもそういうやり方をする機会がないからです。

計画性のある着回しは作り置き

black-coat2

「そういうやり方」とは、何パターンもの着こなしを一度に考える、という手法。

普段は朝起きた時に今日着るものを決めているもので、翌日着る服をあらかじめセットしておくなんて準備のよいことは、年に数回程度しかない。

パンプスで調子に乗った女の足出しコーディネイト。

あらかじめ考えたとしても、せいぜい1~2パターンか。それ以上を一度に組み立てるなんて日常生活ではまずしないので、そりゃ悩むよね。

でも、何を着ようかと毎朝毎朝悩み続けるのはもったいない、服選びを効率化したいと考えるならば、着こなしパターンをあらかじめ用意し、それらを固定してスマートな時間短縮を試みるのがベストでしょう。

寝坊した日に選ぶ服。

アレですね。おかず作りおきと同じ原理ですね。

日々ちょこちょこと手間のかからない簡単なつまみを作るスタイルを選択している私が、毎朝簡単なコーディネイトをささっと選択して出掛けるのは性格的にまあ納得、といったところでしょうか。「簡単」って、今の時期はそこそこ酷い格好ばっかりしてますけどね。特別なイベントごとのない日はだいたいデニムにスニーカーにTシャツにパーカーだのカーディガンだの引っ掛けてばかりですけどね。

思考停止ワンパターンワンピースはおしゃれじゃない・夏。

夏は夏とて、思考停止コーデまっしぐらであります。

無難さに逃げないスタイルで攻める

そういや以前、ファッション誌の花形企画である着まわしページ担当多数のスタイリストさんが、コーディネートなんて結局は何を選ぶかで決まる、と言われていたっけ。

1週間着まわしページ担当スタイリストがいちばん大切にしていること。

しっくりくるスタイルのためには、それ相応のアイテムが必要である。

当然といえば当然だけど、我々素人衆は服選びにはとにかく着回しのきく、シンプルな、定番、あたりのアイテムが絶対的正義だと信じ込んじゃってる節がある。変わったデザインのものは飽きやすいとか、個性的なものは目に留まりやすいゆえにあらあの人いつも同じ服着てるわよーって言われがち、とか。

シンプルだから飽きない、は真実か。

よくよく考えてみれば、それがどうしたって話ですけどもね。いつも同じ服じゃダメなのかってね。きちんとお手入れがされていて臭くさえなければ別にいいではないか。

そういや知り合いに絶対に赤しか着ないという人がいたっけ。赤なんて着回し云々考えればそうそう手を出せない領域だけれど、あれはあれでひとつのスタイルだなあと感心することしきり。

40代ファッション迷子問題、キャラ設定も重要説。

そこまで潔い決断はできないけれど、さりげなさこそがおしゃれでもないでしょう、無難だけが正解でもないでしょう。

そんな言い訳を用意して無難さよりも好みを優先していくと、どんどんシンプルから離れていくのであった。

 




関連記事

モノを減らせば時間の余裕ができる。その時間をどう使う?

改めて書きます、といったまま書くのを忘れていたことがありました。 参考 モノを持たない

記事を読む

おばさんの服が少なくなってゆく理由。

9月に入っていきなり寒くなって寂しい。夏の終わりは、いつもこうだ。 などとメランコリ

記事を読む

「汚れてもいい普段着」の謎。

By: Luke Ma[/caption]   本気で寒い! というシ

記事を読む

5年ぶりの物件探し。

先日、約5年ぶりにマンションの内見に行きました。 特に急ぎで引越しを検討しているわけ

記事を読む

フィルム時代の写真、整理する?しない?

By: Powerhouse Museum[/caption] 先日「フィルム時代の写真はど

記事を読む

持たない生活と鞄の中身。

今日の午後は打ち合わせで青山方面へ。 日中はまだまだ汗ばむ陽気。 けれど夜は肌寒

記事を読む

海外在住女性はなぜ化粧をしなくなるのか。

By: Pete[/caption] ここ1ヶ月ほどフィリピンやタイにいて新しい出会いもあり

記事を読む

旅支度より面倒になったこと。

旅に出たがるくせに、荷造りは苦手。そう言い続けてきたけれど、旅の荷物を極力減らせるようになっ

記事を読む

少ない服でおしゃれ、は可能なのかを探る新しい挑戦。

何度もファッションに関する記事を書いています。 関連 ファッションに関するあれこれ

記事を読む

なにもないのがいちばんぜいたく。

いっちょまえに忙しぶっていた先月末。のんびりしたい、もっとやりたい何に対してもぶつぶつと文

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑