寝坊した日に選ぶ服。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

NY ホテルエジソン ツインルーム

うっかり寝坊してしまった朝。

ほんの数分で最低限の身支度を整え、眉毛だけ書いて、食パンくわえて慌てて家を飛び出して、というスリリングな時間とはすっかり疎遠になって久しい。

パンの下りはもちろんしょうもない脚色ですが、その他については以前頻繁にやっていたことであります。

電車1本逃すとアウト。毎日がギリギリ勝負。

寝坊した日に選ぶ服

code1

先日珍しく寝坊しまして。

うわぁ急がねばと思いつつ、何を着ていくか予め考えておらず、おまけにまさかの雨予報だったもので、急ぎながらもあれこれ引っ張り出してやたらと悩む。いや、悩んでる余裕ないんだけど。

結局Vネックの薄手のニットに黒のパンツ、かなり肌寒かったのでストールと季節外れのステンカラーコートまで出動させ、この時期ちょっと重いけど雨だし、ブーツか、ブーツだよなあ、とこれまた迷いつつギリギリのところで白のスニーカに変更。

雨の日にはレインシューズを。

焦った割には遅れることなく、無事に約束の場所へとたどり着けたのでした。そして幸運にも雨が降る前に帰宅。セーフセーフ。

寝坊した日に選ぶ服は、大体酷く無難なものになる。

そういやその昔寝坊した日は、とりあえず何も考えなくてすむ白のトップスに黒のボトムでやり過ごしていたなあと思い出す。今着ているものとは素材もシルエットも違うけれど、色の組み合わせ的には全く同じだ。面白みも進歩もありゃしない。

朝に何を着ていくか悩む時間が勿体ないので洋服は制服化すべし、という考え方は効率を重視するという点では大いにアリでしょう。

女はこうあるべき?女はおしゃれしなきゃ!という何の根拠もない呪縛。

けれど、私はコーディネートパターンを固定せずいろいろ細かく冒険したい派なので、手持ちアイテムは少ないなりに、手数は多く出している、ような気がする。その方向はしばらく変わらなそうなのだから、寝坊は禁物ですね。

実はどうにかなっていない

この日は5時前に一旦目覚めていたのです。まあちょっと早いけど、今の時期であればそのまま起きてしまえという時間。

活動時間を増やす 自分に最適な睡眠時間を知る方法。

しかしゴールデンウィーク後とは思えないほどにやたらと寒くなった日だったもので、布団の誘惑に抗えず定番の二度寝をかましたわけです。で、起きたら家を出る予定の30分前だったという、これまた定番のやっちまった展開。こりゃいかんとパタパタ準備をしながら、でもその昔は起床後15分で家を出ることもしばしばだったなあなどと懐かしく思い出す。

今は無理。起きて15分で人様の前に出られる状態に持っていくのは、無理だ。

でも結局遅刻しなかったし、30分あればまだまだどうにかできるもんだねえ。とか思っていたのだけれど、友人から送られてきたその日の写真を確認し、全然どうにもできていなかったことを知る。頭は不自然な方向へ膨らんでるし、顔はパンパンにむくんでるし、化粧は全体的に薄く詰めが甘いし、視線も虚ろでどこをどう切り取っても寝起き丸出し。

ちゃんとしたいね、と思いました。

 




関連記事

彼女がものを減らす理由と削れない贅沢費。

そろそろものを減らそうと思う。 今まで減らし界隈には全く興味のなさそうだった友人の宣言

記事を読む

生活感のない部屋を作る方法とその効果。

現在シェアハウスにてせっせと断捨離を進めているのはいつでも移動できる身軽な体制を整えたいから

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒がりの冬を支えたアイテムたち。

記事を読む

欲しいモノがない時代 生き方が最後の商品になる。

旅先で何か素敵な出会いがあればケチらず迷わず手に入れます、と言っていた先月。 関連 旅

記事を読む

広がったデニムのダメージ加工を修理してみた。

プライベートではデニム着用率がかなり高いです。 当然、よく使う分だけ痛みも早くなるので

記事を読む

捨てなくてよかった昔の記録。

By: MIKI Yoshihito[/caption] モノを大切にし過ぎるあまりズルズル

記事を読む

少ないアイテムをおしゃれに着こなしたい人におススメの本。

ミニマリスト志向の女性にとって、最も有効な断捨離方法は「洋服を減らすこと」です。 しか

記事を読む

パフォーマンスが著しく低下。

ラップトップの話です。 現在のラップトップはもう5年ほど使っているのですが、最近

記事を読む

今日捨てたもの

女が服を、捨てる時。

久しぶりに服を捨てました。 捨てたのは、シャツ、ブルゾン、コート、Tシャツ、スエット、

記事を読む

たんまり撮りためたデジタル写真、で、その後どうなるの?

By: Nana B Agyei[/caption] 「デジタルになってから撮る量が増えて大

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑