携帯電話を持たない人、電話で会話したい人。

公開日: : 最終更新日:2018/09/23 これからの働きかた, ミニマルライフ

new-ipod

相変わらず電話が苦手なので、通話頻度は減少の一途を辿っています。

携帯電話を持たない平凡な人間の非凡な人生。

LINEやらメッセンジャーやらのおかげで通話どころかメールのやりとりすら殆どしないで仕事が完結するケースも増えたし、テキスト派が増えつつあるのは電話嫌いにとってありがたい流れ。

しかし、当然ながら完全にゼロ、にはなりません。

電話でお話したいんです

「先ほど電話したんですが、『電源が入っていない』のアナウンスが流れました。お話したいのですが」

そんなメールを受信して、あ、ホントにすみません、と思う。

電話には出られないことが多々ある(嘘)のでメールでご連絡をいただいたほうが助かります、とは常々お伝えしているのだけれど、相手から「お話したい」と言われるとさすがにお話せざるを得ない。電話に出られない(正しくは出たくない)、はあくまで私の都合であって、社会のルールではないからね。まあ電話することだって別に社会のルールじゃないけども。

しかしこうも通話から遠ざかってしまうと、電話に対する意識は変わる。おそらく今の私と電話との関係性は1950年代あたりの電電公社的スタンスではなかろうか。つまりは、通話という行為が日常生活に溶け込んでいなさ過ぎる。ゆえに

「ああ、今日はA社のBさんと『お話』する約束をしたから、心して挑まねば」

などと、朝からどぎまぎしてしまうのです。そして、朝一でくるはずの電話が一向に鳴らないとどうしていいかわからなくなる。うっかりトイレも行けやしない。

電話って、こんなものじゃないですよね。しかも携帯電話なんだから、いつだって気軽に掛けて掛けられて、もっと自由なものですよね。私だって昔は普通に掛けたり掛けられたりしていたはずなのに、おかしいなあ。

携帯電話を止めたのが一番よかったことかもしれない。

そんなこんなで朝からずっとドキドキしながら電話を待っていたのだけど、結局かかってきませんでした。弄ばれている。いや、元はと言えば私が悪いのか、Bさんごめんね。

あれがダメならこれがある火星田

sarushima_46

ところで先日、新規の案件に関してやり取りしていて、そこそこ手応えがあったのでこれは、と期待していたら、最終段階でポシャってしまいました。あ、前述した電話云々が理由じゃないですよ。別件ね、別件。

ややチャレンジングな領域ゆえに多少の不安はあったものの、やりたかったのにな、残念だわ。

残念。と言いつつも、まあいっか、と思っている私。これがダメでもまた別の機会があるでしょう、そっちで頑張ればいいよね、という気持ち。

よく言えば執着しない、悪く言えば物事にこだわらなさすぎ。この去る者追わず的スタンスは果たして吉なのか凶なのか。でも、あれがダメならこれがある、という考え方ができるのは不安定な働き方をしているからこそのメリットなのだ。

40代の働き方、ないないづくしのメリットを活かす。

考えてみれば火星田マチ子の母のような生き方をしている。大昔は冗談で、ああいう働き方が理想的だよねーなんて話していたけれど、まさか現実のものになろうとは。

言霊って怖いですね。気をつけよう。

朝礼での社訓唱和が熱くて怖い。

 




関連記事

モノを減らしても、残念ながら人生は変わりません。

このブログにはモノを持たない生活についての記事がたまっているので、シンプルな暮らしや断捨離に

記事を読む

プライムデー、セールで張り切って買ったもの。

夏物狙いでセールに挑んだけど、何も買えませんでした。という無意味な報告をしたあのセールではな

記事を読む

MacBook Air '11

MacBook Air 11インチを購入。小さくて軽い、を最優先に考えた結果。

By: Alejandro Pinto[/caption] そろそろパソコンを買い替えたい。

記事を読む

今日捨てたもの 8/16 間違ったおもてなし。

今月は毎日何かひとつでも手放すものを見つけると決め、日々部屋を見渡しています。 この取

記事を読む

選択肢過多(Choice Overload)多くの候補から選べるのが幸せ?

最近読んだ本の中で「選択肢が増えすぎるとストレスが増し、幸福度が下がることがある」という記述

記事を読む

使わない香水の買取見積を依頼してみた。

先日手放すことを決めて倉庫に移動させていた香水。 MODE OFFで服を買い取ってもら

記事を読む

ミニマリストへの道。

究極はスーツケース1つで生きていくこと。 そんな理想を胸に自分の暮らしを徐々に改変している最中

記事を読む

最小限の旅の持ち物、パソコンもカメラも邪魔。

By: Alejandro Pinto[/caption] 身軽な旅をするならば荷物は最小限

記事を読む

線が一本ないだけで、こんなに自由になるなんて。

先日宅録少女の過去を明かしました。 関連 持たない生活、持てない私のしつこい憧れ。

記事を読む

遊んで暮らせるなら、中身はどうでもいい。

「お互い割といい感じの流れになっていた」と書きました。 寿司をつまみながら、いよいよ食

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑