パンプスで調子に乗った女の足出しコーディネイト。

公開日: : 最終更新日:2018/06/03 ファッション

pumpus_2

思っていたほど大変ではなかったので、調子に乗ってみました。

別にこれ履いてフルマラソン3時間台達成しようってんじゃないんだし、お守りさえあれば全然平気じゃないか。

履かないヒールがどんどん高くなっていく。

平気ついでに、100年ぶりの足出しにも手を出してみたのです。足出したり手出したり忙しなくてすみませんね。

スカートにパンプスで100年ぶりの足出し

40代のファッション

末端冷え性対策中の私でも素足で出かけるのが苦にならない季節になったことだし、たまにはスカートでも履いてみたろかい。ある夜こんな邪念が浮かび、でも朝になったらすっかり忘れそうな予感がしたものですから、わざわざスカートをハンガーにかけて見えるところにセットしてから就寝しました。自分の記憶力など全く信用しておりませんので。特に飲酒後。

さて、この日選んだのはストレッチのきいた膝丈のタイトスカート、スリット入り。私が現在所有している唯一のコンサバティブなスカートであります。このスカートに合わせるのはスタンドカラーのノースリーブシャツーに薄手のカーディガン、そして足元は例のエナメルパンプス。カットソーもカーディガンもそれなりにふざけたデザインゆえ、健全なオフィススタイルとは言い難いですが、この時期素足で出かけるならギョサンがデフォルトの人間にとってはこれでもきちんとした装いなのです。なんなら久々に腕時計もつけちゃったもんね。腕が重かったけどね。

ヒールでのお出かけは今回も余裕のクリアで、お守りの出番はなかったけれど、なんだろう。普段とは違う装いで出かける時に漂うこのコスプレ感は。

痛いおばさんファッションのすすめ。

街中で足を出すという非日常感。いや、もちろん超ミニなどではなくあくまで膝丈、そんながっつり出てませんけども、普段は包みに包んでいるもので、私は平日の昼間からこんなことをして本当に大丈夫なのだろうかという怪しいプレイヤー気分になるのです。正気か。

むくみを取れ、何か塗れ

久しぶりに外気にあたっている我が足を見て、ああやっぱりなあ、と思う。叶うのならばもっと足を出したかった、そしてミニでも何ら問題なかったあの頃より、足は確実に細くなっている。

むくみを解消すれば足は細くなるけれど、油断するとまたすぐむくむ。

形自体はどうにもならないけれど、太さはその気になればどうにでも改善できたのに。

あなたが忌み嫌っているその膝下の太ましさは、全てむくみの成せる技なのだよ。脚やせエクササイズ云々より、まず生活習慣を改善してむくみを取る努力をしなさいな、と若き私に言ってあげたい。

あと、普段は出さないにしても足になんか塗っとけよ、とも言いたい。オイル塗布習慣のおかげか随分解消したけれど、この評価はあくまで当社比。一度崩壊した鱗皮膚は、つるつる状態には戻らないからね。

乾いた人生、シンプル・やめるが正解ではない。

しかし世の中には決して若くはなく、ハリもツヤもないけれど、妙に色気のある筋張った御御足で美しくスカートを履きこなすマダム達がおられます。

おばさんも出したいところは出せばいい。

なんでしょうね、あの感じ。肌は乾燥すれど、長年蓄積してきた人間力モイスチャー成分が脛に足首に滲み出て色香を放っているのでしょうか。足が乾いているというその一点においては私だって近いものがあるのだし、これも加齢により身についた迫力のひとつなのだと捉えれば、明日が楽しくなるでしょうか。

 




関連記事

少ない服でおしゃれ、ワンピースは万能か。

夏のワンピースは涼しくていいなあ。 そう気付いたのは割と最近、日本の夏がグッと暑くなってか

記事を読む

男性の着こなしが笑えない。洋服が好きな人ほど妙なコーデにハマる悲劇。

By: shankar s.[/caption] 先日書店をパトロールしていて、以前ここでも

記事を読む

ジャケットの着こなし

シンプルだから飽きない、は真実か。

By: Katie Brady[/caption] 先日こんな記事を書きました。 参考

記事を読む

コーディネイトにグレーを使いたくなってきた、その理由。

By: Wendy Piersall[/caption] ここのところ手持ちの洋服をいかに今

記事を読む

40代の冬の服、可愛いと若作りの間で。

眠らせてしまいがちなアイテムの活用に成功している今秋。 少ない服でも頭を使う必要大あり

記事を読む

女の朝支度 起きて15分で家を出られるか。

朝、起床してから家を出るまでどれくらいの時間がかかるか。 朝の時間の過ごし方は人それぞ

記事を読む

エールフランスラウンジ

身軽さ重視の買い物は失敗だったと気づいている。

スーツケースを持たない、荷物の少ない旅用の鞄が欲しい。 探し続けた結果、めでたく理想形

記事を読む

持つストレス、持たないストレス、おこだわり。

分厚い参考書類のおかげで自分にはやや重く、そして多すぎた感のある今回の旅の荷物。その重量に疲

記事を読む

ジャケットの着こなし

ビジネス仕様のジャケット、着こなしをあらためて考える。

By: Robert Couse-Baker[/caption] 近頃わりとジャケットが好きです

記事を読む

最小限の洋服で身軽におしゃれ、旅の持ち物リスト。

重いものを持つのがとにかくキライな私。旅の荷物はできるだけ少なく、軽く、コンパクトにまとめた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

→もっと見る

PAGE TOP ↑