パンプスで調子に乗った女の足出しコーディネイト。

公開日: : 最終更新日:2018/06/03 ファッション

pumpus_2

思っていたほど大変ではなかったので、調子に乗ってみました。

別にこれ履いてフルマラソン3時間台達成しようってんじゃないんだし、お守りさえあれば全然平気じゃないか。

履かないヒールがどんどん高くなっていく。

平気ついでに、100年ぶりの足出しにも手を出してみたのです。足出したり手出したり忙しなくてすみませんね。

スカートにパンプスで100年ぶりの足出し

40代のファッション

末端冷え性対策中の私でも素足で出かけるのが苦にならない季節になったことだし、たまにはスカートでも履いてみたろかい。ある夜こんな邪念が浮かび、でも朝になったらすっかり忘れそうな予感がしたものですから、わざわざスカートをハンガーにかけて見えるところにセットしてから就寝しました。自分の記憶力など全く信用しておりませんので。特に飲酒後。

さて、この日選んだのはストレッチのきいた膝丈のタイトスカート、スリット入り。私が現在所有している唯一のコンサバティブなスカートであります。このスカートに合わせるのはスタンドカラーのノースリーブシャツーに薄手のカーディガン、そして足元は例のエナメルパンプス。カットソーもカーディガンもそれなりにふざけたデザインゆえ、健全なオフィススタイルとは言い難いですが、この時期素足で出かけるならギョサンがデフォルトの人間にとってはこれでもきちんとした装いなのです。なんなら久々に腕時計もつけちゃったもんね。腕が重かったけどね。

ヒールでのお出かけは今回も余裕のクリアで、お守りの出番はなかったけれど、なんだろう。普段とは違う装いで出かける時に漂うこのコスプレ感は。

痛いおばさんファッションのすすめ。

街中で足を出すという非日常感。いや、もちろん超ミニなどではなくあくまで膝丈、そんながっつり出てませんけども、普段は包みに包んでいるもので、私は平日の昼間からこんなことをして本当に大丈夫なのだろうかという怪しいプレイヤー気分になるのです。正気か。

むくみを取れ、何か塗れ

久しぶりに外気にあたっている我が足を見て、ああやっぱりなあ、と思う。叶うのならばもっと足を出したかった、そしてミニでも何ら問題なかったあの頃より、足は確実に細くなっている。

むくみを解消すれば足は細くなるけれど、油断するとまたすぐむくむ。

形自体はどうにもならないけれど、太さはその気になればどうにでも改善できたのに。

あなたが忌み嫌っているその膝下の太ましさは、全てむくみの成せる技なのだよ。脚やせエクササイズ云々より、まず生活習慣を改善してむくみを取る努力をしなさいな、と若き私に言ってあげたい。

あと、普段は出さないにしても足になんか塗っとけよ、とも言いたい。オイル塗布習慣のおかげか随分解消したけれど、この評価はあくまで当社比。一度崩壊した鱗皮膚は、つるつる状態には戻らないからね。

乾いた人生、シンプル・やめるが正解ではない。

しかし世の中には決して若くはなく、ハリもツヤもないけれど、妙に色気のある筋張った御御足で美しくスカートを履きこなすマダム達がおられます。

おばさんも出したいところは出せばいい。

なんでしょうね、あの感じ。肌は乾燥すれど、長年蓄積してきた人間力モイスチャー成分が脛に足首に滲み出て色香を放っているのでしょうか。足が乾いているというその一点においては私だって近いものがあるのだし、これも加齢により身についた迫力のひとつなのだと捉えれば、明日が楽しくなるでしょうか。

 




関連記事

少ない服で秋ファッション(2)家で洗えるレザージャケット。

暑い。 夏の陽気に逆戻りですね。 正直この暑さの中、秋服について書くテンションでもな

記事を読む

洋服を捨てる基準とコツ。ルールを決めて洋服を減らす方法。

冷徹な目線で何もかもばっさばっさと捨てているように見えるかもしれませんが、自分が好きな分野の

記事を読む

ミニマリストの部屋着(秋編)

真夏にこんな記事を書いていました。 参考 ミニマリストの部屋着 ここ数日はまた少

記事を読む

ツイードジャケットコーデ

ナチュラルシンプルファッションは、10年経っても色褪せない。

「ku:nel」が島田順子さん特集でした。 リニューアル後の評判が何かと芳しくない本媒

記事を読む

タイパンツのコーディネイト

着こなせないけど捨てない服とその理由。

By: Nattu[/caption] お気に入りだったのに似合わなくなった服、賞味期限が切

記事を読む

最小限の旅ファッション、問題はいつだって靴だった。

旅の荷物について考えています。 また旅行かよ!といい加減言われそうですが。 関連 旅人への道。

記事を読む

「あの頃の私症候群」が今の自分をダメにする。

先日、着たい、使いたいと思えるファッションアイテムが変わってきたかもしれない、と書きました。

記事を読む

洋服の収納がぐちゃぐちゃ、でも問題は先送り。

By: Floodwall Project[/caption] 私がモノを減らしているのは身

記事を読む

広がったデニムのダメージ加工を修理してみた。

プライベートではデニム着用率がかなり高いです。 当然、よく使う分だけ痛みも早くなるので

記事を読む

Dr.Martens チェルシーブーツ

手持ちの服を活かす買い物方法を改めて。

先日新しい靴を購入したので新たな冬のコーディネイトにあれこれチャレンジできて楽しいです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑