青菜のナンプラー炒め、手羽元と大根の煮込み献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

青菜のナンプラー炒め献立

にんにくをきかせた青菜炒め、となると、空芯菜あたりが気分でしょうか。

信州四賀 たべくら農園の無農薬夏野菜で贅沢晩酌。

といいつつ、定番の小松菜を手に取ってしまうコンサバティブな私であった。

癖がなく、葉野菜食べたい欲を十分に満たせて、安くて、扱いやすい。小松菜ってヤツは、なんて愛い青菜なのでしょうか。

青菜のナンプラー炒め、手羽元と大根の煮込みで晩酌

青菜のナンプラー炒め献立

  • わかめと玉ねぎのスープ
  • ぬか漬け
  • 手羽元と大根の煮もの
  • 青菜のナンプラー炒め

わかめと玉ねぎのスープ

わかめと玉ねぎのスープ

鶏がらスープでわかめと玉ねぎをさっと煮て、ごま油、胡椒で味付け、ごまをパラリ。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじん、大根、白菜の三種盛り。

手羽元と大根の煮もの

手羽元と大根の煮もの

こちらは昨日の残り物からの分岐つまみ。同じ味付けで大根を加えて煮込んだものです。

青菜のナンプラー炒め

青菜のナンプラー炒め

フライパンに油と潰したにんにく、唐辛子を入れて火にかけ、香りがたったら小松菜の茎部分を入れて炒めます。時間差で柔らかい葉部分を投入してナンプラーで味付け。ざっと全体を炒め合わせたら完成。

潔く塩味のみで勝負するのも好きですが、今日はナンプラーで味付けを。ナンプラーとにんにくと唐辛子、確実にビールに合う青菜炒めです。

ビールを飲む日のおつまみ献立

青菜を切って炒める。ただそれだけの料理なのに、いや、シンプルだからこそ技量が問われる恐ろしい一品、青菜炒め。味付けは、塩、ナンプラー、しょうゆにオイスターソースなどなど、そこそこバリエーション豊かな模様です。

恐ろしくはあれど、材料がひとつでいいのはありがたい。小松菜、ほうれん草、タアサイ、空芯菜、青梗菜あたりは同様の調理法で楽しめるでしょうか。あと、ブロッコリーとか。青菜じゃないけど。

青菜炒めの進化バージョンとして、塩茹でしたブロッコリーをにんにくと唐辛子、オリーブオイルでぐずぐずに崩し炒めたものを絡めた塩味のオイルパスタってのも好きです。

青い野菜ひとつにフォーカスするだけでも、夢はどんどん膨らみますね。

 




関連記事

蕪と豚肉の味噌炒め献立

蕪と豚肉の味噌炒め、えのきのスープ献立。

ありがたき蕪が売られていたのでありがたく購入いたしました。 蕪とか葉付き大根は1度で2

記事を読む

新玉ねぎのグリル

新玉ねぎのグリル、砂肝ポン酢献立。

新玉ねぎとくれば、その柔らかさを活かす生食が基本ですね。 オニオンスライス、大好きです

記事を読む

なすそうめん

ゴーヤと油揚げの炒めもの、なすそうめんで家飲み。

夏っぽい。 意識したわけではないけれど、売り場で目に付いたものを手に取って気づけばかな

記事を読む

白菜漬けときのこのスープ

にんじんと白ねぎの卵炒め、かぶのごま味噌和え献立。

ごぼうのささがきはにんじんの千切りほどには面倒ではない。 つい先日そう言い放ったばか

記事を読む

牛肉と新玉ねぎの炒めもの、焼きにんじんで家飲み。

先日食べたにんじんが妙に気に入ったのでまたまたまるごとにんじん料理。ちょっと気に入ると続けて

記事を読む

モアルボアルのおすすめレストラン 2016。

セブ島・モアルボアルのパナグサマビーチあたりには小さなローカルレストランやバーが点在していま

記事を読む

油揚げの蕗味噌チーズ焼き

油揚げの蕗味噌チーズ焼き、小松菜としめじのゆず煮びたし献立。

蕗味噌を塗りたくるために、いつもより大きめの油揚げを買いました。 にらの卵炒め、蕗味噌

記事を読む

新橋ときそば

お湯割りの向こう側。

先週末だったか、ちょっと寒くなった日があったじゃないですか。 午前中はカラッと晴れてい

記事を読む

わかめ炒め、茄子とししとうのしょうゆ煮で冷酒。

煮干し出汁欲がすっかり満たされた、などと言っていたのですが。やっぱりまだまだ収まらぬ煮干しへ

記事を読む

ピーマンと油揚げの卵とじ

一人暮らしにちょうどいい大きさ。

今年はやたらとピーマンを食べている気がします。調べてみたら、やはり度々登場しておりました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑