1週間着まわしページ担当スタイリストがいちばん大切にしていること。

公開日: : 最終更新日:2017/03/05 ファッション

baila_3

先日集英社FLAG SHOP「BAILA」のイベントにお邪魔してきました。

お誘いいただいて予定も空いていたのでハイ行きますと軽く決めてしまったのですが、よくよく考えてみれば20~30代向けオフィスオアジュアルが満載のBAILAって柄でも顔でも歳でもないのにいいんですかね、と後から思う。

まあbailaってイタリア語で「踊れ」という意味らしいのでそこには接点が見出せるかと(無理やり)。

そもそもダメならダメって言ってくれるだろうしたまにはファッションのお勉強でもさせていただこうかと出かけたのでした。




担当スタイリストが語る1週間着まわしページの舞台裏

baila_5

少し早めに到着し、パークハイアットデリカテッセンのランチボックスをいただきながらイベントスタートを待つ。

内容はミニサイズのサンドイッチとタルティーヌ、たっぷりの豆が入ったフリッタータにデザートはクルミ入りのブラウニーとなかなかワインに合いそうな品揃えなのにペリエを選んだのはうっかり調子に乗らないためです。ワインも用意されてたんだけどねえ。

さてイベントはBAILA編集長岡野まかみさんとスタイリストの佐藤佳菜子さんによるファッショントークからスタート。佐藤佳菜子さんは女性ファッション誌における定番企画

「1週間着回しコーデ」

をBAILA誌面でも担当されることが多く、その舞台裏を語ってくれました。

周りからはよく1週間やら1ヶ月分やらのコーデを組むのは大変でしょう?と言われるけれどスタイリング自体は実はそう難しい作業ではなく、一番大切なのはアイテム選びであると力説。テーマにあったアイテムをリースできれば後はもう何体でも組める!と勢いがつくのだけれど、最初の段階でイマイチ乗れないものを揃えてしまうとかなり苦労するのだとか。

もちろんプロのスタイリストと我々では持っている知識もテクニックも段違いなので同列には語れないにしても、これは何も誌面作りに限った話ではないよなあと。

着回し、着こなし、使い回しに日々頭を悩ませる女性は多いでしょうが、何よりも重要なのはその前段階の洋服選びであるのは当然のこと。特に少ない服をうまく着回し、着こなしたいと考えるのであれば呑気に衝動買いしている場合ではありません。

体型のことは、もう諦めよう

また、洋服は実際着用してみないとわからないことが多いというお話も。
パッと手にとってイマイチだなと思ってもシャツをウエストインしたりボトムスをハイウエストのバランス(ベルト位置から上が4、下が6)に変えるだけで今っぽく見えたりするので微調節してみることも肝心とのこと。確かにちょっとしたバランスで見え方、感じ方って変わるもんね。

関連 コーディネイトバランス問題。

そして春に着たいアイテムとしてビビットなカラーのスカートの提案が。
オレンジやレモンイエローといった華やかなカラーのアイテムは黒を合わせると強くなりすぎるのでソフトな印象で着こなすのであればグレーが便利。さらには白をベースカラーではなく差し色として使う考え方もアリ、など参考になるお話が聞けました。

最後にギャラリーからの質問コーナーがあったのですが、小柄な女性が同じく小柄な佐藤さんへコーデのお悩みをぶつけるも

「もうどうやったって大きくはならないから諦めて」

と返答されて笑いが起こる。いや、諦めろというか受け入れましょうという意味ですが。

今後太ったり痩せたりする可能性は残されているけれど、突然背が高くなったり足が長くなったり顔が小さくなったりは絶対にしないのだから今の自分で実現できるバランスを考えましょう、とアドバイス。ちなみに佐藤さんは154cmと小柄なりにトップスはLサイズを超オーバー気味に着たりもするそうですが、ボトムのサイズはジャストを厳守して服に着られてる感が出ないようにだけは気をつけているとのことでした。

参考 【佐藤佳菜子(さとかな)さん】「素敵なワンパターン」上手(@BAILA)

こちらもちょっとしたコツだけれど印象はかなり変えられそうです。小柄さんは参考にされてみては。

FLAG SHOPオリジナル春の新作アイテムをチェック

baila_6

さてこのイベント、メインはBAILAオリジナルブランド「Feliz Lunes」他、集英社の女性ファッション誌MORE、Marisol、LEE、eclatそれぞれのオリジナルブランドの新作アイテム展示会。

参考 オリジナルアイテム(FLAG SHOP)

ファッション誌が作ったオリジナルアイテムはここでしか手に入らないレア感に加えてデザイン良し、着心地良し、値段以上の価値あり!と大好評!!

集英社のオリジナルブランドってもう10年も続いているんですよ。

baila_8

この12closet 細身ベイカーパンツとか

baila_9

ざっくりした質感のニットあたりなかなか使いやすそうだなあと思った次第。掲載誌面やサイトでチェックしてみるとパンツはやはり人気商品の模様です。

ゆっくり新作を見た後はエステ体験も。

え、エステって敏感肌の私が受けても大丈夫かしらんと思ったのだけどメディカルエステのクレンジング体験だったのでちょっと安心。

クレンジングの後ウォーターピーリングで毛穴汚れをオフしてもらってさっぱりしたのでもうこのまますっぴんで帰ってもいいやと決心するも、嶋田ちあきさんプロデュースブランド「BRILLIAGE」のメイク用品が別室に用意されていてちゃんとリタッチもできたのでした。

baila_10

ここではアイテムを実際に使わせてもらっただけでなく、メイク方法のアドバイスもしていただきました。ええと私、メイクに関しては相当アレで。

関連 冬の旅に持参するスキンケアとメイク用品 ’16。

アドバイスしてくださった綺麗なスタッフさんによると、どうも私はチークをつける位置が外側過ぎるとのこと。もっと内側に入れると元気な感じが出ますよと言われ確かにむやみに外側に色乗せてるなと気付いたのでした。

ちゃんとしたメイク用品もほとんど持ってないし美容部員さんとも話さないのでこういう機会って滅多にないので新鮮。勉強になりました、どうもありがとうございました。

以上、キラキラ女子の中にこっそり混じって場違い感満載ではありましたが、ちゃっかり楽しんできましたよというレポートでした。

常日頃女子力強化関連とは縁のない剛の暮らしをしていますが、たまにはこういう場に顔を出すのもいいもんですね。何よりおしゃれやトレンドに貪欲な若い女の子の姿やイベントを運営されているスタッフさんのお気遣いが嬉しくて時間いっぱいありがたく場を満喫できたのでした。

ミニマリストの持たない暮らし

さあ、春だ春だ。引き続き手持ちアイテムフル活用の予定だけれど、去年の私はもういない。髪も切ったし、今年は何をどう着ますかね。

 






関連記事

サングラス

大人のサングラス事情 この夏の装いを考える。

東京に突然夏が来たので、うれしいやら戸惑うやら。 週間天気予報をチェックしてみると、明

記事を読む

By: Laura Bittner

痛いおばさんファッションのすすめ。

By: Laura Bittner[/caption] 夏至上主義なもので寒いのは勘弁なので

記事を読む

blackshirts

黒シャツのコーディネイト 大人買いと褪せた色。

By: Fred Benenson[/caption] 洋服の定番カラー、黒。困った時の黒。

記事を読む

greenandbkdress

ミニマリストの部屋着(冬編)

本当は12月に入ってから書こうと思っていたのですが、本日あまりに寒いのでもう冬が来たってこと

記事を読む

doma2

お気に入りのレザーブルゾンを着ない、その理由。

12月に入って最終防寒手段のダウンジャケットを解禁しました。 が、先日の寒さについてニ

記事を読む

blackboots

ミニマリスト女性の秋ファッション(1)スタイルよく見せてくれるパンツ。

暑くなったり寒くなったり忙しいですが、秋のファッションについて考えますか。  

記事を読む

thai-pants_2

最低限の靴の数、スニーカーすらよそゆきに。

4月最終週。結果は8,514歩/1日でした。 自分の認識よりずっと少なかったという事

記事を読む

closet-hanger

クローゼットの鍵を握るハンガーとくだらない背徳感。

整理しては散乱させてまた整理、を繰り返していたその昔。 置き場所が悪かったせいもあるけ

記事を読む

By: Michael Bentley

ヒールを楽しむための対策、の対策。

旅の装いのため、そして手持ちのヒール活用のために先日購入した折りたたみシューズ。 関連

記事を読む

By: Luis Villa del Campo

ブランドアイテムは、いつもやさしい。

By: Luis Villa del Campo[/caption] 季節外れにブーツを捨て

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

nakano21
あなたのその怒りはどこから。

とある夜。打ち合わせを兼ねてちょろっと飲んで、一人になってから

春キャベツと肉団子のスープ煮
春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめのごま酢和え献立。

人間は、長くて短い生涯でいくつの団子を練るのでしょうか。

履かない靴
履かないヒールがどんどん高くなっていく。

先週、久しぶりにヒールを履いて出かけました。それは結構な決意を

水菜の卵とじ献立
水菜と油揚げの卵とじ、梅わかめ納豆献立。

先日に引き続き、またまたやや肌寒い日の晩酌献立。さすがにもうあ

moalboal_2016_28
勢いで必要なものまで捨ててしまう恐怖。

先日、パソコンのデスクトップの整理をしておりました。 定

→もっと見る

PAGE TOP ↑