くだらない毎日を積み重ねたその先に。

公開日: : 最終更新日:2018/03/22 ミニマルライフ, 生き方と考え方

setagaya_19

寒いのは苦手だし目覚めは悪い方だけど、朝起きるのは苦じゃありません。

晴れていればなおよし。

人と会う予定が入っていない日でもパジャマのまま部屋で過ごすということはまずなく、起きてすぐ身支度を整えて出かけます。

時間があるときは結構遠くまで徒歩で移動します。

朝から昼まで

koukyo_sanpo_15

気休め程度にしかならないだろうけど、それでも毎日数駅分歩くウォーキングはスポーツにまるで縁のない私の大事な運動のひとつ。できるだけまだ通ったことのない道を選んで歩きつつ、おおこんなとことにパン屋があったのか、などと驚いてうっかり吸い込まれたりもしてみるのです。

朝起きるのが苦じゃない理由は朝ごはんが食べたいから。基本的に1日2食なので朝ごはんはかなり重要です。

関連 料理に時間をかけないための、作りおき以外の方法。

朝はパンとコーヒ派なのでトーストやオープンサンドなど簡単なものを作って家で食べることもありますが、朝のウォーキング後にカフェに入ることも多々あるし、早朝のまだ人少ないファミレスに突撃して贅沢に4人席を陣取ったりもします。で、食後はそのまま持参したパソコンを広げて仕事を開始する。

と言ってもいきなり書き物に取り掛かるようなテンションにはなれず、まずはニュースを読んでRSSやらメールのチェックあたりからゆるゆるとエンジンを温めてやんわりとすべきことへとスライドする感じです。まあこれは普通にお勤めの方も同様かもしれません。

仕事は100%楽しいことばかりでもないし、フリーランスゆえに実務以外の作業もてんこもりではありますが、自分で選んだ道なのでつべこべ言わずにやるしかない。金勘定は好きだけど数字に弱い私は会計関係は特に苦手。苦手だけれど、この作業無くしては成り立たないのでね。やるのです。

しかし苦手だけどやるしかない、というもの以外のただただ嫌なこと、しなくて済むならしたくないことはここ数年で大幅に切り捨てました。それが正解だったのか失敗だったのかはまだわかりませんが、しなくても済むしたくないことはしないでおこうと決めたからには多少の痛みを伴うのは覚悟の上であります。

関連 日本のフリーランサーに「非効率を極める」のススメ、が、辛すぎる。

食後のコーヒを傍らに仕事が乗ってきたらカフェのはしごなどしつつ仕事を続けて、夕刻にはもう晩酌のことを考え始める。

今日は絶対肉だ肉!といった日もあれば、先日の蕗味噌みたいに店の品揃えによってメニュー決定する日もあり。いずれにしてもさあ今日は何で飲もうかしらと考えている時間は本当によいものですね。

近頃の晩酌事情

喜楽長 辛口吟醸

馬鹿は風邪ひかないと言いますが、私が風邪をひかないのは真性の馬鹿だからというだけでなくうがい手洗いを欠かさないからでもあります。帰宅したらまずはうがい手洗いです。その後簡単に部屋を片付けたら早いうちに晩酌の準備に取り掛かります。

晩酌の準備、と言ってもまあご存知の通り簡単なものしか作らないので時間はさほどかかりません。作ったらまずはブログ用に写真撮影。でもあたたかいうちに食べたいので撮影にもあまり時間はかけないようにしています。食べる優先ですみません。

以前はこのままデロデロと飲み続けていたのですが、転居を機に晩酌スタイルを変えたのでこの時飲むのは日本酒1合程度。

関連 一人晩酌のあり方を考える。

時には我慢ならずにもうちょっといっちゃうこともあるけれど、基本的にはああちょっと足りないなくらいにとどめて食後はお茶を飲みながらみかんなど食べてすぐに片付けてしまいます。

で、風呂。ここでもういきなり風呂ですよ。

食後にいきなり風呂ってのもどうかと思うのですが、この後仕事をするため一旦風呂に入ってリセットするのはなかなかいい方法なのです。ゆっくり湯船に浸かるのは冷え性対策を抜きにしても俄然気持ちいいですね。今年は夏もちゃんとお湯を張ろうと考えています。

ところで誰しも自分の体で好きなところ、嫌いなところのひとつやふたつあると思いますが、私は生え際が嫌いです。髪型をどんな風に変えようが生え方が根本的に気に食わないのでなんだか結局いい感じにならないんだよなあ、と長年生え際に悪態をついてきましたが、実は自分のせいだったかもしれないと最近知りました。

関連 ドライヤーを使わない生活に終止符を打つ。

割れる前髪も、きれいに流れない毛先も、どうやら自然乾燥が原因となり悪い癖が強く出ていた模様。洗髪後すぐにドライヤーで乾かすようになってからようやく自分の生え際とうまくやっていけるのではという希望が芽生えてきました。今更ですが。

おかげさまでと言うかありがたいことに多毛なもので、髪乾かすのめんどくさいんですよ。ショートだからあっという間に乾くといえば乾くのですが、結構疲れる。この先おそらく減っていくであろうことは確実なので多毛はラッキーだと捉えるべきでしょうが、入浴後のドライヤータイムはちょっとだけ苦手です。でも生え際問題解消のためと思えば頑張れます。

就寝までのひととき

almondonthecloth

多毛と格闘した後はポットにお茶を入れて、ついでに湯たんぽにもお湯を入れてから仕事を再開します。

軽い晩酌後に一旦風呂に入るとすっかり酔いもリセットされるので全然仕事できるんだな、とこのスタイルを導入してから知りました。なんせ酒を飲み始めるともう一切何にもしたくなくなる人間なもので、新スタイルへの切り替えは大正解でした。

大正解、ですがもちろんこのままおやすみなさいのはずもなく、仕事が一段落したらミニバーへ向かいます。ミニバーがあるんですよ、うち。ホテルの部屋にあるでしょ、あのミニバー。

なんて御察しの通り、冷蔵庫の上にウイスキーやらワインやらグラスやら栓抜きやらを置いているのを勝手にミニバーと呼んで面白がっているだけなんですけども、22時頃ここでウィスキーをトクトクと注いでいるとさあ今夜もこの時がきたなとものすごく盛り上がるのです。ちょこっとソーダ入れてアーモンドを傍らに、もうここからが忙しくてね。

まずはブログを書いてその後はどうするか。
読みたい本はいつも数冊ベッド脇に積んであるし、Amazonのウォッチリストには次に観る映画が溜まってるし、ヘッドホンをはめたまま踊りたいし、週末の昼酒や次回の旅のリサーチだってしたい。あああ今夜は何からしようかしら、とか考えながら2杯、3杯飲んでるとどんどん楽しくなってきてご機嫌な鼻歌がいつのまにか結構なボリュームになっていたりするのです。

が、いくら楽しくても欲望に任せての夜更かしは禁物。だって、明日の朝ごはんが楽しみだから早く寝て早く起きなくちゃ。

この頃にはすっかりいい気分になっているので足元に気をつけながら洗面所に向かい歯磨きをして、睡眠導入BGMなるものを流しながらまだあたたかい湯たんぽを抱えて薄い布団に潜り込みます。

くだらない日々を続ける意味

sudio__

こうして私のくだらない1日が今日も終わる。

なんという地味でつまらない生活なのだと思われるかもしれないけれど、こうして書き出してみると、朝起きるのも、早朝ウォーキングも、朝ごはんも、仕事も、晩酌のための買い出しも、料理も、晩酌も、風呂も、ブログ更新や趣味の時間も、寝酒も、就寝時間も、1日に起こりうる全ての出来事を案外楽しみにしているんだな、と気づく。

言い方を変えれば、1日のなかで「嫌な時間」というものがほとんど存在しないのです。

もちろん「嫌なこと」はそこそこの割合で起こるし、納品後にこちらに落ち度のない訂正依頼メール受信してがっかりとか、予算云々の駆け引きめいたナントカとか、仕事がうまくいかないパターンだって多々あります。過去の失敗を思い出して落ち込んだり、将来が不安になったりする瞬間だってあるし、問題や悩みを抱えている日はゼロじゃない。でも、それはそれとしても、晩酌はいつだって楽しみだし観たい映画は山盛りあるし汗をかくほど踊りたいわあとか考えてソワソワするし、こうしてくだらない毎日を書き記すのもとてもいい。

嫌なことはあっても、嫌な時間はない。それはなかなかに幸運なのではないか。

そしてこの生活がどんな風に楽しいかなんてことは私がわかっていさえすればそれで十分満足なので、共感が得られなくても一向に構わないばかりかわかってもらう必要もなく。くだらないけど楽しいことしかない日々を淡々と過ごす面白さと、もっとキラキラとしたゴージャスでわかりやすいお楽しみを追いかけ続ける面白さって、実のところそんなに変わらないんじゃないかとも思う。

大切なのは自分が楽しめるかどうかだけの話であって、物事の大小とか地味派手とか流行っているかとか人に自慢できるかとかお金をかけるか否かで楽しみ自体が増えたり減ったりするものではないよなあと。

関連 毎日同じことの繰り返しでつまらない人生を送り続けるのか。

だから私は私なりの楽しみが随所に散りばめられた1日を積み重ねる努力をしたいと思うのです。それはおそらく頑なに同じ毎日を続けることでなく、今後少しづつ形を変えていくだろうけれど、その状況に応じてその時々の面白さみたいなものを今後も追求していきたい。

ある日突然人生が一変するようなドラマティックな出来事は起こらなくても、くだらないなりに面白い日々を積み重ねていけたなら、あらなんか結構いい感じの人生になってきてるじゃないか、とふいに気づく瞬間があるのではないかと思うから。

そう、ちょうど今みたいにね。

ミニマリストの持たない暮らし

と、今日ふいに感じた大切なことと今の気持ちを忘れないように、酒を飲みながらここに記録しておく。

 




関連記事

冬から春へ衣替え 白が着たい、白の効果。

暑い。 Tシャツに薄手のジャケットを羽織っただけの軽装でも、暖かいを通り越して暑いと感

記事を読む

ミニマリストの部屋着(夏編)

以前たまたま見たブログで 「私はパジャマを15着持っていますが、女性なら平均的な数だと

記事を読む

会うたびに落ち込む友人関係。

先日友人から 「あんたと会って話した後は、毎回落ち込む」 と言われてしまいました

記事を読む

ヒントが思わぬ場所から投げ込まれてくる話。

直接的じゃなく誰かとか何かを伝って欲しい答えがやってくる、みたいなのありますよね。 ふと開

記事を読む

持たない暮らし。ドライヤーと鏡は必要?

現在順調にモノが減っている我が家ですが、新たに購入しようかどうしようか、と悩んでいるものもありま

記事を読む

シンプルコーディネイトに大活躍のアイテムを手放す。

白シャツやデニム、黒パンツ、ボーダーTなど、誰しもがそれぞれ自分なりの 「定番」

記事を読む

すぐに効く、早く効く。「即効性」は魅惑の言葉。

40余年も生きていれば、美容や健康に関してあれこれ悩みも出てくるものです。 「白髪対策

記事を読む

持たない旅のファッション、意外に使えたヘンな服。

基本的に、移動時にはデニムを選ぶことが多いです。 旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひ

記事を読む

栓抜きを使ったことがない。

カウンターのみの小さな店で、店主らは基本カウンターから外には出ては来ず、すべての接客を内側か

記事を読む

休みの日に連絡しても絶対に反応しない後輩。

たのしいたのしい年末年始休暇も終了し、世間はすっかり通常モードに戻りましたね。もちろん私も戻

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑