おばさん権を行使せよ。

公開日: : 生き方と考え方

redcar

「姫路方面」

そう書かれたプラカードを掲げ、大荷物を背負って楽しそうに笑う大学生2人組。

「ヒッチハイクしている若者、初めて見たわ」

地元の友人が道中で遭遇した青臭い若さと眩しさについて語ってくれました。

若い時にしかできないこと

ああ、そういうことできるのは若いうちだからね、とか、この年になるといろいろ考えて身動き取れなくなるものよ、なんていう訳知り顏の大人プレイすらできずに未だ絶賛迷走中の私ではありますが、それでもほとばしる若さには羨望の眼差しを送ってしまいます。

関連 今すぐ一から人生全部やり直したい。

若い頃から暗かったもので、この大学生たちのような青空リア充遊びとは無縁だった我が青春時代。ヒッチハイクもキャンプも海辺でのBBQにも参加することは叶わず、バブルの尻尾を捕まえんと同級生たちが足繁くディスコへ通うのをチラ見しながらクラブやライブハウスにひっそりと生息していたあの頃を思えば、ああ、若さ振りかざしプレイはまさしく若者だけの特権だなあと痛感する。

ヒッチハイクは果たして成功したのかしらね、などと返しつつ、

「だからこそ、我々は今おばさん権を行使すべきなのだ」

なる持論をぶち上げたのでありました。

この先は、まあまあ長い

NYfoods_8

話変わって少し前の週末。暑くて仕方ないのでビールでも飲みに行こうではないかとの誘いに乗って、銀座のビアバーへ出かけました。

とりあえず乾杯した後の話題は私の歯科通院ネタ。

前回会ったのがちょうど抜歯前で、青い顔をしてガタガタ震える私を目の当たりにしていた彼女に抜歯及び関連痛について事細かに説明するフライデーナイト。周りのテーブルを見渡せば、やけに綺麗なOLさんだらけ。そんな中、いや私もセラミックで大枚叩いたとか、将来見据えたら肌よりも歯とか目が俄然気になるわな、などという小洒落たトピックスに終始する我々はなかなかのアダルト客でありました。

「しかしさあ、考えてみれば、先はまあまあ長いのよ」

突然友人が切り出す。

「運が良ければ80くらいまで生きるじゃない。とすると、よ。まだ半分ちょいってとこまでしか来てないわけよ」

40数年も生きてきたとは言っても、最初の数年は記憶すらないし、何なら序盤の20年は自分の足で立ってもいない。自らの意思や決断や経済力やらを以って活動を始めてからが人生本番であると定義するならば、今までよりもこれからのほうが俄然長い計算になる。

「長いねえ」
「長いよ」

だからどうしたという話ではありますが、この後はお得意の高齢シェアハウス構想などを適当に話しつつ。ふたたび華やぐ店内を見渡し、

「今世はもう無理だから、来世は丸の内OL目指して頑張るわ」

などととんでもないことを口走り始めた時には、すっかり酔っ払っていた私なのでした。ああこの流れ、毎度のこと過ぎて嫌になる。

おばさん権を行使せよ

ny_dt_27

両親が会うたびにあっちがいたいこっちが痛いとのたまうので気が滅入るとか、お年寄りはすることがないからやたら病院に行くのだとか、診療やら薬の処方やらは二の次で、実は先生やら顔なじみの患者らと会話したいがために通っているのだ、なんて話も聞きますが、いざ自分が中年時代を謳歌する年齢になると、なるほどこういうことかもねと思う。

歯ガーとか、白髪ガーとか、足腰ガーなんて一見鬱陶しい話題を、私たちは今そこそこ楽しんでいる。酒のアテにする程度には笑いを織り交ぜながら楽しんでいる。

それは小学校に上がってすぐ勉強がわからないと親に愚痴ってみたり、部活がツライ、顧問が鬼、と泣いてみたり、課題が大変でと約束をキャンセルしてみたり、上司が、残業が、彼氏が、彼女がとあの頃故郷の旧友にこぼしていたように。今しかできない旬の話題として、なんだかんだで楽しんでいる。

若い人から見ればやあねおばさんってあんな話ばっかりなんだから、などとハナツマミもののネタかもしれないけれど、実はこういうのも「今しかできないこと」の一つなのかもしれないな。

なんて考えは、少々能天気すぎるか。

ミニマリストの持たない暮らし

運が良ければあと数十年。だけどそのうち中年でいられるのはせいぜいあと十数年。バックパック背負った世界一周にもヒッチハイクにもお立ち台にも縁のなかった私だけれど、もうしばらくはおばさん権を行使して、おばさん時代を謳歌するのだ。

 




関連記事

40代、50代の望まない転職・再就職事情。

友人がこの度転職することになりました。 私より少し年上なのでまもなく50代にさしかかる

記事を読む

つらい過去を忘れる方法。

恥の多い生涯を送ってきました。 いや、生きていれば誰しも恥のひとつやふたつかいて当然と

記事を読む

色あせた日常の底上げ、ポイントはふたつ。

大型連休も終了し、通常モードに戻りました。あーあ。 昨年のゴールデンウィークは特に何も

記事を読む

40代半ば、最年長である場面が増えていく。

歳を取ったからといって、偉くも賢くもなれませんね。 だから年長者を敬う気持ちなんて不要

記事を読む

私を幸せにしてくれるブランドのちから。

モノに依存しない生き方、ねえ。 そこまで達観できたらいいなあと思うし物欲と煩悩にまみれ

記事を読む

日本の世帯構造は一人暮らしが主流。これからの公共住宅はコレクティブハウスに。

うん、どう考えたって、今後日本はこの流れにならないとおかしい。 参考 日本の世帯構造は一人暮ら

記事を読む

京都散歩2017

京都 清水寺、随求堂胎内めぐりで生まれ変わった私。

齢すでに40半ば。人生を一からやり直すことはできません。 関連 今すぐ一から人生全部や

記事を読む

一人旅の正しいお作法。

By: The U.S. National Archives[/caption] どうにも派

記事を読む

47歳からのニューヨーク留学 夢と現実と厳しさと。

先日ちらっと触れた本、読み終わりました。 白髪のロングヘアが与える印象。 「9番

記事を読む

酷いストレスで観葉植物が枯れる。

見た目は子ども頭脳は大人の名探偵は、 「真実はひとつ」 というけれど、そうでもな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑