おばさん権を行使せよ。

公開日: : 生き方と考え方

redcar

「姫路方面」

そう書かれたプラカードを掲げ、大荷物を背負って楽しそうに笑う大学生2人組。

「ヒッチハイクしている若者、初めて見たわ」

地元の友人が道中で遭遇した青臭い若さと眩しさについて語ってくれました。



若い時にしかできないこと

ああ、そういうことできるのは若いうちだからね、とか、この年になるといろいろ考えて身動き取れなくなるものよ、なんていう訳知り顏の大人プレイすらできずに未だ絶賛迷走中の私ではありますが、それでもほとばしる若さには羨望の眼差しを送ってしまいます。

関連 今すぐ一から人生全部やり直したい。

若い頃から暗かったもので、この大学生たちのような青空リア充遊びとは無縁だった我が青春時代。ヒッチハイクもキャンプも海辺でのBBQにも参加することは叶わず、バブルの尻尾を捕まえんと同級生たちが足繁くディスコへ通うのをチラ見しながらクラブやライブハウスにひっそりと生息していたあの頃を思えば、ああ、若さ振りかざしプレイはまさしく若者だけの特権だなあと痛感する。

ヒッチハイクは果たして成功したのかしらね、などと返しつつ、

「だからこそ、我々は今おばさん権を行使すべきなのだ」

なる持論をぶち上げたのでありました。

この先は、まあまあ長い

NYfoods_8

話変わって少し前の週末。暑くて仕方ないのでビールでも飲みに行こうではないかとの誘いに乗って、銀座のビアバーへ出かけました。

とりあえず乾杯した後の話題は私の歯科通院ネタ。

前回会ったのがちょうど抜歯前で、青い顔をしてガタガタ震える私を目の当たりにしていた彼女に抜歯及び関連痛について事細かに説明するフライデーナイト。周りのテーブルを見渡せば、やけに綺麗なOLさんだらけ。そんな中、いや私もセラミックで大枚叩いたとか、将来見据えたら肌よりも歯とか目が俄然気になるわな、などという小洒落たトピックスに終始する我々はなかなかのアダルト客でありました。

「しかしさあ、考えてみれば、先はまあまあ長いのよ」

突然友人が切り出す。

「運が良ければ80くらいまで生きるじゃない。とすると、よ。まだ半分ちょいってとこまでしか来てないわけよ」

40数年も生きてきたとは言っても、最初の数年は記憶すらないし、何なら序盤の20年は自分の足で立ってもいない。自らの意思や決断や経済力やらを以って活動を始めてからが人生本番であると定義するならば、今までよりもこれからのほうが俄然長い計算になる。

「長いねえ」
「長いよ」

だからどうしたという話ではありますが、この後はお得意の高齢シェアハウス構想などを適当に話しつつ。ふたたび華やぐ店内を見渡し、

「今世はもう無理だから、来世は丸の内OL目指して頑張るわ」

などととんでもないことを口走り始めた時には、すっかり酔っ払っていた私なのでした。ああこの流れ、毎度のこと過ぎて嫌になる。

おばさん権を行使せよ

ny_dt_27

両親が会うたびにあっちがいたいこっちが痛いとのたまうので気が滅入るとか、お年寄りはすることがないからやたら病院に行くのだとか、診療やら薬の処方やらは二の次で、実は先生やら顔なじみの患者らと会話したいがために通っているのだ、なんて話も聞きますが、いざ自分が中年時代を謳歌する年齢になると、なるほどこういうことかもねと思う。

歯ガーとか、白髪ガーとか、足腰ガーなんて一見鬱陶しい話題を、私たちは今そこそこ楽しんでいる。酒のアテにする程度には笑いを織り交ぜながら楽しんでいる。

それは小学校に上がってすぐ勉強がわからないと親に愚痴ってみたり、部活がツライ、顧問が鬼、と泣いてみたり、課題が大変でと約束をキャンセルしてみたり、上司が、残業が、彼氏が、彼女がとあの頃故郷の旧友にこぼしていたように。今しかできない旬の話題として、なんだかんだで楽しんでいる。

若い人から見ればやあねおばさんってあんな話ばっかりなんだから、などとハナツマミもののネタかもしれないけれど、実はこういうのも「今しかできないこと」の一つなのかもしれないな。

なんて考えは、少々能天気すぎるか。

ミニマリストの持たない暮らし

運が良ければあと数十年。だけどそのうち中年でいられるのはせいぜいあと十数年。バックパック背負った世界一周にもヒッチハイクにもお立ち台にも縁のなかった私だけれど、もうしばらくはおばさん権を行使して、おばさん時代を謳歌するのだ。

 




関連記事

list

やりたいことをリスト化して書き出す理由と効果。

西側の生まれで相応の技術を持たない私ですら、ベランダだけでそれなりのサイズ感のだるまを製作可

記事を読む

mom_zoni

私が団子を練らない理由。

年末年始はありがたいことにご馳走を食べまくりますね。 年末は旅先で、そして帰省し地元で

記事を読む

シンプル 瞑想

チェンマイの寺でお坊さんに教わったシンプルな瞑想法。

今回チェンマイまで足を伸ばしたのはとあるお寺で瞑想を体験するためでした。 参考 タイ

記事を読む

By: Rodrigo Suriani

そんな自分に腹がたつ。

By: @sage_solar[/caption] 毎月の閲覧数TOP3にまでは入らないまで

記事を読む

京都散歩2017

京都 清水寺、随求堂胎内めぐりで生まれ変わった私。

齢すでに40半ば。人生を一からやり直すことはできません。 関連 今すぐ一から人生全部や

記事を読む

ipod_code1

facebookのプロフィール画像を10年変えない厚かましさ。

以前は積極的に使っていたSNS。 近頃はInstagram以外はほとんど使用していませ

記事を読む

By: Lindsey Turner

捨てる、捨てない 記念のアレに未来のコレ。

By: Lindsey Turner[/caption] 引越し作業はあっという間に終了した

記事を読む

By: Steve Harris

携帯電話やパソコンの画面を覗き込むのはマナー違反?

By: Steve Harris[/caption] 先日気分転換に外で作業をしようと某コー

記事を読む

watch

NHKツイッター「1号」さん、退職して作家に 40代の転身。

おお、これはちょっとびっくりした。 >>参考 NHKツイッター「1号」さ

記事を読む

checkup.min

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ny_dt_19
お金を貯めるのが趣味、数字が増えるのがただ面白い。

仕事の都合で久しぶりに女性誌を読みまくっているのですが、情報誌

190204_gohan_9
休肝日ごはん 納豆チャーハン、白菜の黒酢スープ献立。

休肝日の晩ご飯、またまたチャーハンの登場です。 前回はシ

Kaohsiung_lunchbox_4
徒歩5分 町内移動の単身者引越し、見積り価格20万円也。

例の騒動も相まって、この春の引越しに関するニュースを頻繁に目に

高知の酒 司牡丹 裏 純米酒
高知の酒 司牡丹 純米しぼりたて 生酒 裏で晩酌 豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風、ねぎ油風味のポテトサラダ。

ややお久しぶりの、日本酒全国ツアーです。 勝手に日本酒全

ipod_code2
物持ちのいい人間でも、長持ちさせられないもの。

メンテナンス後、快調です。 増え続けるばかりで、整理の仕

→もっと見る

PAGE TOP ↑