ただいま40代、まだ本気出してないだけ。

公開日: : 最終更新日:2017/01/10 生き方と考え方

以前仲間内数人で飲んでいる席で友人が

「映画の『俺はまだ本気出してないだけ』観て、これ自分のことだと思った」

と言い放ちました。

同席していたメンバーは誰もこの映画を観ていなかったのでその場はへー、そう、で終わったのだけれど数日後に早速チェックした別の友人がこんなもんに共感してるってあいつ本格的にだめなんじゃないかと真顔で心配していて笑えた。

私が同作品を観たのはそれから随分たってからのことですが、まあ私も似たようなもんだわなと感じたものです。

考えるばかりで、まだ本気は出してない

daikichi

先日初詣に行って何年かぶりにおみくじを引きました。結果は大吉。

おおお!と狂喜乱乱舞しつつ周りを見渡してみればほとんどの詣で客が大吉を引き当てており、なんだこの神社はサービ精神旺盛なのかと正気に戻る。おみくじは抽選じゃないんだから「引き当てた」ってのもおかしいか。

いずれにせよ大吉は気分がいいものです。

ところで先日届いたお知らせメールによれば、来月のカード引き落とし額は20万円とのことです。20万円、つまりは200,000円。かれこれ20年以上クレジットカードを使い続けているけれど支払い先が複数かつ支払い額が6桁あるにも関わらずこれほど綺麗にゼロが並んだ月があっただろうか。いやない。多分ない。なんだなんだやけにキリがいいじゃないか、すわ吉兆か?などとパソコンの前でニヤニヤしてみる。

そう、どんな些細なことでも自分に都合よく考え、おやおやこれはいい流れだなどと解釈するのはいつものことであります。我ながらアホくさいですが、わざわざ逆境を乗り越えるプレイに興じていた頃を思えばまあこれでもいいのかなと。

関連 本当に怖い、妙な考え癖と思い込み。

都合よく考えるばっかりで、いつまでたっても本気出してないけど。

人生で本気を出したことがあるか

みくじやら偶然の数字やらしょうもないことから卑しくラッキーを感じる癖に、だからといってよっしゃ今年は本気でゴリゴリ生きてやるぜ待ってろ’17!みたいなマッチョな考えには至らず、常にニヤニヤと来る幸運を妄想したままで時は静かに過ぎてゆく。

人生を変えるような大きな出来事も何かとの出会いもターニングポイントもなくただ淡々と。そしてある日いつのまにかこんなに遠くまで来ていたことに気付いてハッとする。

関連 モノを減らしても、残念ながら人生は変わりません。

本気、本気なあ。

スポーツとか賞レースとか相場とか、勝負の世界に縁のないごく普通の人、つまりは私みたいな人間でも一生に一度ぐらいは本気を出す、出さねばならぬ場面があるのでしょうか。そもそも場面の訪れを待つことなく自分から本気を剥き出しにしてこそのマッチョなのでしょうか。

まあそもそも「本気」ってなんぞやという話で居酒屋の品書きを熟読しながらおひたしにするかいやここは浅漬けかなどとつまみコースを構築している時などは私だって本気も本気ですよ。本気と書いてマジと読む。でも変化球でらっきょを選んだとしても人生はそう大きくは変わらない。

もっと大きくヒリヒリする出来事を果敢に求めるスタイルに憧れはあれど、今日も静かにらっきょごときにニヤつくだけの私はきっとマッチョなチャンスを掴めない。けれど突然目の前がバラ色になったりしない代わりに決して真っ暗にもしないであろう程度には自分を信頼しているのです。

おお、軟弱な自分でも信じてくれる人がいるっていいよね、それが自分自身でも。いや、むしろその方が幸せか。

関連 かたちにとらわれず、本来の欲望を満たす。

とにかく、似合わぬガッツを見せずとも粛々と日々を過ごしていればいいことあるって私もう知ってるもんね、という意味では今年ももちろん本気出す。

 




関連記事

いい年をした大人がフラフラすべきではない論。

前回引っ越してから1年が経過しました。 関連 持たない暮らし、引越し作業は20分。

記事を読む

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図

2年ほど前に話題になっていた「ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図」を

記事を読む

たったひとつだけ願い事が叶うなら ’15。

By: Kevin Dooley[/caption] 昨年のクリスマスイブにこんなことを書い

記事を読む

続ける、やめる。習慣を変えるための簡単な方法。

By: Didriks[/caption] 週に一度は休肝日を作ろうと決心してから早一ヶ月。

記事を読む

積み重ね、積み減らす。2019年やることリスト。

今年の目標を紙に書き出して壁に貼り付けておく。そんな受験生方式を取り入れて、早3年目となりま

記事を読む

誰も知らない死後の世界。死んだらどうなる?

死んだら、どうなる。 近くや遠くで訃報が続いたからか、死について考えたり話したりする機

記事を読む

京都散歩2017

京都 清水寺、随求堂胎内めぐりで生まれ変わった私。

齢すでに40半ば。人生を一からやり直すことはできません。 関連 今すぐ一から人生全部や

記事を読む

胃が痛い悩みは放置する。

ここ数ヶ月、頭が痛くなるというか、胃が痛くなるというか、とにかく厄介な問題を抱えておりました

記事を読む

働いていないという罪悪感。

みなさま既に年末年始休暇に入られた頃でしょうか。 今年のカレンダー的には年末年始で5,

記事を読む

好きなこと、やりたいことでも頑張れない理由。

仕事でも、勉強でも、健康でも、お片づけでも、ダイエットでも。 何にでも言える事ですが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

お金をください。

もう随分前になるけれど、フリーライターの友人が 「請求

とうもろこしごはん献立
大好きなのに準備を怠るという失態。

奥さん、8月です。 大好きな夏がやってきたというのに、

東京大仏
推しの結婚、誰も傷つけない会話。

早朝寝床でニュースをザッピングして即、プルシェンコ嬢に連絡を

蒸しなすと豚しゃぶの大葉和え
毒々しい紺に魅せられて。

今の時期なすが安くてうれしい。八百屋の店頭で一盛り98円のな

炎症後色素沈着ケア大作戦。

体調不良によりしばらく節酒に務めておりました。あくまで「節酒

→もっと見る

PAGE TOP ↑