どんな状況であっても、味方になってくれる人はいるか。

公開日: : 最終更新日:2018/11/11 生き方と考え方

hongkong-foods-2

「自分がどんな状況におかれようと味方になってくれる人はいるか」

珍しく遅い時間まで居座ったバーのカウンターで、週末気分に浮かれている友人に素朴な疑問をぶつけてみると

「敵味方とか考えた事もないし、毎日そんな殺るか殺られるかみたいな生き方してないわ」

と、正しすぎる返答をされて押し黙る。私は一体何と戦っているのか。

味方になってくれる人はいるか

NYの治安と物価

容疑者宅周辺で住人や同僚らのコメントを取ってみたらば

「真面目でおとなしそうな人という印象です」
「いつも礼儀正しい人だったからびっくりしました」
「子煩悩なパパって感じなのにねえ」

などとそれなりに高評価を得ている。という場面を、ニュースでよく見かけます。そしてこれがもし自分だったら、と考える。

「何をやってる人なのかわからくて気味悪いなって」
「一人でお酒を飲んで笑っているところをよく見かけました」
「口数少なくて感じの悪い、暗い人でしたよ」

などとボロクソに言われるのだろうか。それ以前に存在すら認識されていないか。多少マシなコメントをしてくれそうな相手にちゃんと取材は行くだろうか。などとビクビクする妄想力の無駄遣い。

ご近所付き合いもなく同僚もおらず友人知人も極めて少ないこの暮らし、常日頃関わる人が少なすぎて、まずまともなコメントは取れないことでしょう。ああ、ニュースの人に苦労かけちゃうな、ごめんなさいね。いや、こう見えて意外と善良な都民だから、捕まるようなことはしないけど。多分。

シンプルは孤独、そして何よりも面倒なこと。

私は何とも戦っていない。

激しい口論も痛いのもイヤだし、徹底的に気の合わない人を論破してやろうとかねじ伏せてやろうなんて発想がない。考え方が違ってもいいし、付き合いすら無理なら距離をおけばいい。

気が合わない、嫌いな友達との付き合い方。

それで嫌われようが陰口を叩かれようが、まあそういうご縁なのでしょうでスルーできます。あなたは右にわたしは左に、振り向いたら負けよというアン・ルイスの心境。だからこそ、孤独なのです。

なんかあったら味方になるよ

ny_dt_7

あまりに正しくノーエネミー宣言を放った友人に対して、悔し紛れに、私はひとりくらいはいるかな、と言ってみる。

彼女なら私がどんな状況になったとしても見守ってくれるだろうし、取り返しのつかない悪事を働いたら怒りはするだろうけど見放さずにいてくれるだろうと何の根拠もなく信じている。いや、だから悪いことはしないけど、そう思う。

さすがに「どんな状況」とまでは言わないまでも、困った時や落ち込んだ時には話くらいは聞いてくれそうな顔も数人は浮かぶし、ちょっとした事件があったことを後追いで話すと、なんですぐ連絡してこないの?と咎められたことも一度や二度ではない。

まあ実際連絡したところで自分で解決しなきゃいけないし、実際はどうだかわからないけど、自分が想像できるだけでもありがたいことだなと感じます。もじもじと妙な距離を取っていないで、もっと気軽に話してみようかな、なんてね。

40代独身女性が今考える老後の暮らし。

そんな友人知人らがどんな状況に置かれても私は味方でいたいけれど、どう妄想してみても彼らが「何か」をしでかすとは考えられない。件の近隣者のコメントだって、好意的な内容が並ぶに違いない。

会うたびに落ち込む友人関係。

美辞麗句のオンパレード、とまではいかずとも、私も少しだけコメント改善できたらいいなあ。いやだから、ニュースにはならないけどね。しつこいな。

そしてたまたまこんな話になったからと言って取って付けたように

「私だってアンタになんかあったら味方になるから!」

などという青いことは言い合わず、しれっとお互いスルーしたのも大変よかった。

 




関連記事

その出来事に意味を持たせるのは誰だ。

酒ばっかり呑んでてお茶っ葉にはてんで疎い私ですがせっかくの台湾の旅、茶芸館なるものにも行って

記事を読む

続・2016年の運勢を占う。

By: Phillip Chee[/caption] 2016年の運勢占いリンク。 昨

記事を読む

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴き返せば2018年のゴールデン

記事を読む

年末年始恒例、2020年の運勢を占う。

クリスマス以降、右往左往していたらあっという間に大晦日になっていました。 年末恒例のア

記事を読む

会うたびに落ち込む友人関係。

先日友人から 「あんたと会って話した後は、毎回落ち込む」 と言われてしまいました

記事を読む

いい年をした大人がフラフラすべきではない論。

前回引っ越してから1年が経過しました。 関連 持たない暮らし、引越し作業は20分。

記事を読む

お金は使うものじゃなくて貯めるもの。

By: JFXie[/caption] またまた旅の計画などを立てています。 ここ数年

記事を読む

迷惑な友人、思い出は数ミリの誤差。

「このあと時間あるんだったら、今からH子のお見舞いに行かない?」 週末の昼過ぎ、駅前の

記事を読む

電車に乗らない日々、運命の街。

散々列車旅の話をした後でナンですが、普段の生活ではめっきり電車に乗らなくなりました。もちろん

記事を読む

目的か手段か、手段が目的か、それとも単なる好奇心か。

By: Sam Howzit[/caption] モノを減らすのは手段であって目的ではない。 な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑