どんな状況であっても、味方になってくれる人はいるか。

公開日: : 最終更新日:2018/11/11 生き方と考え方

hongkong-foods-2

「自分がどんな状況におかれようと味方になってくれる人はいるか」

珍しく遅い時間まで居座ったバーのカウンターで、週末気分に浮かれている友人に素朴な疑問をぶつけてみると

「敵味方とか考えた事もないし、毎日そんな殺るか殺られるかみたいな生き方してないわ」

と、正しすぎる返答をされて押し黙る。私は一体何と戦っているのか。

味方になってくれる人はいるか

NYの治安と物価

容疑者宅周辺で住人や同僚らのコメントを取ってみたらば

「真面目でおとなしそうな人という印象です」
「いつも礼儀正しい人だったからびっくりしました」
「子煩悩なパパって感じなのにねえ」

などとそれなりに高評価を得ている。という場面を、ニュースでよく見かけます。そしてこれがもし自分だったら、と考える。

「何をやってる人なのかわからくて気味悪いなって」
「一人でお酒を飲んで笑っているところをよく見かけました」
「口数少なくて感じの悪い、暗い人でしたよ」

などとボロクソに言われるのだろうか。それ以前に存在すら認識されていないか。多少マシなコメントをしてくれそうな相手にちゃんと取材は行くだろうか。などとビクビクする妄想力の無駄遣い。

ご近所付き合いもなく同僚もおらず友人知人も極めて少ないこの暮らし、常日頃関わる人が少なすぎて、まずまともなコメントは取れないことでしょう。ああ、ニュースの人に苦労かけちゃうな、ごめんなさいね。いや、こう見えて意外と善良な都民だから、捕まるようなことはしないけど。多分。

シンプルは孤独、そして何よりも面倒なこと。

私は何とも戦っていない。

激しい口論も痛いのもイヤだし、徹底的に気の合わない人を論破してやろうとかねじ伏せてやろうなんて発想がない。考え方が違ってもいいし、付き合いすら無理なら距離をおけばいい。

気が合わない、嫌いな友達との付き合い方。

それで嫌われようが陰口を叩かれようが、まあそういうご縁なのでしょうでスルーできます。あなたは右にわたしは左に、振り向いたら負けよというアン・ルイスの心境。だからこそ、孤独なのです。

なんかあったら味方になるよ

ny_dt_7

あまりに正しくノーエネミー宣言を放った友人に対して、悔し紛れに、私はひとりくらいはいるかな、と言ってみる。

彼女なら私がどんな状況になったとしても見守ってくれるだろうし、取り返しのつかない悪事を働いたら怒りはするだろうけど見放さずにいてくれるだろうと何の根拠もなく信じている。いや、だから悪いことはしないけど、そう思う。

さすがに「どんな状況」とまでは言わないまでも、困った時や落ち込んだ時には話くらいは聞いてくれそうな顔も数人は浮かぶし、ちょっとした事件があったことを後追いで話すと、なんですぐ連絡してこないの?と咎められたことも一度や二度ではない。

まあ実際連絡したところで自分で解決しなきゃいけないし、実際はどうだかわからないけど、自分が想像できるだけでもありがたいことだなと感じます。もじもじと妙な距離を取っていないで、もっと気軽に話してみようかな、なんてね。

40代独身女性が今考える老後の暮らし。

そんな友人知人らがどんな状況に置かれても私は味方でいたいけれど、どう妄想してみても彼らが「何か」をしでかすとは考えられない。件の近隣者のコメントだって、好意的な内容が並ぶに違いない。

会うたびに落ち込む友人関係。

美辞麗句のオンパレード、とまではいかずとも、私も少しだけコメント改善できたらいいなあ。いやだから、ニュースにはならないけどね。しつこいな。

そしてたまたまこんな話になったからと言って取って付けたように

「私だってアンタになんかあったら味方になるから!」

などという青いことは言い合わず、しれっとお互いスルーしたのも大変よかった。

 




関連記事

忘れることのありがたさ。

By: Meggy[/caption] あれは確か小学1年生くらいだったでしょうか。

記事を読む

おばさん権を行使せよ。

「姫路方面」 そう書かれたプラカードを掲げ、大荷物を背負って楽しそうに笑う大学生2人組

記事を読む

シンプルに生きるためのポータブルスキル。

私がモノを持たない生活をしている一番の理由は移動しやすくするためです。引越し作業というのは何

記事を読む

なにもない生活、自由な時代、生きづらい人。

仕事が落ち着いて、少し余裕が出てきたことも関係しているのでしょうか。ここのところ改めて「なに

記事を読む

忙しい毎日、大人のお得な現実逃避のすすめ。

国外へ転居する友人が、出発当日フライト3時間前まで必死で荷造りしていたという話を聞き、気が遠

記事を読む

一人の時間を楽しめる理由と一人で街を味わう理由。

国内外をふらふらと徘徊し、自由気ままにあちこちで過ごす生活に喜びを感じる私。 元々孤独に強

記事を読む

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える、腹が痛くなる、腹がよじれる、

記事を読む

【勝手にHOW I WORK】社会人失格ノマドワーカー、crispy-lifeの仕事術。

先日コメントでぽこぴたさんからリクエストをいただいた「仕事術」について。 参考 【勝手

記事を読む

フィリピン航空(PAL)で行くセブ島、ロストバゲージを体験。

まあなんとかなるでしょう、と悠長に構えていたのですが。 関連 スーツケースの重量と関西

記事を読む

もうどうでもいいわという投げやりな態度で。

奥さん、6月です。そろそろ開いてる店も増えてきたので、修理に出すタイミングをうかがっています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑