素焼きアーモンドを食べ比べてみた。

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 健康と美容, 食べること

spoon

素焼きアーモンドなら1日20粒くらい食べてもいいということを知りました。

参考 おやつに素焼きアーモンド。

あれからすっかり気に入ってしまい、毎日欠かさず20粒食べるように。

とは言っても、健康やダイエット、美肌効果を求めているわけではなく、単におつまみとして美味しいからハマっているだけであります。が、幸い体調もお通じも肌の調子もいいです。ニキビも出てないし。

素焼きアーモンドのおいしい食べ方

armond

最初はすぐ飽きるかと思ったので小さいパックで購入していましたが、毎日食べているとすぐなくなっちゃうので最近は少し大きいサイズを買うまでに成長(?)しました。

アーモンドにハマってよかったことは、妙なつまみを食べずに済むこと。

私は残念ながらナチュラリストでも丁寧な暮らし実践者でもないので、結構ジャンクなモノもイケる口(まあ酒呑みってところでお察しですね)。「ビールのつまみにポテトチップス」とかも嫌いじゃないのです。

が、アーモンドにハマッてからはスナック系は一切食べなくなりました。まあ、たまにはいいんですけどね、ポテトチップスも美味しいし。ただ、素焼きナッツに慣れてくると市販のスナック菓子は味が濃くて食べられなくなるだろうなという予感はあります。もともと酒呑む時しか欲しくなかったので。

素焼きとはその名の通り、アーモンドをローストしただけのもの。塩味すらついていないので物足りないかなと思ったのですが、この素朴さに慣れると飽きがこなくていいんですよね。

但し「乾きモノ」らしく口中の水分を持ってかれるような感覚があるので、りんごなどのフルーツやチーズと一緒に食べるのがおすすめ。
ワインのお供なら美味しいナチュラルチーズを合わせたいところですが、ビールやウィスキーに添えるならQBBとかのプロセスチーズと一緒に食べるのが意外と旨く感じます。

また、素焼きアーモンドは料理にも使えます。

はちみつドレッシングのアーモンドサラダのレシピ

サラダに入れるとカリッとしたアクセントが楽しくて、野菜がもりもり進みます。

素焼きアーモンド いろんなメーカー食べ比べ

trio

「食べ比べ」といってもまだ数種類しか試していないのですが、単なる素焼きのナッツでもメーカーによって味が違うもんだなあと感じたので記録として残しておきます。

 

東洋ナッツ素焼きアーモンド

最初に成城石井で買ったのがこれ。90g入りの袋でした。
はじめてまともにきちんと味わって食べた素焼きアーモンドなので、以後これが基準になっているところがあります。カリッと香ばしくて美味しい。袋はチャックつき。

 

共立 素焼きアーモンド

続いて試したのがこちら。100g入りを近所のスーパーで購入しました。結構いろんなお店で見かけるので一番手に入りやすい商品なのかも。粒は大きめでTON’sに比べるとやや深煎りなのか、結構渋みが強い気がします。こちらも袋はチャックつき。

 

トップバリュ素煎りアーモンド

トップバリュ素煎りアーモンド(イオンネットショップ)

画像がないのですが、確か30~40g入りくらいの食べきりサイズで売られていました。チャックはナシ。ネットショップでは取り扱いのない店舗限定サイズなんでしょうね。こちらはかなり煎りが浅めのあっさりタイプ。共立の後に食べたから余計にそう感じたのかな?渋みが苦手な人やお子さんにいいかも。

 

キャンポス農園素焼きアーモンド

毎日食べるので、ちょっとくらい大きいサイズにしても酸化の心配はないかな?と思い、amazonで260g入りが送料無料だったこちらにチャレンジしてみました。

チャックつきの袋に入ってるので袋のまま保管して大丈夫そうです。共立よりさらに深炒りっぽく、かなり香ばしくて色も濃いけれど、渋みはさほどありません。なんとなくコーヒーっぽい風味を感じます。amazonの定期お得便を選択すれば10%引きで買えるのもポイント。

※追記
その後、amazonでの取り扱いがなくなったようです。

みの屋 無塩 無植物油 素焼きアーモンド

(2016.6追記)Amazonでずっと定期購入していたキャンポスのアーモンドがどんどん値上がりしてイマイチお得感がなくなってきたので試しに違うものを購入。こちらの500gバージョンが送料無料になっていたので試してみました。
ずっとキャンポスの素焼きアーモンドを食べていてその香ばしさに慣れていたからか、こちらは少々浅炒りの印象。香ばしさは控えめでその分味わいも歯ごたえも優しい感じです。もちろん生ではないので柔らかいとまでは行きませんが、深炒りの苦味が苦手な方はこちらのほうがいいかも。

アーモンド以外のナッツも素焼きが美味しい

(2018.3追記)
素焼きアーモンドがあまりに美味しくて全然飽きないので他のナッツも試してみました。

 

※追記 アーモンドを食べ続けた結果
関連 突然の体調変化 原因を検証する。

ナッツダイエット: おやつOK! お酒OK! なのにヤセる!




関連記事

パドルブラシ

白髪を染めたくはないけれど、気になる髪色。

白髪が増えたような気がします。気のせいであって欲しいと願いつつ、やっぱり増えたのではと鏡を見

記事を読む

上野藪そばにてひとり蕎麦屋酒を楽しむ。

蕎麦屋で呑むのが大好きで、いろんな店に出向きます。 そして基本的には昼間に行くのが好き。(写真

記事を読む

豚焼肉の三つ葉和え、紅芯大根の蕗味噌ドレッシングサラダ献立。

豚焼肉の三つ葉和え、紅芯大根の蕗味噌ドレッシングサラダ献立。

冷え性改善生活を続けているので、家飲みでのビールは控えめにしています。 むくみを解消す

記事を読む

かぶの梅サラダ トマトソース焼きそば

トマトソース焼きそば、かぶの梅サラダ献立。

当初はキャベツと豚肉のオーソドックスな焼きそばを食べるつもりでしたが、ひとつだけ残っていたミ

記事を読む

鮭と小松菜のフライパン酒蒸し

鮭と小松菜の酒蒸し、玉ねぎの卵とじ献立。

寒くてびっくりです。 今日はなんとなく冷しゃぶとかそっち系統のアテで呑もうかなと考えて

記事を読む

蒸し鶏 献立

晩酌メニュー 蒸し鶏と白菜の香味だれ、にんじんの塩炒め。

調理自体に手間のかかる要素はないものの、みじん切りに千切りと、カットに少々手間取るメニューを

記事を読む

ヒルドイドローション

ヘパソフトとヒルドイドローション、比べてみたら全く違う。

この夏から新たにヘパソフトを使い始めて以降なかなか好調な肌状態をキープできています。

記事を読む

家飲み献立 11/18 キャベツステーキ、干し野菜のスープ。

風の強い1日でした。 帽子を被って出かけていたのですが、何度も飛ばされそうになって押さえな

記事を読む

ワンタフトブラシ

親知らず抜歯痕に関する悲しいお知らせ。

もう行きたくない。だからこそ行く。それが、歯科検診というものです。 関連 痛みに弱い人

記事を読む

さつまいもと鶏肉のグラタン

さつまいも入りチキングラタン、ロマネスコサラダで赤ワイン。

本日も駆け込み冬メニューです。って最近そればっかりですね。 3月に入ったというのに全然

記事を読む

Comment

  1. あんり より:

    ブログ村のミニマリストカテ経由で
    いつも拝見させていただいております。
    東京に住んでいらっしゃるのなら
    ぜひおすすめしたいアーモンドが・・・

    ナッツファクトリーの「ザ・グレンアーモンド」です。
    もう10年前くらいでしょうか、
    ぐうぜん八重洲地下で買って、
    口にしたときの衝撃といったら・・・

    友人宅にお土産で持って行って、
    一口食べるとみんなが
    「・・・あっ・・・」
    と言ってくれるほど美味です。
    特に食べることにうるさめの男性でも、
    これは黙ってくれます。

    これが買えるリカーズハセガワも、
    友人に言わせると「男目線」な店だそうですが、
    味覚の迷宮に入ったようで、
    色々なお酒やおつまみに出会えます。

    ネットでも買えるようです。↓
    http://www.liquors-hasegawa.com/SHOP/24280.html

    これからも楽しみにしています。

    • crispy-life より:

      あんりさん

      コメントありがとうございます。

      シングルモルト用に炒ったアーモンド、ですか。ごくり。
      これはウィスキーのお供として是非試してみなければいけませんね。

      今家にあるアーモンドがなくなったら試してみます!
      教えてくださってありがとうございました。

      これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑