日本のフリーランサーに「非効率を極める」のススメ、が、辛すぎる。

公開日: : 最終更新日:2015/08/25 ミニマルライフ, 生き方と考え方

water

フリーランサーとしては、耳の痛い話ですね…。

>>参考
日本のフリーランサーに「非効率を極める」のススメ(J-cast)

幸いにして日本には、まだまだ無駄な習慣や、非効率なことが好きなひとが大量に存在する。彼らがすぐに消えてなくなるわけではない。そういう人に、徹底的に非効率なやりかたでベッタリと寄り添うことが、生き残りの鍵だろう。

この記事で大石氏はodeskなどのマッチングサイトを利用すれば国内相場の1/20程度という低価格で海外の優秀な人材に仕事を発注できる、という点から持論を展開していますが、これ、単に「フツーの仕事しかできない人は外国人に取って代わられる」というだけの問題ではないな、と思います。



 

私ががまんしなくちゃ、という思い込み

私はデザイナーではありませんが、名前が売れているわけでも、華々しい経歴があるわけでもないフリーランサー。

「自分は才能もないし、実績もないから、来る仕事は拒まず、なんでもやらなきゃ!」

という気持ちでずっと仕事をしてきました。

その結果、

最後は、誰もやりたがらない仕事だけが残る。

にまんまと陥りました。

私は一応単価を明確に表示していたつもりだったのですが「相談」または「見積」という名目で、アドバイスやアイデアをタダで手に入れようとする相手が多数出現しました。

私は形あるモノを売っている訳ではないので、その線引きがかなり曖昧になってしまっていたことに、当時は気付いていなかったのです。

コミュニケーション能力が低い割に人当たりがいい私は「相談」に来られた人にことごとく気に入られありがたくも

「ぜひ一緒にお仕事しましょう!」

となることが頻繁にありました。

が、彼らが望んでいたのは私の仕事の手腕ではなかったのだと、今となっては思います。
仕事柄、取引先には女性も多かったのですが、何度か顔を合わせるうちに

「私たち、友達だもんね!お金をやりとりする関係じゃないよね?」

と、当然のように「相談」という名目で時間を奪われる日々。
夜中の2時3時に平気で相談の電話を掛けて来たり、人に紹介する時には

「お友達(または仕事でお世話になっている)のcrispyさんです。」

ではなく、

「私が今使ってるアシスタントです。」

なんて言われることもしばしば。

あれ?なんでこの人と付き合ってるんだっけ?と気付いた頃には、すっかり自信を失っていました。

「私には才能がないから、こんな風にしか仕事を取れないんだ」

って。

けれど、今考えたらこれって全て自分のせいなんですよね。

最初に「無料の」コンサルを打診された時に、プロとしての自覚があるならキッパリと断れたはずだし、自分にもっと自信があれば

「お友達だもんね!」

とうやむやにされそうになっても即座にビジネスライクな返答ができたはず。

結局、当時の私は

「私はしがないフリーランサーなんだから、こうして蔑ろにされても仕方ない存在なのだ」

と思い込んでいたのです。やれやれ。

 

人間関係も、時には思い切って整理しよう

今考えれば、私がもっとしっかりしていれば済んだ話だと思うのですが、当時はそこまで考えが及びませんでした。

「私さえ我慢すればいいんだ」

なんて思っていましたからね。

しばらく海外に出たことがきっかけですっかり連絡が途絶えてしまった人も少なくありませんが、今となってはお互いのためにもよい選択だったと感じます。

私が勝手に被害者意識を持ったままでは、相手にも失礼ですからね。

もしもまた、ご一緒することがあれば、次回はもっとよい提案ができるようになっていたいと切に願います。

関連 フリーランスじゃなくたって、いろんな顔を持つ時代。




関連記事

By: Vivianna_love

雨の日にはレインシューズを。

雨が続く東京。 梅雨真っ只中だから当然といえば当然だけど、今年は7月初旬に梅雨明けの可

記事を読む

履かない靴

履けない履かない靴のその後。

ずっと履いていなかったパンプス。 他に処分する服と一緒にファストファッションOKの買取サイ

記事を読む

By: Nimrod Zaphnath

持たない暮らし 部屋着はいるのか、いらないのか。

By: Kris Carillo[/caption] 今の暮らしに部屋着はいるのかいらないの

記事を読む

croissant

片付けて解消、暮らしのストレス。

雑誌「クロワッサン」の最新号が片づけ特集です。 クロワッサンは定期的にお片づけ関連を投

記事を読む

tsukiji150918

迷惑な友人、思い出は数ミリの誤差。

「このあと時間あるんだったら、今からH子のお見舞いに行かない?」 週末の昼過ぎ、駅前の

記事を読む

daikanyama15

馬鹿とはお茶できない。

茶飲み友達。 文字通り、お茶など飲みながら会話を楽しむ友達のことで、主に老人同士の友人

記事を読む

By: Moyan Brenn

最小限の旅ファッション、問題はいつだって靴だった。

By: Mark Goebel[/caption] 旅の荷物について考えています。 また旅

記事を読む

By: John Benson

持たない暮らし、放浪癖と引越し事情。

By: yoppy[/caption] 先日友人と住まいについて話していて気がついたのですが

記事を読む

By: Leyram Odacrem

退屈な毎日、暇つぶしをしている暇はあるか。

By: Josh[/caption] 年明けに開かずの段ボールを整理したと書きました。

記事を読む

black-coat

40代のファッション、無難さに逃げない方向で。

手持ちの服を使って今の時期のコーディネイトを複数組む。という仕事をしていて、あれ、こりゃ結構

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

焼きレンコン献立
焼きれんこん、豚とほうれん草のからし和え献立。

毎度おなじみ、焼き野菜の献立です。 本日はれんこんで。

madrid13
面と向かってバカと言う。

超のつく美少女に尽くしまくったという若かりし日の男の話を聞く。

sudio__
時間はあるのに、減らせない理由。

その後も積ん読を丹念に築き続けております。 積ん読と併読

キャベツの味噌汁 ぬか漬け 砂肝ポン酢漬け きのこのホイル蒸し
きのこのホイル蒸し、砂肝ポン酢漬け献立。

きのこって1種類を焼いたり煮たりもいいけれど、いろんな種類を混

PAG_1
40代の冬の服、可愛いと若作りの間で。

眠らせてしまいがちなアイテムの活用に成功している今秋。

→もっと見る

PAGE TOP ↑