湯たんぽの季節、寒がり&冷え性が5年愛用する湯たんぽ。

公開日: : 最終更新日:2019/11/28 ミニマルライフ, 健康と美容, 冷え性改善

2yutanpo2

湯たんぽの季節になりました。

現在使用している湯たんぽを導入したのは、2014年の冬のこと。

末端冷え性におすすめ やわらか湯たんぽを使ってみる。

そのやわらかすぎる質感から、いったいどれくらい保つのかしら、すぐ破れるんじゃなかろうかと当初は訝しんだものですが、幸いそんなこともなく。いよいよ愛用5年目に突入です。

寒がり&冷え性が5年愛用する湯たんぽなど

new_coat

新品当時と現在の姿を比べれば、さすがに薄汚れてきたマイ湯たんぽ。季節限定とはいえ、冬場は毎日使っているので古びるてくるのは致し方なしといえましょう。しかし、素材が素材だけに丸洗いできるので問題なし。

温美湯たんぽ 親子やすらぎ

冬道具といえば、昨年は早朝身支度時の寒さに耐えきれず、セラミックファンヒーターを導入しました。

小型セラミックファンヒーターがうるさい、そして故障。

早朝の着替えや夜間の仕事中などはヒーター、就寝時は湯たんぽと使い分けながら、今年も冬を乗り切る所存です。もちろん、例の布団で。

1枚でオールシーズン使える布団を探して。

寒がりのくせにライトすぎる我が家の寝具。真冬にこんなペラペラ布団で寝たい人なんてそうはいないと思いますが、しっかりと温かい毛布があると、なんだか落ち着かなくて眠りが浅くなっちゃうんですよ。

持たない暮らし、毛布のない家。

慣れってすごいものでね。

本気の冷え性改善計画2019

冬といえば忘れちゃならない冷え性改善ネタ。おかげさまでその後は幾分改善し、痛みすら感じるつま先の冷えで眠れぬ夜を過ごすことはなくなりました。

本気の冷え性改善計画

しかし、今年はどうでしょうか。懸念材料がなくはない。冷え性対策は冬場だけにあらずとわかっているはずなのに、魅力に抗えず連日快楽を貪った、あの切なくも愛しい異国での日々が思い出される。

ベトナム一人旅、ニャチャンで観光しない理由。

つまり、冷えたビールをたらふく飲みましたよというお話です。我がつま先の運命やいかに!?今冬もゆるやかに末端冷え性と向き合っていく所存です。

とまあ冬が来たらば毎年同じ話ばかりしておるのですよ。

去年はかろうじてセラミックファンヒーターというニューフェイス紹介があったものの、今年は何の変化もない冬支度。このままでは、湯たんぽが破れるか、布団を買い換えるか、またまたファンヒーターが故障するかがなければ、延々と毎冬同じネタを披露することになりそうです。

こうなりゃ死ぬまで書いてやる。




関連記事

寝坊した日に選ぶ服。

うっかり寝坊してしまった朝。 ほんの数分で最低限の身支度を整え、眉毛だけ書いて、食パン

記事を読む

服がない、おしゃれに無縁の1ヶ月。セブ日記 6

服がない。正確には、手元にない。 ここに到着して1週間と少し。すでにコーディネートはロ

記事を読む

ファスティング(家断食)の記録 その7 ~感動のゴールテープ~

数年前に実施したファスティングのレポート、いよいよ最終日となりました。 この日は1週間ぶり

記事を読む

シンプルスタイル 1年ぶりのチャージ完了。

By: Steve Jurvetson[/caption] 現在私は携帯電話を持っていません

記事を読む

冬から春へ衣替え 白が着たい、白の効果。

暑い。 Tシャツに薄手のジャケットを羽織っただけの軽装でも、暖かいを通り越して暑いと感

記事を読む

風呂は絶対後悔しない、裏切らない。

いつのまにか、毎日風呂に入る習慣が定着しておりました。 今の住まいに越してきてからはほ

記事を読む

groovy vol.4

音楽CDをデータ化 groovy vol.4 (1999)

By: tim[/caption] 前回うっかりデータ化したCDに関する記事を書いてしまいま

記事を読む

夕食を抜いて得る満足感。

久しぶりに夕食を抜きました。以前は休肝日と合わせて胃腸も休ませるべく、週1で夕食を抜く「休

記事を読む

ファッショニスタから学ぶ、最高に楽しく生きる人生の極意。

By: Freya Spargo[/caption] この映画、日本に来ないのかしら?

記事を読む

シンプルな暮らしを確実に遠ざける2つの邪魔もの。

By: Haldane Martin[/caption] 現在シェアハウスで生活しているので

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑