あの仕草を華麗に昇華する妄想。

公開日: : 最終更新日:2019/09/03 健康と美容

ny_dt_48

長らく現実を直視していなかったことが明らかになった先日。

現実から目を背けて生きる人。

ぼんやりとした視界にもうすっかり慣れてしまってはいるのですが、せっかくなのでコンタクトの度数を変更しました。

その結果、世界は私が思っている以上に美しく光り輝いていた。

老眼の進行とコンタクトレンズ問題

美しい、は盛りすぎですが、遠くまでよく見えるって便利だねという当たり前の感想を持ったのは事実です。ここ数年視力0.3くらいで過ごしていたものが、突然1.0近くになったので、そりゃ変わるでしょという話。

見えてない生活に慣れきっていたのに、一旦快適になるともう後戻りできないのが人間というものですね。

しかしこれにて一件落着とはいかないのが中年の悲しさ。遠くは見えるが近くが見えないという新たなジレンマが生まれたのでありました。覚悟はしていたけれど、本当に見えなくてガッカリであります。

メガネなら「スマホ確認や読書など、手元を見る際はメガネを外す」で解決するであろうこの問題。コンタクト派のナイスミドル&ミディのみなさまは、どう乗り切っておられるのか気になります。

「遠くも近くもそれなりに見える度数にて矯正」もしくは「遠くもバッチリの度数に矯正し、手元を見る際はリーディンググラス着用」のいずれかを採用されているのでしょうか。ここはコンタクトで全てを完結すべく、遠近両用コンタクト一択でしょうか。中間距離に位置するパソコン作業はどうしましょうね。

あの仕草を華麗に昇華する妄想

new-ipod

老眼世代のコンタクト着用について、いろんなパターンを挙げてはみました。が、しばらく使えば新しい度数にも慣れるであろうことから「新しいコンタクトで戦うための距離感を会得する」に落着くと予測しています。

具体的には

  • スマホを確認可能な位置を把握する
  • パソコンと目の距離を従来よりも長めに取る
  • 画面の文字を大きめに設定する

といったしょうもなくも切実な解決策の模索です。

ていうか、老眼ってのは今更ながらめんどくさいものですね。いや、老眼に限らず、年齢由来のさまざまな体の変化に対応すること自体がめんどうなものなのか。

などと加齢に黄昏ていてもアレなので、いかにも老眼といった感のある「スマホ遠ざけ仕草」を華麗に昇華することはできないものかと考えてみたらわりとたのしい。

目をしかめたり、眉間にシワを寄せたりせずに、小首を傾げてうっすら笑みを浮かべながら、やおら行う。お決まりの下方位置での閲覧ではなく目線よりやや上方、そしてもちろん一定以上の距離を置いた位置にスマホを掲げ、まるで自撮りでもしているかのようなキメ顏にて、メッセージやウェブを閲覧する…。

今これを書いているカフェの店内で試してみたところアホみたいでしたけども、それなりに面白かったのでよしとします。華麗な加齢仕草を極めたご同輩がおられましたらご教授願いたいものです。

自撮り好きな人ってイタいよね、なんて笑っている場合ではない。

 




関連記事

素焼きアーモンドを食べ比べてみた。

素焼きアーモンドなら1日20粒くらい食べてもいいということを知りました。 参考 おやつ

記事を読む

パッチテストの準備

皮膚科で受けるパッチテスト 方法と事前準備。

突然肌の調子が悪くなり、もうこの際だからしっかり調べましょうか、という気になった2016年の

記事を読む

30歳過ぎたら絶望的、会えない長い日曜日。

「お酒飲めないと、人生損するよって先輩が言ってた」 ブランチがてら仕事をするために出か

記事を読む

ナチュラル志向とは無関係に、サプリを摂らない。

「4年ぶり・アンカウンタブル登板」の皮膚科受診から、2週間が経過しました。4年ぶりの診察、

記事を読む

食べなきゃ痩せる、は当たり前?休胃日生活1ヶ月。

By: Sonny Abesamis[/caption] 週に一度の休肝日を設けるようになっ

記事を読む

足を組む癖をなおしたい。

タイトル通りです。 私は座っているとき必ずと言っていいほど足を組む癖があり、しかも必ず

記事を読む

白髪用カラートリートメントジプシー卒業、もうロングにはできない。

約5年に渡ってねちねちと書き続けてきた白髪ケア記録。今回でひとまず 「カラートリートメ

記事を読む

続けて、変える。秋の健康・美容計画 2015。

By: Kevin Dooley[/caption] いやあ、寒くなりましたね。 新し

記事を読む

白髪がカッコいい服、白髪が似合う人。

白髪対策についてずっと書いていますが。 参考 白髪ケアの記録 かなり長持ちしたカ

記事を読む

本気のほうれい線改善計画、その後。

By: anfhoang[/caption] 12月に入ってはて去年の今頃は何を考えておった

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

便利に慣れきった現代人の懐かしい痛み。

あ?ああ...あ"あ"あ"ー! と、漫画のような叫び声

スパゲティグラタン
デタラメさの愛おしさ。

ほとんどが和食の献立で固定化している今日この頃ですが、寒くな

絶対に一緒に仕事をしたくないタイプ。

久々にパンチの効いた出会いがありました。 と言っても色

ねぎ入り卵焼き献立
いくつになっても失敗はする。

カメラの不調で一時中断していた晩酌記録を再開してから、早1年

→もっと見る

PAGE TOP ↑